私がキャッチできたテレビ番組を1年分まとめて記載。見られなかったものはリストに含まれておりません〜。

11/05 バレエ・プルミエール #1

WOWOW
司会:大貫勇輔 / 本田望結, バレエナビゲーター:阿部さや子

11月からWOWOWで始まったバレエ情報番組。初回はベジャール特集で「春の祭典」「ボレロ」「バレエ・フォー・ライフ」「海」など映像が次々と登場しました。

「バレエの王子様」のコーナーでは柄本弾さんが登場。1日に密着ということで、クラス、小林十市さんを迎えてのベジャール版「くるみ割り人形」のリハーサルの他、「アルルの女」「白鳥の湖」の映像、上野水香さんと小林十市さんのコメントもあり、スタジオでもお話が。

ニュースとして、世界文化賞を受賞したバリシニコフのコメント、バレエジェンツ公演紹介、映画「ダンシング・ベートーヴェン」公開の紹介。また大貫勇輔さんによるバレエボディメイキングとしてエクササイズの紹介も。冒頭の大貫さんのダンス、良かったです〜。




10/30 エンター・ザ・ミュージック【ゲスト】スヴェトラーナ・ザハーロワ / ワディム・レーピン

BSジャパン
ゲストにザハロワとレーピンを迎えての「エンター・ザ・ミュージック」。Bunkamuraのロビーでトークを繰り広げつつ、「トランスシベリア音楽祭」から「ライモンダ」「瀕死の白鳥」「レ・リュタン」(後半)が流れました。

BSジャパン様はこの公演を録画しているなら、全編ノーカットで流していただきたいです!どーぞ宜しくお願いします。今年の東急ジルベスターにお二人が出演するということなので、その前に特番的に如何でしょう?

トークは「ごごナマ」と重なるものが多かったですが、こちらの方が録画で字幕な分落ち着いていたように感じました。



10/26 第29回 高松宮殿下記念世界文化賞

フジテレビ
10月18日に行われた世界文化賞授賞式典が放映されました。常陸宮さまから記念のメダルを授与されるところと各受賞者の紹介VTRから構成されているのですが、バリシニコフの紹介VTRは良かったですね。ワガノワバレエ学校時代の写真やABT「ドン・キホーテ」、映画「愛と喝采の日々」「ホワイトナイツ」といった活動紹介と併せて、1998年の坂東玉三郎さんとのコラボレーション映像というお宝まで。また今回の授賞式に先立ってリサ・ラインハートとバリシニコフが歌舞伎座を訪れて作品を鑑賞し、終演後には玉三郎さんと再会。二人の芸術家の互いへの尊敬が伝わってくる素晴らしい瞬間でした。自分のNYの劇場でぜひ公演を、と玉三郎さんに提案するバリシニコフの瞳は輝いていました。




10/24 「アカデミーナイトG」Kバレエ「くるみ割り人形」浅川紫織コメント

TBS
Kバレエ「くるみ割り人形」プロモーションで浅川紫織さんへのインタビューVTRが流れました。



10/23 NHK NEWSLINE

NHKワールドTV
NHKワールドは最近J-COMで見られるようになったんですよね。ということでNHK NEWSLINE内で紹介されたKバレエ「クレオパトラ」の紹介を視聴。「おはよう日本」でも流れた舞台裏のほか、中村祥子さんのコメントなども。



10/19 「ノンストップ」世界文化賞

フジテレビ
前日に開催された世界文化賞受賞式典を紹介。バリシニコフのスピーチも少し流れました。



10/14 「おはよう日本」バレエエクササイズ

NHK総合
「くらしり」のコーナーでバー・アスティエを紹介。NPO法人バー・アスティエ協会の坂東祐子先生がエクササイズを教えてくださいました。これ、気軽にトライできて良いですね。録画保護しておこう(笑)。



10/11 「おはよう日本」ゲスト出演:熊川哲也

NHK総合
「check!エンタメ」のコーナーでKバレエの新作「クレオパトラ」制作の舞台裏を紹介。初演後の紹介なので、公演映像がありました。小林美奈さんも取り上げられていましたね。



09/26 「アカデミーナイトG」スタジオゲスト:スチュアート・キャシディ、遅沢佑介

TBS
Kバレエ「クレオパトラ」プロモーションでキャシディと遅沢さんがスタジオに登場。遅沢さん、話し方も熊川さんに似てますね。あらすじ、主演を演じる二人の魅力、戦闘シーンの迫力、前田文子さんの衣装デザイン、オストリングの装置などなど見所を紹介。

