Coppelia / Le Ballet National de Marseille

noimage

振付:ローラン・プティ
主演:カレン・ケイン/ルディ・ブリアン/ローラン・プティ
収録:1975年 マルセイユ歌劇場 / 85分

録画

CSで録画。プティ版のコッペリアは大人っぽくておしゃれでスマート。


クレジット

演出・振付
ロ−ラン・プティ Roland Petit
音楽
レオ・ドリーブ Leo Delibes
美術
エツィオ・フリジェリオ Ezio Frigerio
指揮
ジャック・バジーレ Jacques Bazire
演奏
マルセイユ歌劇場管弦楽団 Orchestre de l'Opera de Marceille

キャスト

スワニルダ:カレン・ケイン Karen Kain
フランツ:ルディ・ブリアン Rudy Bryans
コッペリウス:ローラン・プティ Roland Petit

感想

農村地帯じゃなく街が舞台でスワニルダもフランツも「街の子」、特にフランクの伊達っぷりはおかしい位。カレン・ケイン@スワニルダも少し大人風味のキュートさ。コッペリウスはスワニルダが好きだから彼女に似た人形をつくるという設定で、お屋敷にある人形はコッペリアだけ。ということで各人形の踊りもないし、3幕の「あけぼの」などもなく、よくある「コッペリア」のプロダクションとは趣を異にしています。

プティ自らが洒落もののコッペリウスを踊っているのが一番のポイントかな。タキシード着てシャンパン飲んで、人形と一緒にワルツ踊るんだもんね。今年80歳の御大も撮影当時は51歳、今もじゅうぶん若いけど、映像の中のプティはさっそうとしてる。そんな隙のなさそうなダンディを襲うラストシーンはチクリと痛い。