Their Compl Bell Tel Hour Appearances 1961-1967

出演:ルドルフ・ヌレエフ、エリック・ブルーン 他
収録:1961〜67年 / 80分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

DVDはリージョンフリーです。アメリカのテレビ番組「ザ・ベル・テレフォン・アワー」より、ルドルフ・ヌレエフとエリック・ブルーンが出演した回の映像集。


商品情報

海外|DVD(Video Artists International:VAIDVD4221) Release: 2007/07/26

FORMAT:NTSC / REGION:0

クレジット

指揮
Donald Voorhees
演奏
The Bell Telephone Hour Orchestra

出演

エリック・ブルーン Erik Bruhn
ルドルフ・ヌレエフ Rudolf Nureyev

マリア・トルチーフ Maria Tallchief
ソニア・アロワ Sonia Arova
カルラ・フラッチ Carla Fracci
Lupe Serrano
スヴェトラーナ・ベリオソヴァ Svetlana Beriosova

収録

Erik Bruhn Performance
  • 「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ Don Quixote, 1961/01/06 放映

    音楽:レオン・ミンクス Leon Minkus
    振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
    マリア・トルチーフ / エリック・ブルーン

  • 「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドゥ Swan Lake, 1963/02/04 放映

    音楽:P.I. チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
    原振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
    ソニア・アロワ / エリック・ブルーン

  • 「コッペリア」パ・ド・ドゥ Coppelia, 1963/11/19 放映

    音楽:レオ・ドリーブ Leo Delibe
    振付:エリック・ブルーン
    ソニア・アロワ / エリック・ブルーン

  • 「ロミオとジュリエット」バルコニー・シーン Romeo and Juliet, 1967/09/22 放映

    音楽:セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
    振付:エリック・ブルーン
    カルラ・フラッチ / エリック・ブルーン

  • 「ラ・シルフィード」グラン・パ・ド・ドゥ La Sylphide, 1962/10/22 放映*1

    音楽:ヘルマン・ルーヴェンシュキョル Herman Lovenskjold
    振付:オーギュスト・ブルノンヴィル August Bournonville
    カルラ・フラッチ / エリック・ブルーン


Rudolf Nureyev Performance
  • 「ゼンツァーノの花祭り」パ・ド・ドゥ The Flower Festival in Genzano, 1962/01/19 放映

    音楽:エドヴァルト・ヘルステッド Edvard Helsted / ホルガー・シモン・パウリ Holger Simon Paulli
    原振付:ブルノンヴィル August Bournonville
    振付:エリック・ブルーン
    マリア・トルチーフ / ルドルフ・ヌレエフ

  • 「海賊」パ・ド・ドゥ Le Corsaire, 1962/09/24 放映

    音楽:リッカルド・ドリゴ Ricardo Drigo
    原振付:マリウス・プティパ
    振付:ルドルフ・ヌレエフ
    Lupe Serrano / ルドルフ・ヌレエフ

  • 「エスメラルダ」より「ディアナとアクティオン」パ・ド・ドゥ Diana and Acteon from ”Esmeralda”, 1964/03/24 放映

    音楽:リッカルド・ドリゴ
    原振付:マリウス・プティパ
    振付:ルドルフ・ヌレエフ
    スヴェトラーナ・ベリオソヴァ / ルドルフ・ヌレエフ

  • 「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドゥ Swan Lake, 1963/10/08 放映

    音楽:P.I. チャイコフスキー
    原振付:マリウス・プティパ
    振付:ルドルフ・ヌレエフ
    スヴェトラーナ・ベリオソヴァ / ルドルフ・ヌレエフ

*1 アメリカのいわゆる「キューバ危機」 The Cuban Missile Crisisの対策として会場封鎖を行う旨のニュースのため、1分半程生中継が中断されたそうです。その間の映像はモノクロながらリンカーンセンターのNYパフォーミングアーツ・パブリック・ライブラリーに収蔵されていたそうで、そのモノクロ映像を中断部分に挿入してあります。ただし、このモノクロ映像の出自は不明で、たぶん撮影スタジオでのモニター映像を撮影したものだと思われるとのこと。

感想

上記の「ラ・シルフィード」が一部モノクロ、ベリオソヴァとヌレエフの黒鳥のパ・ド・ドゥが全編モノクロで、それ以外は全てカラーでした。ただしというか、もちろんというか、画質音質はよくありません。40年以上前の映像ですからね。

その時代のことですからダンサーの踊りの癖なんかも今見ると気になる部分もありますし、見慣れたパ・ド・ドゥもかなり違う振付で踊っているものが多かったです(例えばブルーンはどのヴァリもアントルシャ連発、とか)。なので、踊りの教材には向かないと思いますが、当時のアメリカの娯楽として視聴者を楽しませていた踊り、と思ってこちらも楽しんじゃうのが正解かと。あ、でもヌレエフが「海賊」を城タイツにそれらしい飾りをつけて踊っていたのには「それはちょっと強引では」と思いましたけどね。

なかなかお目にかかれないであろうブルーン版の「ロミジュリ」は、善し悪しは別としてとても興味深かったです。この場面に全くオリジナルな振付を施す事は、とても難しいことなのでしょうね。


この記事の更新履歴

  • 2021.12.22 - amazon.com/amazon.co.uk 商品リンク削除
  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス