Romeo & Juliet / San Francisco Ballet

Romeo & Juliet [DVD] [Import]

振付:ヘルギ・トマソン
出演:マリア・コチェトコワ、ダヴィット・カラペティアン 他
収録:2015年5月7日 War Memorial Opera House, San Francisco / 本編116分 + 特典映像12分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

Lincoln Center at the Movies からリリースされたサンフランシスコ・バレエの「ロミオとジュリエット」です。コチェトコワのジュリエットが当たり役すぎて目が離せませんでした。


商品情報

Shakespeare Without Words, En Garde, Children of the San Francisco Ballet

海外|DVD(C Major Entertainment:739008) Release: 2017/04/12

FORMAT:NTSC / REGION:0

海外|Blu-ray(C Major Entertainment:739104) Release: 2017/04/12

クレジット

振付
Helgi Tomasson
音楽
Sergei Prokofiev
装置・衣装
Jens-Jacob Worsaae
照明
Thomas R. Skelton
ファイトシーン振付
Martino Pistone
指揮
Martin West
演奏
San Francisco Ballet Orchestra
撮影
Thomas Grimm

キャスト

Juliet:Maria Kochetkova
Romeo:Davit Karapetyan
Mercutio:Pascal Molat
Benvolio:Joseph Walsh
Tybalt:Luke Ingham
Lord Capulet:Ricardo Bustamante
Lady Capulet:Sofiane Sylve
Nurse:Anita Paciotti
Paris:Myles Thatcher
Rosaline:Wanting Zhao
Lord Montague:Ruben Martin Cintas
Lady Montague:Lacey Escabar
Friar Laurence:Jim Sohm
Prince of Verona:Martino Pistone

感想

ヘルギ・トマソン版のロミジュリは初めて見ました。1994年初演で長く愛されているプロダクションだそうで、ダンサーたちにはトマソン版がしっくり馴染んでいるようです。Jens-Jacob Worsaaeによるルネサンス様式の装置が良くてですね。衣装も同じデザイナーによるものですが、こちらはもう少しダンサーを美しく見せられるのではないかと思うものもいくつか。でもテキスタイルのこだわりが凄くて豪華でした。

この映像で特筆すべきはコチェトコワのジュリエット。彼女のジュリエットを見るためだけにでも見る価値があると個人的には思います。踊りの素晴らしさは言うまでもなく、視線の1つ、指先の動き1つまで全身でジュリエットを生きていました。技術的な素晴らしさがまず語られる彼女ですが、女優バレリーナとしても充実期にいるのですね。

コチェトコワの圧倒的な素晴らしさからすると、男性陣は少し弱いかなぁ…。カラペティアンはロマンティックなロミオを貫いていて流石でしたが、全体に日本で見る機会のあまりないダンサーたちで馴染みが薄い分、地味に感じるところはあるかもしれません。私のお目当てはいつも通りルーク・インガムで今回はティボルト役。個人的には見られてよかった、のですが、トマソン版のティボルトは短気で血気盛んなところが強調されていて、彼を持ってしてもあまり魅力的に見えなかった気が。

振付的には例えばマクミラン版のようにアイコニックなパ・ド・ドゥがあるとは言えませんが、物語に説得力を与える演出がされている印象。構成などは基本通りだと思いますが、いくつか説明的な情景が追加されています。役の性格づけの点でも、上に書いたティボルトもそうですがパリスも(説明がつくようにした結果)割と嫌な奴になっていました。

ティボルトとキャピュレット夫人の関係もほのめかしではなくしっかり見せていて、舞踏会でも夫の目を盗んで、みたいな。ジュリエットの弔いに訪れたキャピュレット夫人は、夫に手を委ねながらも隣に安置されたティボルトに目をやらずにはいられない…。ソフィアン・シルヴのキャピュレット夫人、よかったです。他に、ジュリエットの友人には石原古都さんが、アクロバット(マクミランで言うところのマンドリンダンスに相当?)にはNorika Matsuyamaさんがご出演。

下の動画でもコチェトコワのジュリエットの素晴らしさ、うかがい知れると思います。


Official Trailer

vc vc vc