New Year's Concert 2015 from the Teatro La Fenice

noimage

出演:ダニエル/ハーディング(指揮)、ニコレッタ・マンニ、マルコ・アゴスティーノ(バレエ)
収録:2015年1月1日フェニーチェ歌劇場 / 94分

録画

クラシカジャパンで視聴。2015年のフェニーチェ歌劇場ニューイヤーコンサートのバレエシーンは、ミラノ・スカラ座バレエ。冒頭のバレエはニコレッタ・マンニとマルコ・アゴスティーノがメインでした。


クレジット

指揮
ダニエル・ハーディング Daniel Harding
ソプラノ
マリア・アグレスタ Maria Agresta
テノール
マシュー・ポレンザーニ Matthew Polenzani
演奏
フェニーチェ歌劇場管弦楽団及び同合唱団 Teatro la Fenice Chorus and Orchestra
合唱指揮
クラウディオ・マリノ・モレッティ Claudio Marino Moretti
振付
マッシミリアーノ・ヴォルピーニ Massimiliano Volpini
バレエ

ニコレッタ・マンニ Nicoletta Manni
マルコ・アゴスティーノ Marco Agostino
ミラノ・スカラ座バレエ
Edoardo Caporaletti / Serena Colombi / Massimo Dalla Mora / Lorella Ferraro / Licia Ferrigato / Matteo Gavazzi / Paola Giovenzana / Andreas Lochmann / Valter Madau / Riccardo Massimi / Emanuela Montanari / Lara Montanaro / Fabio Saglibene / Luigi Saruggia / Daniela Siegrist / Monica Vaglietti

映像監督
ファブリツィオ・ジュットゥーゾ・アライモ Fabrizio Guttuso Alaimo

演目

  • ベートーヴェン:序曲『献堂式』Op.124
  • ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調Op.93
  • ロッシーニ:歌劇『泥棒かささぎ』〜シンフォニア
  • ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』〜婚礼の合唱「あなたに計り知れない喜びで」
  • プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』〜ロドルフォのアリア「冷たき手を」
  • プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』〜ミミのアリア「私の名はミミ」
  • プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』〜ミミとロドルフォの二重唱「愛らしい乙女よ」
  • ロータ:「百万ドルのナポリ」より「ブギウギ」
  • ポンキエッリ:歌劇『ジョコンダ』〜「時の踊り」より「カンカン」

    バレエ:ミラノ・スカラ座バレエ

  • ヴェルディ:歌劇『ルイザ・ミラー』〜ロドルフォのアリア「穏やかな夜には」
  • ヴェルディ:歌劇『椿姫』〜ヴィオレッタのアリア「花から花へ」
  • ヴェルディ:/歌劇『ナブッコ』〜ヘブライの捕虜たちの合唱「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」
  • ヴェルディ:歌劇『椿姫』〜乾杯の歌「友よ、さあ飲みあかそう」

    バレエ:ミラノ・スカラ座バレエ

感想

バレエのみに触れます。マンニとアゴスティーノがメインで踊るオープニングのバレエ、振付はマッシミリアーノ・ヴォルピーニ。夕暮れの運河を背景に踊る二人は美しくロマンティックだし、彼らが行く先々には謎めいたヴェネツィアの街と様々なタイプのバレエとが待っていて。「ベラ・フィギュラ」を思わせる赤いスカート、仮面を付けた白い衣装のペア、そしてプティ作品のキャラクターみたいなオールバックにフィットした黒い上下の男性陣。仕掛けで魅せるタイプではありますが、楽しめました。

「ラ・ジョコンダ」時の踊りからカンカン。こちらもニコレッタ・マンニの衣装が、プティさんがジジに着せたビスチェを思い出させるけれど、そんなことはどうでもいい位に彼女が魅力的。

最後の「乾杯の歌」はドレスでバレエ。メインの二人以外が画面に映る時間が増えた結果、とてもありきたりなニューイヤーバレエになってしまったような。まぁ、難しいですよね、歌手の方々も映さなければいけないし、あまり凝ったバレエにはできないから。。。それにしても、女性陣のドレスがやすっぽくて気の毒に思う程でした。(感想が衣装の話ばかりで申し訳ない…)

こちらもRAIのサイトでベートーヴェン以外は見られます。曲間のナレーションつき。

http://www.rai.tv/dl/RaiTV/programmi/media/ContentItem-e60355f5-f953-497a-9cb0-916815a000a1.html