Swan Lake / The Bolshoi Ballet

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」全2幕

振付/演出:ユーリー・グリゴローヴィチ
主演:アラ・ミハリチェンコ/ユーリー・ヴァシュチェンコ
収録:1989年5月 ボリショイ劇場 / 127分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

グリゴロ改訂版は2幕仕立て。踊りを際立たせ、踊りでストーリーを語らせるのはサスガ。現在のボリショイのレパートリーでは更にグリゴローヴィチの改訂が入っています。


商品情報

国内|DVD(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント:GNBC-4185) Release: 2008/07/25
海外|DVD(Arthaus Musik:100713) Release: 2004/11/29

FORMAT:NTSC / REGION:0

クレジット

音楽
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Peter Ilyitch Tchaikovsky
台本
Vladimir Begichev / Vasily Geltser
原振付
レフ・イワノフ Lev Ivanov
マリウス・プティパ Marius Petipa
演出・振付
ユーリー・グリゴローヴィチ Yuri Grigorovich
美術
シモン・ヴィルサラーゼ Simon Virsaladze
指揮
アリギス・ジュライティス Algis Zhuraitis
演奏
ボリショイ劇場管弦楽団 The Bolshoi Theatre Orchestra

キャスト

オデット / オディール:アラ・ミハリチェンコ Alla Mikhalchenko
ジークフリート王子:ユーリー・ヴァシュチェンコ Yuri Vasyuchenko
悪魔ロットバルト:アレクサンドル・ヴェトロフ Alexander Vetrov
王妃:イルゼ・リエパ Ilze Liepa

感想

2幕仕立ての「白鳥の湖」です。グリゴローヴィチの改訂は本当にうまいなーと感心します。ボリショイならではの群舞のダイナミックさが「白鳥」で見られるとは思ってなかったのですが、王子の友人たち(おつきの者たちかなー)がびしっと踊ってくれて楽しかったです。

大きな特色としては、2幕(通常は3幕)のディヴェルティスマンを花嫁候補とその仲間が踊ること。ピーター・ライト版でもそれぞれにアピールタイムがありましたが、こちらの方がすっきりしてわかりやすいです。そしてオディールも押し掛け花嫁候補(笑)なので、同じ黒鳥の衣装の仲間たちと出てくるのも「なるほどねー」という感じ。それと、ロットバルトの扱いも好みでした。

ミハリチェンコはかなり華やかなオデットです。手脚が長くて美しいのでポーズの1つ1つははっとするほど綺麗なんですが、ちょっと派手な気がしてしまうんですよねー。私の好みの問題なんですけど。オディールは文句なし、見事でした。ロットバルトのヴェトロフもとてもよかったです。この役は彼に本当によく合っていて、何度でも見たくなるんですよねー。道化のシャールコフも印象に強く残る踊りっぷりでした。


この映像を含んだ商品

The Bolshoi Ballet: Romeo and Juliet, The Nutcracker, Swan Lake, Sleeping Beauty

海外|DVD(Arthaus Musik:101123)

この記事の更新履歴

  • 2021.12.26 - amazon.com/amazon.co.uk 商品リンク削除
  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2012.05.22 - Arthaus Musik URL削除
  • 2011.11.05 - Arthaus Musik URL変更
  • 2009.12.09 - セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
  • 2009.10.20 - ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント URL変更
  • 2008.06.28 - 国内版再発売(2008.7.25)情報追記
vc vc