Stravinsky: Petrushka, The Rite of Spring

Petrushka / Rite of Spring [DVD] [Import]

出演:ボリショイ・バレエ / モスクワ・クラシック・バレエ
収録:76分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

ボリショイ・バレエのミハイル・フォーキン版「ペトルーシュカ」とモスクワ・クラシック・バレエのカサトキナ/ワシリョフ版「春の祭典」を収めたDVD。ペトルーシュカはムハメドフ、春の祭典はガリムーリンが主演です。


商品情報

海外|DVD(Video Artists International: VAIDVD4516) Release: 2010/04/13

FORMAT:NTSC / REGION:0

収録

「ペトルーシュカ」ボリショイ・バレエ Petrushka - Bolshoi Ballet

音楽:Igor Stravinsky
振付:Mikhail Fokine
装置・衣装:Alexandre Benois
指揮:Pavel Sorokin
演奏:Bolshoi Theatre Orchestra
Live Performance, 1992

Petrushka: Irek Mukhamedov
The Ballerina: Ludmila Semenyaka
The Moor: Vyacheslav Elagin
The Charlatan: Yuri Vetrov


「春の祭典」モスクワ・クラシック・バレエ The Rite of Spring (Le sacre du printemps) - Moscow Classical Ballet

音楽:Igor Stravinsky
振付:Natalia Kasatkina / Vladimir Vasilev
装置・衣装:Elizaveta Dvorkina
Produced for Russian Television, 1990

Leader: Ilgiz Galimullin
The Chosen One: Valeria Tsoi
The Dark Spirit: Vera Timashova
The Wise Elder: Sergei Vanaev


感想

確かムハメドフは1990年にロイヤル・バレエに移籍したのではなかったかと思うのですが、この「ペトルーシュカ」は92年収録で間違いないのかしら…。踊り盛りのムハメドフによるペトルーシュカは直球型。当時のソヴィエトはそういう役作りだったのかな。私が舞台や映像で見てきたものとは違うアプローチのように見えて興味深いです。バレリーナ役のセメニャカはプロポーションがまさにお人形さん。最初の人形たちの登場から踊りまくる場面は、彼らの一挙手一投足に注目したいのにちょいちょいモブにカメラが切り替わるのが残念ではありました。

画質音質もよくありませんが、当時のソヴィエトもののバレエ映像を見たことがある方なら「こんなものだよね」というところ。画質は手を入れてあるようですが、引きの画像は手つかずのままみたいです。

もう1つのカサトキナ/ワシリョフ版「春の祭典」はテレビ用のスタジオ収録。予想に違わず不思議な版で、何といっていいやら…。ベジャールの影響を感じる振付があったり、生贄とその姉妹?の振付が白鳥っぽくてアナザーストーリーがあるのかなと思ったりもしましたがよく分からず。生贄のヴェール?をかぶってDark Spiritに導かれるところはジゼルのようでもあり。ヴァレリア・ツォイとガリムーリンは本当によく踊れているので、彼らならではの作品とも言えそう。

若く爽やかで細身のガリムーリンの踊りっぷりは凄くて、それを見られたのは良かったかな。見初めた女性が生贄に選ばれてしまって何とか阻止しようとするも彼女は殺されてしまい、逆上して、、的なエンディング。私はカサトキナ/ワシリョフとはあまり相性が良くないのですが、自分にもう少しロシアの民間伝承的なものに知識があればもっと楽しめたのかな、とも。それくらい、あちこち気になるディテールがありました。

VAI Musicの他の映像同様にコレクター向け商品、ではあると思います。

vc