noimage

放映:2019年12月22日 / TBS / 30分
出演:倉永美沙、アンジェロ・グレコ、ヘルギ・トマソン、サーシャ・デ・ソラ

録画
https://www.mbs.jp/jounetsu/2019/12_22.shtml

今シーズンからサンフランシスコ・バレエにプリンシパルとして移籍した倉永美沙さんが「情熱大陸」に登場。この番組にバレエダンサーが出るのは菅井円加さん以来かなあ。倉永さんのインスタ見てても取材の片鱗が見えていなかったので、ちょっと驚きました。でも嬉しかったです!


番組ではサンフランシスコに引っ越してからの倉永さんの忙しい日々を取材。メキシコでのガラ公演(マルセロ・ゴメスの姿がちらりと映りました)、カンパニーのデンマーク公演、そして本拠地での「くるみ割り人形」。デンマークでの「ロミオとジュリエット」は初日を踊る予定だったプリンシパルの怪我で、急遽倉永さんとパートナーのアンジェロ・グレコが初日を踊ることになったとのこと。二人のリハーサルを見つめる周囲のダンサーたちが、二人の踊りに引き込まれている様子が印象的でした。

もともとはローザンヌでプロ研修賞をひっさげて1年間の研修を送った場所。正式契約を取れなかった彼女にとって、このアメリカ最古のバレエ団は特別な場所だったようです。サンフランシスコからのオファーは、アンジェロの意向を汲んだものでもあったようですが、確かにこの二人のパートナーシップは特別なものであるよう。来年の「NHKバレエの饗宴」で見られるのが楽しみですね。

「くるみ割り人形」公演にも取材に入っていて、それぞれ取材先での映像があるのですが、何しろ世界を股にかけて踊り続けている倉永さんなので、踊りをじっくり見せていただけるような演出は難しい…ですよね。でも1つ、小柄なダンサーさんたちが大いに見習うべきムーヴメントの工夫は、ばっちり見せていただけました。ああなんという美しくキレのある踊りでしょう。彼女が自分に与えられた肉体で、アメリカのバレエ界に君臨する理由の一端が見えるのでした。