Ashton: The Dream / Symphonic Variations / Marguerite and Armand - The Royal Ballet

英国ロイヤル・バレエ アシュトン・トリプルビル 《真夏の夜の夢》 《シンフォニック・ヴァリエーションズ》 《マルグリットとアルマン》[DVD]

振付:フレデリック・アシュトン
出演:ゼナイダ・ヤノウスキー、ロベルト・ボッレ、スティーヴン・マックレー、高田茜 他
収録:2017年6月7日 コヴェント・ガーデン王立歌劇場 / 本編121分 + 特典映像17分

画像リンク先:amazon.co.jp - 国内仕様DVD

映画館中継のあった2017年のアシュトントリプルビル、ヤノウスキーのロイヤル・バレエ引退公演がDVD/Blu-rayになりました。茜さんがタイターニアでマックレーと共に「真夏の夜の夢」の主演をつとめたことも話題に。


商品情報

特典映像:『真夏の夜の夢』について / ポワントを履いたボトム / 『シンフォニック・ヴァリエーションズ』について / ゼナイダ・ヤノウスキーのインタビュー

海外|DVD(Opus Arte:OA1264D)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2018/07/27

[海外盤] Release: 2018/07/27

海外|Blu-ray(Opus Arte:OABD7240D)

[国内仕様盤] Release: 2018/07/27

[海外盤] Release: 2018/07/27

クレジット

振付
フレデリック・アシュトン Frederick Ashton
指揮
エマニュエル・プラッソン Emmanuel Plasson
演奏
コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団 Orchestra of the Royal Opera House
撮影
ロス・マクギボン Ross MacGibbon

収録

「真夏の夜の夢」 The Dream

音楽:フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
編曲:ジョン・ランチベリー John Lanchberry
美術:David Walker
演出指導:アンソニー・ダウエル Anthony Dowell
レスリー・コリア Lesley Collier
合唱指揮:Charles Cole
合唱:London Oratory Junior Choir

ティターニア:高田茜 Akane Takada
オベロン:スティーヴン・マックレー Steven McRae
Changeling Indian Boy:Ambrose Bartlett
Puck:Valentino Zucchetti
Bottom:Bennet Gartside
Rustics:Benjamin Ella / Kevin Emerton / Solomon Golding / Erico Montes / Calvin Richardson
Helene:Itziar Mendizabal
Demetrius:Tomas Mock
Hermia:Claire Calvert
Lysander:Matthew Ball
Peaseblossom:Gemma Pitcheley-Gale
Cobweb:Emma Maguire
Moth:Elizabeth Harrod
Mustardseed:Romany Pajdak


「シンフォニック・ヴァリエーションズ」 Symphonic Variations

音楽:セザール・フランク Cesar Franck
美術:Sophie Fedorovitch
演出:Wendy Ellis Somes / Malin Thoors
ピアノソロ:Paul Stobart

マリアネラ・ヌニェス Marianela Nunez
ワディム・ムンタギロフ Vadim Muntagirov
Yasmine Naghdi / James Hay
Yuhui Choe / Tristan Dyer


「マルグリットとアルマン」 Marguerite and Armand

音楽:フランツ・リスト Franz Liszt
オーケストレーション:Dudley Simpson
美術:Cecil Beaton
演出/ベネッシュ・ノーテーター:Grant Coyle
ピアノソロ:Robert Clark

マルグリット:ゼナイダ・ヤノウスキー Zenaida Yanowsky
アルマン:ロベルト・ボッレ Roberto Bolle
Armand’s Father:Christopher Saunders
A Duke:Gary Avis
Admirers of Marguerite:Matthew Ball / Reece Clarke / David Donnelly / Nicol Edmonds / Kevin Emerton / Tomas Mock / Fernando Montano / Erico Montes
Maid:Mica Bradbury


感想

「真夏の夜の夢」、ようやく今のロイヤル・バレエの映像が出ましたね。しかも茜さんとマックレーが主演。二人ともこの喜劇の主役としてはちょっと真面目で、そこが可笑しかったりも。踊りの美しさと安定感は言うまでもなく、見ていて多幸感に包まれました。

脇も皆芸達者なのでもちろん楽しいのですが、マシュー・ボールのコメディ調がこんなに素晴らしいとは思わなかったわ。パック役のズケッティも軽やかでした。もちろんボトム役のベネット・ガートサイドの熱演も忘れるわけにはいきません。全体に品の良い喜劇に仕上がっていたと思います。さすがロイヤル・バレエ、やりすぎないのね。


地味(ごめんなさいっ)な割にとてもハードな作品であるらしい「シンフォニック・ヴァリエーションズ」は実力派ダンサーが揃って見応えのある上演でした。6人いると一人くらい「あ、惜しい…」ってことになったりするのですが、この組はみなさんお見事。きっとアシュトンが意図したポーズそのものに違いない、と言う美しさを堪能しました。それに6人ともあの衣装が似合っていることも奇跡のようだわ。特に男性のあの片袖+帽子は、ムンタギロフ以上に似合ってる人見たことないかもしれない。


そしてヤノウスキーのロイヤル・バレエ引退演目の「マルグリットとアルマン」。お相手は引退請負人ロベルト・ボッレ。いったい世界中で何人のプリマ・バレリーナが彼の相手で引退しているやら。ゼナイダとボッレはとても相性が良いようで、とても感動的なドラマが見られました。踊り・演技面とも釣り合うパートナーと踊って引退できたのは彼女のために良かったと思うのですが、できたら彼女のためにいつもそうあって欲しかった、とも。

彼女のマルグリットは本当に素晴らしかった。アルマンパパ(サウンダーズさん!)に息子と別れるよう頼まれ、それを受け入れ、喪失感に耐えて呆然としているところに、パパからこめかみに尊敬のキスを受けて…涙腺が決壊するのですよね。公爵がギャリーだったのもゴージャスだし、取り巻きも男前が揃っていて眼服でございました。セシル・ビートンの美術が映えていたのも印象に残ります。

本編のカーテンコールは通常のものだけで、特典映像にそのあとのカーテンコールが(一部?)収録されていました。私は映画館中継を見ていないのですが、女性プリンシパルたちも花を渡しに登場したのかな。収録されているのは男性プリンシパルからで、ケヴィン監督のスピーチ、そして映画館中継の最後までだったのではないかと。


Official Trailer

vc vc