La Belle et la Bête / Malandain Ballet Biarritz

noimage

振付:ティエリー・マランダン
出演:クレール・ロンシャン、ミカエル・コント 他
収録:2016年2月 スペイン・サン・セバスティアン クルサール公会堂 / 82分

録画

WOWOWで録画。このところWOWOWとクラシカでマランダン・バレエ・ビアリッツの作品放映が続いていますね。こちらはチャイコフスキーの音楽を使った「美女と野獣」です。


クレジット

振付
ティエリー・マランダン Thierry Malandain
音楽
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
装置・衣装
Jorge Gallardo
照明
Francis Mannaert
指揮
アイナルス・ルビキス Ainars Rubikis
演奏
エウスカディ交響楽団 Symphonique d’Euskadi
撮影
Patrick Lauze

キャスト

ベル:クレール・ロンシャン Claire Lonchampt
野獣:ミカエル・コント Mickaël Conte
L’Artiste:Arnaud Mahouy
Son âme:兼井美由季 Miyuki Kanei
Son corps:Daniel Vizcayo
Le père:Frederik Deberdt
Le soeurs:Ellyce Daniele / Ione Miren Aguirre
Les frères:Raphaël Canet / Baptiste Fisson
Les allègories:
L’amour: Patricia Velázquez
La rose:Miyuki Kanei
Le miroir:Hugo Layer
Le gant:Irma Hoffre
Le cheval:Baptiste Fisson
La clef:Michael Garcia

Ione Miren Aguirre / Raphaël Canet / Ellyce Daniele / Romain di Fazio / Baptiste Fisson / Clara Forgues / Michaël Garcia / Lucia You González / Irma Hoffren, / Mathilde Labé / Hugo Layer / Guillaume Lillo / Nuria López Cortés / Ismael Turel Yagüe / Patricia Velázquez / Laurine Viel / Daniel Vizcayo

感想

ティエリー・マランダンの全幕のストーリーバレエを見るのはこれが初めてでした。美女と野獣、ベルの父と兄姉たちのほか、芸術家、魂、肉体、という物語をリードする役が登場します。愛・バラ・鏡・手袋・馬・鍵、というアレゴリー役のダンサーも登場するのですが、手袋や鍵が出てくるということは、ジャン・コクトーの映画が下敷きになっているのでしょうか。

ステージ上はとてもシンプルで、黒い幕が2枚、カーテンのように舞台中程で空間を仕切り、場面展開や装置の代わりに使われていました。半分だけ引いたり、その幕の下から出入りしたりと、自由度も高いしこちらのイマジネーションも刺激する仕掛け。薔薇の花や鏡といった通常は小道具を使いそうなものもダンサーが演じるので、他に大道具といえば動物(ネコ科の、チーターとかそういう系?)の足の形の脚に支えられた大きなテーブルくらい。シンプルな舞台に、Jorge Gallardoの衣装が映えます。

有名な物語ではありますが、舞台の上で繰り広げられるのはもっと観念的なお話…な気もする。この芸術家と魂と肉体がよくわからなかったんですよね…。芸術家という役は野獣の内面表現なのかと思っていたけど、どちらかというと芸術家が作り上げた話が展開しているという感じなのかな。最後には芸術家の手も届かない結末となり、自らの内にある野獣(的心理)の新しい居場所を探すのかな、とか。美女と野獣にとってはハッピーエンドなはずなのに不穏な音楽…というのはそういう事かしら、と考えていました。

ということで一番出番が多い感じの芸術家役、Arnaud Mahouyの美しい踊りを堪能できます。彼と、父親役のFrederik Deberdt、それと魂役の兼井美由季さんがこのカンパニーで好きなダンサーだわ、と改めて。何しろ身体の使い方に隙がなく本当に美しいので。

美女役のClaire Lonchamptは大柄だけど、たおやかに踊る魅力的なダンサーでした。後半のゴージャスなドレスがよくお似合い。役がついているダンサーは皆よく踊れてますし、魅力的でもありました。野獣役のMickaël Conte、肉体役のDaniel Vizcayo、鏡役のHugo Layerなどなど。