Kylián – Bridges of Time / The Czech National Ballet

noimage

振付:イリ・キリアン
出演:チェコ国立バレエ団
収録: 2018年10月11日 国民劇場(プラハ) / 92分

録画

NHKプレミアムシアターで録画。少し意外だったのですが、キリアンの祖国チェコのバレエ団でその作品が上演されるのは今回が初だったとか(番組ナレーションより)。今回の公演は、チェコスロバキア建国100周年を記念したものだったそうですね。


クレジット

指揮
ヤロスラフ・キズリンク Jaroslav Kyzlink
ピアノソロ
David Švec
演奏
国民劇場管弦楽団 The National Theatre Orchestra
合唱
国民劇場オペラ合唱団 The National Theatre Chorus
撮影
Martin Kubala

演目

「詩篇交響曲」 Symphony of Psalms

振付:イリ・キリアン Jiří Kylián
音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky
振付補佐:Patrick Delcroix
衣裳:Joop Stokvis
装置:William Katz
照明:Jiří Kylián / Joop Caboort
Redesign:Kees Tjebbes

Radka Příhodová / Michal Stipa / Nikola Márová
Federico Ievoli / Marta Máchová Drastíková / Matěj Šust
Michaela Wenzelová / Marek Svobodník / Lenka Maříková
Petr Strnad / Morgane Lanoue / Francesco Scarpato
Pauline Puicercus / Paul Tudor Moldoveanu / Kateřina Kodešová / Paul Irmatov


「ベラ・フィギュラ」 Bella Figura

振付:イリ・キリアン Jiří Kylián
音楽:ルーカス・フォス Lukas Foss / ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ Giovanni Battista Pergolesi / アレッサンドロ・マルチェロ Alessandro Marcello / アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi / ジュゼッペ・トレルリ Giuseppe Torelli
振付補佐:Cora Bos Kroese
衣裳:Joke Visser
照明:Kees Tjebbes
指導:Jan Kodet / Tereza Podařilová

Abigail Bushnell / Aya Watanabe / Štěpán Pechar
Alina Nanu / Patrik Holeček / Miho Ogimoto
Ondřej Vinklát / Ayaka Fujii / Giovanni Rotolo


「小さな死」 Petite Mort

振付・装置:イリ・キリアン Jiří Kylián
音楽:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
振付補佐:Roslyn Anderson
衣裳:Joke Visser
照明:Jiří Kylián / Joop Caboort
Redesign:Kees Tjebbes
指導:Jiří Kodym / Tereza Podařilová

Alice Petit / Dmytro Tenytskyy / Olga Bogoliubskaia
Domenico Di Cristo / Aya Watanabe / Roger Cuadrado
Magdalena Matějková / Giovanni Rotolo / Louise Corpechot
Marek Svobodník / Nikola Márová / Adam Zvonař


「間奏曲」 Intermezzo

音楽:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart


「6つの踊り」 Sechs Tänze (Six Dances), 1986

振付・装置・衣裳:イリ・キリアン Jiří Kylián
音楽:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
振付補佐:Roslyn Anderson
照明:Jiří Kylián / Joop Caboort
Redesign:Kees Tjebbes
指導:Nelly Danko / Radek Vrátil

Leila Labiodová / Štěpán Pechar / Morgane Lanoue
Veaceslav Burlac / Klára Jelínková / Benjamin Husson
Anna Novotná / Francesco Scarpato / Alice Petit
Olga Bogoliubskaia / Matěj Šust / Petr Strnad / Ondřej Vinklát


感想

このところ映像で見る機会が増えたチェコ国立バレエ団。芸術監督がフィリップ・バランキエヴィッチになったこともあって身近に感じるようになってきました。チェコならではの演目とシュツットガルトで培った現代性が反映されたレパートリーとで興味深いものが多くて、調べ物でサイトに行くたび、つい長居していろいろ見てしまいます。

今回はキリアン4作品の上演。美しくてどこかユーモラスな名作ばかり、美しい映像で見られるのは幸せでした。どの作品も80-90年代のNDTで映像化されているけれど、改めて見ると新たな発見もあってすごく面白かったです。演目と演目の間に、美しい劇場の風景や客席にいるキリアンの姿が映るのもよいですね。最後のカーテンコールはキリアンだけでなく指導者などもステージに呼ばれて観客から大喝采を浴びていました。

国民劇場は割と間口の狭い舞台で、出演者の多い「詩篇交響曲」だとちょっと狭さを感じるものの、他の演目は舞台上の密度もちょうどいい感じがしました。「ベラ・フィギュラ」にもよく合っていたのではないかしら。「詩篇交響曲」の合唱団は舞台脇の2階ボックス席で歌っていたようで、これもコンパクトな劇場ならではですね。他の演目になるとそのBOXたちがガランと無人になるのが寂しいけれど…。

今回の撮影はキリアンの2015年だかのドキュメンタリーの監督もつとめたMartin Kubala氏なので、おそらく概ねキリアンの意に沿った撮影なのだろうなと思うのですが…「ベラ・フィギュラ」全員が赤スカート姿で踊るあの美しいシークエンスを上から映すのはやめてー。変化球いらないから、ずっと正面から見せてほしいです。

ダンサーたちはよく踊れていたけれど、相手の動きに応えていく面白さという点ではいくつか物足りないところもありました。例えば相手と音の捉え方がちょっと違ったりするとそれだけで見え方が変わってきちゃうから難しいなと思うのですが。でも総じて美しく、記念の年を飾るガラに対するカンパニーの気合いが感じられるものでした。