L’Age D’Or - The Golden Age / The Bolshoi Ballet

The Golden Age

振付:ユーリ・グリゴローヴィチ
出演:ニーナ・カプツォーワ、ルスラン・スクヴォルツォフ 他
収録:2016年10月13,16日 ボリショイ劇場 / 103分

画像リンク先:amazon.com - 海外版DVD

NHKプレミアムシアターで録画。2016年、10年ぶりに再演された全幕公演を収録したものです。DVD/Blu-rayは2017年7月リリース。


商品情報

海外|DVD(Bel Air Classiques:BAC143)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2017/07/27

[海外盤] Release: 2017/07/07

海外|Blu-ray(Bel Air Classiques:BAC443)

[国内仕様盤] Release: 2017/07/27

[海外盤] Release: 2017/07/07

クレジット

振付
ユーリ・グリゴローヴィチ Yuri Grigorovich
音楽
ドミートリ・ショスタコーヴィチ Dmitri Shostakovich
台本
ユーリ・グリゴローヴィチ Yuri Grigorovich
イサーク・グリークマン Isaak Glikman
舞台美術・衣装
シモン・ヴィルサラーゼ Simon Virsaladze
照明
ミハイル・ソコロフ Mikhail Sokolov
指揮
パヴェル・クリニチェフ Pavel Klinichev
演奏
ボリショイ劇場管弦楽団 Orchestra of The State Academic Bolshoi Theatre

映像監督
Vincent Bataillon

キャスト

リタ(若い踊り子):ニーナ・カプツォーワ Nina Kaptsova
ボリス(若い漁師):ルスラン・スクヴォルツォフ Ruslan Skvortsov
ヤーシュカ(ギャングのリーダー):ミハイル・ロブーヒン Mikhail Lobukhin
リューシカ(ギャングの仲間):エカテリーナ・クリサノワ Ekaterina Krysanova

Variety show compere at The Golden Age Restaurant:Vyacheslav Lopatin
Boris’s friends:Alexei Matrakhov / Egor Sharkov / Daria Bochkova / Anastasia Gubanova / Diana Kosyreva / Daria Lovtsova / Svetlana Pavlova / Nikita Kapustin / Mikhail Kryuchkov / Artur Mkrtchyan / Maxim Oppengeym / Anton Savichev
Two Drunk Nepmen:Alexei Loparevich / Alexander Petukhov
Billiard Marker:Sergei Minakov
Two Fashion Couples:Nelli Kobakhidze / Karim Abdullin / Angelina Karpova / Ivan Alexeyev
Bandits and their girlfriends:Daria Gurevich / Elvina Ibraimova / Elena Panina / Yanina Parienko / Xenia Sorokina / Xenia Zhiganshina / Ivan Prazdnikov / Roman Simachev / Alexei Tedeyev / Evgeny Truposkiadi / Dmitri Zhuk
Nepmen:Anna Antropova / Anna Balukova / Kristina Karasyova / Maria Mishina / Xenia Pchelkina / Alexander Fadeyechev / Yuri Ostrovsky / Egor Simachev / Andrei Sitnikov / Ilya Vorontsov
Girls:Xenia Averina / Olga Barichka / Anastasia Denisova / Elena Kasiyanova / Sophia Lyubimova / Ilona Matsiy-Kiryushkina / Tamara Mironova / Alexandra Rakitina / Margarita Shrainer / Vlada Zakharova
Waltz/Tahiti-trot/Tango:Nino Asatiani / Anna Baranova / Natalia Lomakina / Oxana Sharova / Maria Zharkova / Alexei Kostin / Dmitry Efremov / Vladislav Kozlov / Ivan Filchev / Egor Khromushin
Final:Evgenia Savarskaya / Xenia Kern / Alexander Vorobiyov / Alexander Smoliyaninov

感想

全幕再演は10年ぶりとのこと。
以前視聴した1987年収録の「黄金時代」はベスメルトノワにムハメドフとタランダというグリゴローヴィチの申し子のようなキャストだったせいか随分昔に見たきりなのに意外に頭にイメージが残っていたようで、この映像を見ていても残像がちらついて驚きました。

敵役キャラクターを魅力的に描くグリゴローヴィチの素晴らしさはこの作品でも発揮されています。タランダが踊った映像を見た時はタランダが凄いのだとしかわからなかったけど、今は、踊るロブーヒンも作ったグリゴローヴィチも凄いのだと分かります。しかし、ロブーヒンがこのキャラクターにハマるとは、マリインスキー時代には想像もつきませんでした。この映像で一番印象に残ったのは彼だったかと。大熱演でした。

スクヴォルツォフは爽やかなヒーロー。最初のソロはエネルギーが足りない?と心配したものの、リタとのラブストーリーが動き始めたら、エンジン全開でした。漁師というか体操のお兄さんみたいに爽やかで、享楽的なクラブ「黄金時代」で踊るリタには眩しかった事でしょう。

カプツォーワもリタ役がハマっていました。カプツォーワは踊り子としてクラブで踊るよりスクヴォツォフと踊る恋のパ・ド・ドゥの方が合っていて、第8場のパ・ド・ドゥには引き込まれました。ロブーヒンとのタンゴもさすがだったけども!逆にというかそれゆえにというか、踊り子という仕事が彼女には合わないのだと分かる、とも言え。ロブーヒンのタンゴは絶品で、ここだけ何度もリピートしちゃいました。

そして、意外なことにクリサノワはリューシカにはあまりフィットしていなかったような。踊りなど技術的な面ではなくて、個性に合わないとかそういう事なんだろうと思うのですが、私の目が曇っている可能性も...。ロパーティンも場を引き締めていましたし、カリムくんも変わらず素敵でした。ボリショイですから、群舞も堪能。

話自体は深い感動が待っているようなものでもありませんが、グリゴロ作品の中でもちょっと毛色が違うので、久しぶりに見たら楽しかったです。


Official Trailer

vc vc