Double Bill : La Sylphide & Paquita / New National Theatre Ballet, Tokyo

noimage

振付:オーギュスト・ブルノンヴィル
主演:志賀三佐枝/デニス・マトヴィエンコ(以上 ラ・シルフィード)
振付:マリウス・プティパ
主演:ディアナ・ヴィシニョーワ/イーゴリ・コルプ(以上 パキータ)
収録:2003年6月27日 新国立劇場オペラ劇場 / 111分

録画

BSで録画。新国立劇場バレエの劇場中継。


クレジット

指揮
ロビン・バーカー Robin Barker
演奏
東京フィルハーモニー交響楽団 Tokyo Philharmonic Orchestra

収録

「ラ・シルフィード」

振付:オーギュスト・ブルノンヴィル August Bournonville
音楽:ヘルマン・レーヴェンスヨルド Herman Lovenskjold
監修:ソレラ・エングルンド Sorella Englund
美術:ピーター・カザレット Peter Cazalet
照明:立田雄士

シルフィード:志賀三佐枝
ジェイムズ:デニス・マトヴィエンコ Denis Matvienko
グァーン:マイレン・トレウバエフ Maylen Tleubaev
エフィ:中村美佳
マッジ:ソレラ・エングルンド Sorella Englund
第一シルフ:湯川麻美子


「パキータ」

振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
音楽:ルードヴィヒ・ミンクス Ludwig Minkus
演出:マハール・ヴァジーエフ Makhar Vaziev
振付指導:リューボフィ・クナコワ Lubov Kunakova
舞台美術:川口直次
衣装:大井昌子
照明:立田雄士

プリンシパル:ディアナ・ヴィシニョーワ Diana Vishneva / イーゴリ・コルプ Igor Kolb
パ・ド・トロワ:遠藤睦子 / 西山裕子 / グリゴリー・バリノフ Grigory Barinov
ヴァリエーション:湯川麻美子 / 大森結城 / 前田新奈 / 西川貴子

感想

志賀さんは踊りが安定しているところがよいですが、やはりちょっと根の真面目さが出ちゃうかなー。マトヴィはジェイムスがんばっていました。慣れないブルノンヴィルも懸命に踊っていて応援したくなります(笑)。エングルンドさんはゲスト&指導に来てくださってありがとう!と感謝。すばらしい存在感で、彼女がいたからこそ舞台が引き締まったと思います。西山さんのシルフも見たかったな。

「パキータ」の方はヴィシニョーワとコルプは存在感がすごい。踊りは絶好調という程ではないと思いますが。ソリスト陣では前田さんと西山さんが印象に残っています。この映像を初めて見たときはまだ新国には1度も行ったことがなかったのに、繰り返し見てるうちにソリストの方々の顔と名前が一致するようになっちゃったんですよ(笑)