The Sleeping Beauty / The Royal Ballet

noimage

振付:マリウス・プティパ
追加振付:フレデリック・アシュトン、アンソニーダウエル、クリストファー・ウィールドン
出演:ローレン・カスバートソン、セルゲイ・ポルーニン 他
収録:2011年12月15日ロイヤル・オペラ・ハウス / 分

録画

ライブシネマで中継された2011年12月の公演が、クラシカ・ジャパンで放映されました。こういう、DVD化されていない映像を取り上げてくれるのがとてもありがたいです。


クレジット

音楽
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il’yich Tchaikovsky
振付
マリウス・プティパ Marius Petipa
追加振付
フレデリック・アシュトン Frederick Ashton
アンソニー・ダウエル Anthony Dowell
クリストファー・ウィールドン Christopher Wheeldon
演出
モニカ・メイソン Monica Mason
クリストファー・ニュートン Christopher Newton
ニネット・ド・ヴァロワ&ニコラス・セルゲイエフ版による after Ninette de Valois and Nicholas Sergeyev
美術
オリバー・メッセル Oliver Messel
復元及び追加美術
ピーター・ファーマー Peter Farmer
照明
マーク・ジョナサン Mark Jonathan
上演指導
クリストファー・カー Christopher Carr
指揮
ボリス・グルージン Boris Gruzin
演奏
ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団 Orchestra of the Royal Opera House

映像監督
ロス・マクギボン Ross MacGibbon

キャスト

オーロラ姫
ローレン・カスバートソン Lauren Cuthbertson
フロリムント王子
セルゲイ・ポルーニン Sergei Polunin
リラの精
クレア・カルヴァート Claire Calvert
カラボス
クリステン・マクナリー Kristen McNally
フロレスタン国王
ギャリー・エイヴィス Gary Avis
王妃
ジェネシア・ロサート Genesia Rosato
典礼長カタラブット
アラステア・マリオット Alastair Marriott
クリスタルの泉の精と騎士
崔由姫 Yuhui Choe
ジョナサン・ワトキンス Jonathan Watkins
魔法の庭の精と騎士
ベアトリクス・スティックス=ブルネル Beatriz Stix-Brunell
アンドレイ・ウスペンスキー Andrej Uspensi
森の湿地の精と騎士
金子扶生 Fumi Kaneko
ダヴィッド・チェンツェミエック Dawid Trzensimiech
歌うカナリアの精と騎士
イオーナ・ルーツ Iohna Loots
ベネット・ガートサイド Bennet Gartside
黄金の葡萄の精と騎士
エマ・マグワイヤ Emma Maguire
アレクサンダー・キャンベル Alexander Campbell
リラの精の騎士
平野亮一 Ryoichi Hirano
イギリス王子
ネヘミア・キッシュ Nehemiah Kish
フランス王子
ヨハネス・ステパネク Johannes Stepanek
インド王子
エリック・アンダーウッド Eric Underwood
ロシア王子
アンドレイ・ウスペンスキー Andrej Uspensi
オーロラ姫の友人
オリヴィア・カウリー Olivia Cowley / セリーサ・デュアナ Celisa Diuna / メリッサ・ハミルトン Melissa Hamilton / エリザベス・ハロッド Elizabeth Harrod / イオーナ・ルーツ Iohna Loots / エマ・マグワイヤ Emma Maguire / ラーラ・トゥルク Lara Turk / サビーナ・ウェストコーム Sabina Westcombe
伯爵夫人
タラ=ブリギッテ・バフナニ Tara-Brigitte Bhavnani
ギャリソン
フィリップ・モズリー Philip Mosley
フロレスタン&姉妹たち
ダヴィッド・チェンツェミエック Dawid Trzensimiech
エマ・マグワイヤ Emma Maguire
メリッサ・ハミルトン Melissa Hamilton
長靴をはいた猫&白い雌猫
ポール・ケイ Paul Kay
エリザベス・ハロッド Elizabeth Harrod
フロリナ王女&青い鳥
崔由姫 Yuhui Choe
アレクサンダー・キャンベル Alexander Campbell
赤ずきん&狼
サビーナ・ウェストコーム Sabina Westcombe
平野亮一 Ryoichi Hirano
グラン・パ・ド・ドゥ
ローレン・カスバートソン Lauren Cuthbertson
セルゲイ・ポルーニン Sergei Polunin

感想

これが収録されたのはモニカ・メイソン芸術監督の最後のシーズンで、ポルーニン電撃退団の約1ヶ月ほど前。今となっては他にも退団してしまった人たちが多く目に付いて、あれこれ感慨にふけりながらの鑑賞となりました。2011年なんてつい最近のような気がするけど、5年の歳月はとても大きいのだな、と。そんな中でも変わらないのがカタラビュット役マリオットさん、メイクばっちりの役とはいえ、2006年の映像と印象が変わらなすぎて驚いちゃいました。

ローレンのオーロラ姫は16歳の誕生日に登場した時から優雅で品のよい姫君。父王にいきなり初対面の花婿候補たちに引き合わされても、戸惑いと恥じらいはありつつも、客人に失礼なく貴婦人の対応ができる、って言ったらいいのかな。コンディションは万全ではなかったのかもしれなくて、登場からローズアダージオまで踊り切るのって本当に大変なんだなーと見ているこちらに感じさせてしまうところがあったけれど、それだけに観客はみんなローレンの味方!って感じ。ローズアダージオ後の拍手喝采は凄いものがありました。2幕の幻影と3幕の結婚式の方がローレンには合っている印象。

ポルーニンの王子、2幕は彼の陰の雰囲気がよく合っていて、気の乗らない狩猟の会で憂いを身に纏っておりました。踊りは流石に鮮やかで、ライジングスターだったよなぁと。前のめりに恋をするタイプの王子ではなく、節度をわきまえた王子、という印象。ローレンとポルーニンの相性はそんなによくないのかなと思っていたけど、そこまで悪くもないというか。品格のあるグラン・パ・ド・ドゥだったと思います。

リラの精はクレア・カルヴァート。オーロラ姫を見守り舞台全体を包み込む、、ような存在感はまだないにしろ、落ち着いて踊っていました。今の彼女ならこの役をどう踊るのかが見てみたいです。特筆すべきはフロリナ王女のユフィさん、とても素晴らしかったです。この日の舞台で彼女が一番安定していたのでは、という印象。たぶん他の日にオーロラ姫も踊られた事でしょうが、彼女のオーロラが見たかったなーとも。あと、3幕のフロレスタンと姉妹のトロワでのエマ・マグワイアの音感よい踊りも印象に残っています。

日本人キャストでは、扶生さん、平野さんの他、蔵さんのお姿も見られました。1幕冒頭のニッティングレディの一人に、当時ロイヤル・バレエ・スクール生徒だった桂さんもいましたね。今ABTのコール・ドにいるハン・ソンウくんの姿もちょこちょこ目について、あれ?彼はロイヤル・バレエに在籍していたのだっけ?と思って調べたら、2011年のローザンヌ(マヤラ・マグリが1位の年)で2位プロ研修賞でロイヤル・バレエのフル・スカラを取っていたのだそうです。