1984 / Northern Ballet

バレエ《1984》 ノーザン・バレエ ワトキンス振付[DVD]

振付:ジョナサン・ワトキンズ
出演:トビアス・バトレイ、マーサ・リーボルト、高橋宏尚 他
収録:2016年5月24-28日 サドラーズ・ウェルズ劇場 / 本編86分 + 特典映像 約2分

画像リンク先:amazon.co.jp - 国内仕様DVD

元ロイヤル・バレエのダンサーで振付に専念するために退団したジョナサン・ワトキンズがジョージ・オーウェル原作「1984」をバレエ化した意欲作。ノーザン・バレエに振り付けられたこの作品は、2016年のサウス・バンク・スカイ・アーツ賞ダンス部門賞を受賞しているそうです。


商品情報

特典映像:ジョナサン・ワトキンス『1984』を語る(英語)

海外|DVD(Opus Arte:OA1265D)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2018/05/25

[海外盤] Release: 2018/05/25

海外|Blu-ray(Opus Arte:OABD7241D)

[国内仕様盤] Release: 2018/05/25

[海外盤] Release: 2018/05/25

クレジット

振付
ジョナサン・ワトキンズ Jonathan Watkins
音楽
アレックス・バラナウスキ Alex Baranowski
衣装・装置
サイモン・ドー Simon Daw
照明
クリス・デイヴィー Chris Davey
映像
アンジェイ・グールディング Andrzej Goulding
ドラマトゥルク
ルース・リトル Ruth Little
指揮
ジョン・プライス=ジョーンズ John Pryce-Jones
演奏
ノーザン・バレエ・シンフォニア管弦楽団 Northern Ballet Simfonia
撮影
ロス・マクギボン Ross MacGibbon

キャスト

ウィンストン・スミス:トビアス・バトレイ Tobias Batley
ジュリア:マーサ・リーボルト Martha Leebolt
オブライエン:ジャヴィア・トレス Javier Torres
チャリントン氏:高橋宏尚 Hiroao Takahashi
パーソンズ:ジュリアーノ・コンタディーニ Giuliano Contadini
マーティン:アシュレイ・ディクソン Ashley Dixon
アンプルフォース:ケヴィン・ペン Kevin Poeung
プロール:ヴィクトリア・シブソン Victoria Sibson

Miki Akuta / Hannah Bateman / Sean Bates / Antoinette Brooks-Daw / Kiara Flavin / Luke Francis / Teresa Saavedra Bordes / Lucia Solari / Joseph Taylor / Matthew Topais

# 日本語表記は国内代理店およびクラシカジャパンによる

感想

デイヴィッド・ニクソンが芸術監督をつとめるノーザン・バレエのレパートリーにはユニークで興味深いものがたくさんあり、舞台を見てみたいカンパニーの1つです。今回映像化されたのはロイヤル・バレエ出身のジョナサン・ワトキンズがジョージ・オーウェル「1984」をバレエ化したもの。特典映像として彼の短いインタビューが収録されていました(クラシカジャパンで放映された際にもこのインタビューが流れましたね)。

あのプロットをバレエにするのは大変そうだと思っていましたが、バレエ化することでむしろ主題がシンプルに伝わることが新鮮でした。従来 おとぎ話の世界を前提なしに繰り広げてきたバレエという手法であれば、世界が今どういう状態で支配層の目的はこうで……という原作独自の設定は説明不要ということに目から鱗がはらはらと落ちました。そして、これだけ「言葉」に重きが置いた原作が、言葉のないバレエとして成立することに面白さも感じます。。

党員はブルーの制服でギクシャクしたムーヴメント、プロールは赤系の衣装でバレエシューズ。原作のエピソードに比較的忠実でありながら説明口調が鼻につくようなこともなく、抑圧され息苦しさに満ちた世界が広がります。例えば101の数字が意味するところなど原作を読んでいないとわからないこともあるけど、テーマが伝わるよう作られていました。ヴィデオプロジェクションが果たす役割も大きく、その点では今の時代ならではの作品とも言えそう。

党員たちが踊るギクシャクしたダンスは、そんなに大勢で踊っているわけではないのに統制された世界の集団圧力の怖さとがありました。ウィンストン役のトビアス・バトレイ、ジュリア役マーサ・リーボルト、オブライエン役ジャヴィア・トレス、そしてチャリントン氏の高橋宏尚と、いずれもキャラが立ってストーリーに深みを与える熱演。


Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2019.06.10 - 感想書きました。

vc vc