遅沢さんはバレエマスターとして自分の役柄以外も全て踊れるということで、もし怪我などで誰もクレオパトラを踊れる人がいなくなったら僕が踊ります、と。横でキャシディが「彼を持ち上げながら踊るなんて無理!キスシーンもあるんだよ」と笑わせてくれました。やっぱりベテランのトークは安定感ありすぎ、楽しかったです。



09/26 「ビビット」人生シリーズ:熊川哲也、中村祥子他、K-BALLET COMPANY

TBS
話題の人の波乱万丈の半生を紹介する、というコーナーで熊川さんが取り上げられました。15歳で単身イギリスへ、若くしてKバレエ設立、怪我、第九での復活と仲間と踊れる喜び、という流れ。短い時間で随分駆け足だったので、最近の芸術監督・指導者としての一面には触れられず「ダンサー熊川」を前面に推した紹介だったかな。冒頭に、「クレオパトラ」の舞台装置設置の様子が流れました。



09/25 ごごナマ 知っトク!レーピン / ザハーロワ

NHK 総合
ザハーロワとレーピンが登場。スリッパ履いたザハロワの立ち姿は貴重よね(笑)。トランスシベリア音楽祭のプロモーションで、「瀕死の白鳥」「レヴェレーション」「レ・リュタン」がちらりと流れた他、レーピンがスタジオで軽く演奏してくださったりも。いろんな話がありましたが、ザハロワがしとやかに座りつつ「言いたいことは全部言うわ」という感じで話し尽くすの、真面目な素顔が見えた感じ。レーピンがヴァイオリンを弾く、その1メートル離れた場所で聴くコメンテーター?羨ましすぎ。



09/15 「アナザースカイ」草刈民代

日テレ
25年前に訪問したルーマニアを再訪。ルーマニア、ちょっと意外でした。パリとかサンクトペテルブルクとかを選ばれるのかと。

当時は観光をする暇などなく劇場とホテルの往復。ということで、改めて観光しているところが映るのですが、市場で勧められるままにチーズをガンガン試食していく姿が頼もしい(笑)。岩塩採掘場跡地、すごかったねー。革命の爪痕が残る当時のブカレストの話も。

1989年にミハイ・バブシュカから招かれて日本人として初めてブカレスト国立オペラ劇場の舞台に立ったという草刈さん。ミハイさんの素晴らしいリフトやサポートが基準になっているので誰と踊っても「ジゼル」は不満だった、とか。

「負けてはいけない。勝てないけれども負けちゃいけない」は金言。



09/13 「めざましテレビ」

フジテレビ
高松宮殿下記念世界文化賞の発表を受けて、今年の受賞者5人を紹介。演劇・映像部門でミハイル・バリシニコフが受賞しました。また、発表会見の様子も流れ、ユッスー・ンドゥールが歌を披露したようでした。



09/04 「グッド!モーニング」ポルーニン

テレビ朝日
ポルーニン公演の騒動が扱われました。でも半分以上映画の宣伝込みの紹介みたいになってて、実際のところ着地点はどこなのかしら、と。返金希望の方にお金はもう戻ったのでしょうか…



08/29 「グッと!地球便」西野麻衣子

D-Life
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/article20141109.html
元々は読売テレビの番組なのですが、D-Lifeでも放送しています。今回は2014年11月に放送されたノルウェー国立バレエ プリンシパルの西野麻衣子さんの回。タイミングとしては映画撮影よりは後で、復帰後初の遠征があります、というタイミング。コンテンポラリーとクラシック両方のリハーサルがたっぷりあり、ダンサーとしての西野さんの魅力が味わえます。ロミジュリのパートナーが降板してしまい、お試しで若いダンサーと組んで「よそからゲストを呼ぶのは簡単だけど、それは彼のデビューの機会を奪うことでもあるし、できればデビューさせてあげたい」と語っていたのが印象的。

もちろん美しい劇場や行き届いたノルウェーの社会保障制度の話も。パリ公園の様子もありますし、母としての西野さんの様子も。夫婦で遠征に行くので、アイリフくんをニコライさんのご両親に預けに行くところとか。そして、それら取材映像をご自宅で見る西野さんのご両親の様子。西野さんに届けられた寄せ書きには、こちらまで涙が…。



