Mayerling / The Royal Ballet

英国ロイヤル・バレエ団 うたかたの恋(全3幕) [DVD]

振付:ケネス・マクミラン
出演:エドワード・ワトソン、マーラ・ガレアッツィ
収録:2009年10月 コヴェント・ガーデン王立歌劇場 / 本編136分+特典23分

画像リンク先:amazon.co.jp -DVD

2009年の公演を収録したもので、ロイヤル・バレエの「マイヤリング」としてはムハメドフ/デュランテのもの以来のDVD化。キャストが変わると物語の質感が変わりますねー。新鮮に楽しめました。


商品情報

特典映像:キャストギャラリー / 衣裳制作のドキュメンタリー / エドワード・ワトソン、マーラ・ガレアッツィ 3幕パ・ド・ドゥのリハーサル

国内|DVD(日本コロムビア:COBO-5987) Release: 2011/02/23
海外|DVD(Opus Arte:OA1028D) Release: 2010/03/01

FORMAT:NTSC / REGION:0

海外|Blu-ray(Opus Arte:OABD7061D) Release: 2010/03/01

クレジット

振付
ケネス・マクミラン Kenneth MacMillan
音楽
フランツ・リスト Franz Liszt
編曲
ジョン・ランチベリー John Lanchbery
美術・衣裳
ニコラス・ジョージアディス Nicholas Georgiadis
照明
ジョン・B.リード John B. Read
台本
ジリアン・フリーマン Gillian Freeman
指揮
バリー・ワーズワース Barry Wordsworth
演奏
コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
撮影
ロス・マクギボン Ross MacGibbon

キャスト

ルドルフ皇太子:エドワード・ワトソン Edward Watson
男爵令嬢マリー・ヴェッツェラ:マーラ・ガレアッツィ Mara Galeazzi
ステファニー王女:イオーナ・ルーツ Iohna Loots
オーストリア=ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ:ウィリアム・タケット William Tuckett
エリザベート皇后:シンディー・ジョーダン Cindy Jourdain
伯爵夫人マリー・ラリッシュ:サラ・ラム Sarah Lamb
ブラットフィッシュ:スティーヴン・マックレー Steven McRae
ミッツィー・カスパー:ラウラ・モレーラ Laura Morera
ベイミードルトン大佐:ギャリー・エイヴィス Gary Avis

感想

実際の事件が元になった重い題材の、人間模様が交錯するバレエ。マイヤーリンク事件の事をある程度理解して見ないと判りにくいかもですね。今回の映像は画質がキレイなので、豪華なお衣装がばっちり楽しめるのも私には嬉しいところ。

映像の、ムハメドフのルドルフが頭にこびりついていた私、最初はワトソンのルドルフは線が細すぎるかなーと思っていました。でも、見ているうちにどんどん引きずり込まれてしまいました。怪演ですね。あとね、やっぱり踊りのラインが驚異的に美しい。あの脚は本当にキレイだなー。最初のソロを見て、彼のデ・グリューが見たくなりました。さぞや美しいデ・グリューでしょうね。

ルドルフという役は登場する様々な女性たちといろんなパ・ド・ドゥがあるけれど、それぞれにルドルフとの関係性が一目瞭然でマクミランの振付も改めて見事だなーと思います。ステファニー王女(イオナ・ルーツもお見事!)なんてクルンクルンもてあそばれちゃって。それらのいずれも事もなげにこなすワトソンも素晴らしいです。

先に見た映像がこびりついていたという意味ではラリッシュ伯爵夫人役のサラ・ラムも若すぎるのではないかと思っていたのですが、これは一目見た瞬間に杞憂だったとわかりました。確かに輝くばかりに若くはあるのだけど、踊りだけでなく演技力も素晴らしいので、その若さゆえに元愛人の皇太子に執着し歪んだ愛情で接してしまうのだと、すとんと納得できる。

そのサラ・ラムと並ぶと、ガレアッツィは少しばかり地味に見えて損だったかなー。もう少しメイクを濃くしてもよかったのではっていう気もしたのだけど。彼女のマリーは最後まで性的な匂いがほとんどなくて、むしろ少女にありがちな思い込みと憧れとに突き動かされている感じ。この役も踊る人によって解釈が違って面白そうですね。ガレアッツィのマリーは度胸がすわっていて真っ直ぐで、ルドルフには新鮮だったのかなーと、思わされました。ルドルフとのパ・ド・ドゥはもう少し官能的でもいい気もするけども。

これ以上の適材適所はないと思わせるのはミッツィー・カスパー役のラウラ・モレーラ。こういう役はお手の物で、見る前から期待を裏切られる事はないと確信できる人。ブラットフィッシュ役のマクレーも素敵だったし(もったいないような配役だけど金髪のアステアみたいでうっとりしました〜)ベイミードルトン大佐役のエイヴィスはお調子者の表情が新鮮でしたが、やっぱりフェロモンだだもれ。

脇役の隅々まで濃厚で、さすがロイヤル・バレエ。たっぷり堪能致しました。

(2012.01.05)BD映像について追記しておきますと、ブレもなく綺麗な映像なのでゴージャスな衣装の隅々まで堪能できます〜。


この映像を含んだ商品

英国ロイヤル・バレエ「ザ・コレクション」BOX 新装版 (ロイヤル・チャーター60周年記念,15枚組)(更新日:2021/08/21)

海外|DVD(Opus Arte:OA1338BD) Release: 2021/09/24

FORMAT:NTSC / REGION:0

海外|Blu-ray(Opus Arte:OABD7292BD) Release: 2021/09/24

この映像を含んだ商品

ケネス・マクミラン振付 バレエBOX (更新日:2017/10/06)

海外|DVD(Opus Arte:OA1246BD)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2017/10/27

[海外盤] Release: 2017/09/29


この映像を含んだ商品

英国ロイヤル・バレエ「ザ・コレクション」BOX(ロイヤル・チャーター60周年記念,15枚組)(更新日:2017/02/03)

海外|DVD(Opus Arte:OA1222BD) Release: 2016/09/30

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2016/11/11

[海外盤] Release: 2016/09/30

海外|Blu-ray(Opus Arte:OABD7210BD) Release:

[国内仕様盤] Release: 2016/11/11

[海外盤] Release: 2016/09/30


この映像を含んだ商品

隔週刊バレエDVDコレクション 2013年 9/24号(2013.08.21記載)

国内|DVD BOOK(デアゴスティーニ:第52号) Release: 2013/8/27

Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2021.11.19 - amazon.com/amazon.co.uk 商品リンク削除
  • 2021.08.21 -Opus Arte「The Royal Ballet Collection」新装版DVD/Blu-ray Box 追加
  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2016.09.15 - Opus Arte「The Royal Ballet Collection」DVD/Blu-ray Box 追加
  • 2015.01.05 - 国内代理店変更によるリンク貼り替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2013.08.21 - デアゴスティーニ 隔週刊バレエDVDコレクション 情報初出
  • 2013.07.27 - Opus Arte URL変更
  • 2012.08.10 - Opus ArteのYTチャンネルよりトレイラーを追加
  • 2012.01.05 - BD視聴雑記追記
  • 2010.12.14 - 国内盤情報初出
vc vc vc