noimage

出演:マイヤ・プリセツカヤ、ロディオン・シチェドリン 他
収録:1997年 / 39分

録画

NHK BS2は吹替、CSシアターテレビは字幕で放映。プリセツカヤの回はソ連時代の苦労話、シチェドリンの話が中心。映像は彼女自身のものの他、プリセツカヤ・コンクールの映像も多数。


クレジット

司会
ガリーナ・ムシャンスカヤ
マイヤ・プリセツカヤ Maya Plisetskaya
ロディオン・シチェドリン Rodion Shchedrin

収録

  • 「ジゼル」2幕より ミルタ Giselle
  • 「バフチサライの泉」 The Fountain of Bakhchisaray
  • 「カルメン組曲」 Carmen Suites
  • 「せむしの仔馬」 The Little Humpbacked Horse
  • 「イサドラ」 Isadora
  • 「シュラレー」 Shuraleh
  • 「ボレロ」 Bolero
  • 「アンナ・カレーニナ」 Anna Karenina
  • 「白鳥の湖」 Swan Lake

感想

マリインスキー劇場で活躍したダンサーを紹介する番組だと思っていたのに、プリセツカヤが出てきたのには驚きました。彼女がマリインスキー劇場で「プリセツカヤ・コンクール」を開催した関係のようで、映像もコンクールの際のものが多かったかな。出場者たちがカーテンコールに応える中に若きサモドゥーロフやコルスンツェフの顔が。サモドゥーロフについてはコンクールで踊った「ポストクリプトム」も比較的長い時間流れていました。

それ以外はもちろん彼女とボリショイの映像です。プリセツカヤのミルタの映像はモノクロですが歴史的にも貴重?彼女らしい映像のラインナップでした。彼女の演技の才能というのは本当にすばらしく、この中では特にベジャール振付の「イサドラ」にそれが見てとれます。お手玉のようなことをして遊ぶ様子がマイムで表現されるのですが、観客にも見えないお手玉が見えるよう。演劇的要素の強い「アンナ・カレーニナ」を踊った後は歌ってもいないのに声が枯れてしまう、というエピソードも興味深いですね。

ムシャンスカヤの質問はソ連時代の話が多く、また、シチェドリンとの仲の良い様子が印象に残っています。シチェドリンもプリセツカヤのこと大好きって感じで素敵なご夫婦だと思いました。