A Midsummer Night’s Dream / Le Ballet de l'Opéra national de Paris

noimage

振付:ジョージ・バランシン
出演:エレオノーラ・アバニャート、ユーゴ・マルシャン、エマニュエル・ティボー 他
収録:2017年3月18,23日 パリ・オペラ座 バスチーユ / 107分

録画

プレミアムシアターで録画。バランシン版「夏の夜の夢」。ラクロワの美術と美しいダンサーたちによる豪華な舞台。エトワール6人が立つ舞台という意味でも豪華ですよね。


クレジット

振付
ジョージ・バランシン George Balanchine
音楽
フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn Bartholdy
原作
ウィリアム・シェークスピア「夏の夜の夢」
William Shakespeare ”A Midsummer Night’s Dream”
舞台美術・衣装
クリスティアン・ラクロワ Christian Lacroix
デザイン原案
バーバラ・カリンスカ Barbara Karinska
照明
ジェニファー・ティプトン Jennifer Tipton
指揮
サイモン・ヒューイット Simon Hewett
演奏
パリ・オペラ座管弦楽団 L'Orchestre de l'Opéra national de Paris
合唱指揮
ホセ・ルイス・バッソ José Luis Basso
ソプラノ
プランヴェラ・レナート Pranvera Lehnert
アンネ・ゾフィー・デュクレ Anne-Sophie Ducret
合唱
パリ・オペラ座合唱団 Choeurs de l'Opéra national de Paris
撮影
Vincent Batallon

キャスト

ティターニア(妖精の女王):エレオノーラ・アバニャート Eleonora Abbagnato
オベロン(妖精の王):ユーゴ・マルシャン Hugo Marchand
妖精パック:エマニュエル・ティボー Emmanuel Thibault
ハーミア:レティシア・プジョル Laëtitia Pujol
ライサンダー:アレッシオ・カルボーネ Alessio Carbone
ヘレナ:ファニー・ゴース Fanny Gorse
ディミトリアス:オードリック・ベザール Audric Bezard
ヒッポリータ:アリス・ルナヴァン Alice Renavand
シーシアス:フロリアン・マニュネ Florian Magnenet
ボトム:フランチェスコ・ヴァンタッジオ Francesco Vantaggio
ティターニアの騎士:ステファン・ビュリョン Stéphane Bullion
パピヨン:ミュリエル・ズスペルギー Muriel Zusperreguy
ディヴェルティスマン:パク・セウン Sae Eun Park / カール・パケット Karl Paquette

感想

バランシン版は1幕に夏至の夜の騒動を、2幕は人間たちの結婚式をディヴェルティスマンで華やかに見せてから妖精たちの夜の終わりを、という構成。アシュトンが省略したヒッポリータとシーシアスも出てきますし、原作にはないタイターニアのお付きやディヴェルティスマンのペアも登場するのでいろんなダンサーが見られます。今回はタイターニアのお付きがビュリオンで、最初にタイターニアがお小姓連れて登場した時にも日よけを持ってついているという貴重な(?)立ち姿が拝めます。のちにタイターニアと一緒に踊る場面もありますが、とっても贅沢な配置ですよね。

マルシャンのオーベロンが本当に可愛くて。冒頭、タイターニアの連れたお小姓が気に入って「いい事思いついた!ほら、この子を僕のお小姓に。ね?」ってやるところがたまらん。しっかり者の姉さん女房に天真爛漫な妖精王って感じの組み合わせだから、余計にハマるんですね、きっと。こんな妖精の王なら妻に仕掛けるいたずらも大目に見ちゃおうというものです。大らかな踊りだけど足さばきは細かくて、そんなところも好感を持ちました。

いろんなダンサーが入れ替わり立ち替わり出てきては踊るので華やかですが、その分見所が分散するので、演出的な部分は人によって好みが分かれるかもしれません。

装置と衣装を担当したのはクリスチャン・ラクロワ。タイターニアとお付きの妖精?たちのピンクの衣装が可愛らしくて、しかも一人一人ディテールが違うようで「もっと見せて」となりました。ヘレナとハーミアの衣装は、スカートの布地がたっぷりとってあって長いので、時折踊るのが大変そうにも見えたけど。あと2幕の花嫁たちとブライズメイド(かな?)たちのチュチュね!ピンクのチュールが挟んであって、踊るとチラチラ見えて可愛いの。踊りを披露する村人たち(だろうか)の衣装もシフォンがふわふわ揺れて素敵だったし。胸元のカッティングもどれも綺麗だったよねぇ。装置も重なる木々が美しくて好みでした。