Swan Lake / The Bolshoi Ballet

白鳥の湖

振付:アサフ・メッセレル
主演:マイヤ・プリセツカヤ/ニコライ・ファジェーチェフ
収録:1957年 / 80分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

北米版購入。その後国内版も発売になりました。アサフ・メッセレル版とのことですが、カットが多くカメラ割りにも偏りがあるので、特徴がよくわかりませんでした。


商品情報

国内|DVD(アイ・ヴィー・シー:IVCF-2506) Release: 2007/11/23
国内|旧版DVD(アイ・ヴィー・シー:IVCF-5146) Release: 2006/01/27
海外|DVD(Kultur Films:D1197) Release: 2008/07/29

FORMAT:NTSC / REGION:0

海外|DVD(Video Artists International:VAIDVD4261) Release: 2004/03/15

FORMAT:NTSC / REGION:0
特典映像:「瀕死の白鳥」マイヤ・プリセツカヤ(4分)

クレジット

原振付
マリウス・プティパ Marius Petipa / レフ・イワノフ Lev Ivanov
振付
アサフ・メッセレル Asaf Messerer
音楽
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Peter Ilyitch Tchaikovsky
指揮
ユーリー・ファイエル Yuri Fayer
演奏
ボリショイ劇場管弦楽団 The Bolshoi Theatre Orchestra

キャスト

オデット / オディール:マイヤ・プリセツカヤ Maya Plisetskaya
ジークフリート王子:ニコライ・ファジェーチェフ Nikolai Fadeyechev

感想

2006年1月に国内版が発売になりますが、以下は輸入版DVDを見てのコメントです。

映画仕立てになっていて、オープニングや幕間等にボリショイ劇場の内部とかお客さんの様子、チャイコフスキーのお顔やスコアなどが映ります。踊りの途中にもうっとり見つめる観客のカットが入ったり。さながら、「バレエ全幕上演とともに、ボリショイ劇場や観客の様子も鑑賞しましょう」という感じ。

映像は80分ですので何かカットされているだろうと理解してはいましたが、音楽の途中でいきなり飛んだり(笑)、主役以外の踊りは親の仇のようにスピードが早かったりと、すごいことになっていました。映像はカラーで残っていたことをありがたがるべきなのかもしれません。音質画質とも50年前のものですから、期待してはいけないでしょう。音が急に小さくなったり所々画質に問題があったりしますが、その辺は仕方ないと思うべきでは。とはいえ、やっぱり少し残念。

プリセツカヤは輝けるスターダンサー、といったおもむき。この頃はかなり肉付きがよくて、腕などはむちむちしています。白鳥は、遠くからのショットだと腕のしなりも見事ですね。近くからだと腕の太さが少々気になるかな・・・チュチュに小さな羽がところどころ縫い付けてあるようで、それが踊るうちにはらりはらりと落ちるのが印象的。一瞬トロックス?なんて(笑)。黒鳥の方が彼女のキャラには合っているかな・・・パ・ド・ドゥでのきらびやかな笑顔、実に楽しそうに踊っていました。

お相手はパパ・ファジェーチェフ。お父様もノーブルですね。踊るときの顔の角度とか、息子とよく似ています。ファンファーレがなって、王子は一人で舞踏会に入ってくるのですが、がっくり肩を落としてうなだれて入ってきました。「王子のお仕事」モードで気が乗らないながらきちんと母君をエスコートする演出が多いから、おおっ、と思いました。

輸入版特典映像の「瀕死の白鳥」はモノクロームで、「プリセツカヤ・ダンス」|バレエDVD/VIDEOにも収録されているものです。


(2009.04.20追記)ところでこの映像、ツタヤでレンタルしてるんですね。見つけて借りてみました。画質はVAI版の方が少しよいように思います。IVCのは修復とか画質補正は全くされていないようで、古い映画をそのまま見ている感じ。ただ、オープニングの案内画像に日本語字幕があるのが国内盤のよいところ。


この記事の更新履歴

  • 2022.01.16 - amazon.com/amazon.co.uk 商品リンク削除
  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2010.02.08 - Kultur URL変更
  • 2009.12.09 - セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
  • 2009.04.20 - レンタルについて追記
  • 2008.05.13 - 海外盤(Kultur Films)発売につき商品情報追記
vc vc