Blancanieves (Snow White)

Snow White

振付:リカルド・クエ
主演:タマラ・ロホ、イナキ・ウルレザーガ
収録:2005年 アリアーガ劇場(Teatro Arriaga) / 本編93分+特典50分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

音楽/振付/美術/ダンサー、と純スペイン産の初のグランド・バレエだそうです。特典のドキュメンタリーによると、ダンサーはオーディションでスペイン国内で集められたようですね。


商品情報

特典映像:メイキング33分/スタッフ紹介(エミリオ・アラゴン/タマラ・ロホ/ビルバオ・オーケストラ/アリアーガ劇場)

海外|DVD(Deutsche Grammophon:0734416) Release: 2008/02/12

FORMAT:NTSC / REGION:0

クレジット

音楽・指揮
エミリオ・アラゴン Emilio Aragon
振付
リカルド・クエ Ricardo Cue
振付補
Santiago de la Quintana
美術
Fernando Gonzalez
演奏
Bilbao Orkestra Sinfonikoa

キャスト

白雪姫
タマラ・ロホ Tamara Rojo
王子
イナキ・ウルレザーガ Inaki Urlezaga
7人の小人
Diego Benito / Aleix Mane / Federico Fress / Daniel Vizcayo / Jacob Hernandez / Narcis Subatell / Angel Blanco
女王
Magdalena Aizpurua
魔女
Elisa Morris
小姓
Roberto Sanchez / Ivan Sanchez

感想

ロホの衣装はディズニー的な白雪姫なのですが、それがまたよく似合っていてかわいらしい。女王役のダンサーも演技力が抜群。カンパニーとしては割にふっくらしたした人が目につくような気もするけど、踊れる歓びに溢れていて見ていて気持ちがよいです。小姓役の双子のダンサー、7人の小人役のダンサーなど、男性ダンサーはいい人材集めたなーと感心。ダンサーは割と好感を持ちました。あと、装置や衣装もかなり好き。最後のグラン・パ・ド・ドゥだけロホがチュチュで出てくるのだけど、それが唐突すぎる感じがしたくらいかな。

全幕バレエとして見ると、多少間延びして見えるかなっていう気もする。それに、女王はあのまま放っておいていいのか?とか、まぁそういう疑問もあることはある。たぶん初演の映像なので、金銭的時間的体力が許すならば、ブラッシュアップしていけると更にいいだろうな、と思います。

そうそう、特典のドキュメンタリーもとても面白い。作曲家でありこのバレエの立案者っぽいエミリオ・アラゴンのプレッシャーやロホの作品へのかかわりなど、作品を見る上での助けにもなるし、ドキュメンタリーとして見応えがありました。


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス