noimage

放映:2014年8月31日 / TBS / 3-分
出演:菅井円加

録画
https://www.mbs.jp/jounetsu-old/2014/08_31.shtml

日本のバレエダンサーたちが次々に国際コンクールで上位に入ってニュースになるこの頃、その先駆けという文脈で紹介される菅井円加さん。菅井さん本人はそんなこと思ってもいないと思うけど、そう紹介されてしまうテレビ的事情には違和感。そろそろ世界の中での日本のバレエの立ち位置、正確に伝えていってほしいわ。

ナショナルユースバレエでの2年間を終えて、秋からはハンブルク・バレエへ、というタイミングは、夢の途中という今を報告する回かな。今の彼女を見せるのであれば、あと5年位後のプロとして肝っ玉の据わったところも追って欲しい。現在でもダンサーとしての強い心を感じるけれど、20歳はまだまだ発展途上。これからどんなダンサーになっていくのか、とても楽しみ。

メンタルが弱いと本人は言っているけれど、踊りへの情熱を見ていると頼もしいとしか言いようがない。同年代のダンサーたちに妹のようにかわいがられる姿を親戚のおばちゃんのようにニコニコしながら見てしまったわ。小柄だし体型的にも他の海外のダンサーたちに比べるとハンデがあるかな、とは思うけれど、20歳でしょ、まだまだ体型はぐんぐん変わると思う。それよりも、今現在彼女が持っている、人の目を集めずにはおかない魅力的な踊りの質。それを大切にして踊っていってほしい。まずは足首の怪我をちゃんと治して、そしてハンブルクでのご活躍を期待しています。