08/27 熊川哲也とクレオパトラ、ときどき市村正親〜世界初公演の舞台裏〜

TBS
「クレオパトラ」特番。メインは市村正親さんと熊川哲也さんの対談で、作品のアイデアのお話など。なかなか良いグルーヴで会話されていました。熊川さんが一人で語ってらした場所は、鹿島先生のスタジオっぽい。シンデレラに勝てる女性は誰か、中村祥子さんに合う役は、と考えて「クレオパトラ」を選んだのだそう。音楽はカール・ニールセン「アラジン」に衝撃を受けて選んだとのこと。美術はダニエル・オストリングで、舞台模型もちら見せ。衣装は前田文子さんとのことで、こちらも楽しみですね。リハーサルの様子も見られました。中村祥子さんは吉村作治さんと対談して、クレオパトラについてお話を聞いていました。



08/27 あなたはもう、これ以上の作品に出会えないだろう〜ミュージカル「ビリー・エリオット」の感動

BS-TBS
オリジナルの映画やイギリス公演の映像、オーディションに記者発表などこれまでの特番映像に加えて、東京公演開幕後の特番ゆえ、いろんなキャストの組み合わせで見どころ映像がたっぷり。ビリーや父、ウィルキンソン先生といったこれまでフューチャーされていたキャストだけでなく、他のキャストの熱演も見られて、この断片だけで泣いてしまう私。。。



08/26 サワコの朝【田中泯/ダンサー】

TBS
田中泯さんがゲスト。もともと泯さんのお話はつい引き込まれてしまう魅力があるけれど、阿川さんがそれをさらに引き出してくださいました。面白かった。俳優を初めたきっかけから「まれ」で演じた塩まき職人のお話、警察官だったお父様との思い出と死生観、そして場踊りの話ももちろん。名言がたくさん飛び出した気がします。朱赤のアロハがよくお似合いでした。



08/22 アカデミーナイトG

TBS
ずっと番組で追っていたミュージカル「ビリー・エリオット」、いよいよ渡辺直美さんが観劇。終演後に前田晴翔くんとスタンバイの木村咲哉くんに話を聞きます。大変なシーンや一押しシーンなど彼らの生の声と彼ら自身のパフォーマンス映像が見られるのがいいですね。



08/19 指揮者 西本智実が愛の都イタリア・ヴェローナへ バレエ「ロミオとジュリエット」

テレビ東京
前回の特番と重複する映像も多かったですが、今回の方がリハーサル映像も多く、出演者紹介やコメントなどもありました。



08/19 「暮らしのレシピ」

TBS
モデル/俳優の柳俊太郎さんがナビゲーターの浜島直子さんと一緒にバレエの表現力を学びたいとチャレンジ。Kバレエゲートで杉野慧さんに指導を受けていました。


08/12 「世界ふしぎ発見!」

TBS
「劇的空間▽パリ誕生の秘密 オペラ座バレエ団で活躍する日本人バレリーナ
以前Kバレエ「白鳥」に出演する芸能人を選抜する番組に出ていた尾花貴絵さんがミステリーハンター。パリの成り立ちを紹介しつつ、今のパリの魅力もたっぷり。セーヌ川クルーズ、ヴェルサイユ宮殿の花火スペクタクル、そしてガルニエ宮のバレエにパリ祭。

映画「フェリシーと夢のトゥシューズ」とのタイアップでそちらの映像も。ガルニエ宮ではリハーサル中のマチューとプジョルの様子もあり、マチューはコメントも(こちらはル・グラン・ガラ2018の公演情報入り)。「ラ・シルフィード」の公演映像でエフィを踊るオニール八菜さんの様子もあり、リハーサル後にはインタビューも。盛りだくさんの楽しい内容でした。


08/11 ららら♪クラシック「ストラヴィンスキーの“春の祭典”」

NHK Eテレ
ストラヴィンスキー「春の祭典」がテーマ。ゲストの宮川彬良さんがバレエ団のレッスンピアニストだったというのは初めて知りました。引用された映像はマリインスキー・バレエ「春の祭典」で、初演時の大混乱ももちろん紹介。後にストラヴィンスキーが初演されたシャンゼリゼ劇場を訪れた際の「騒動はあの辺から始まったんだ」と話す映像や、振付助手だったマリー・ランバートの証言(これは何かで見た記憶あり)など貴重な映像もありました。映像コメンテーターとして鹿島茂さんも登場し、ディアギレフとバレエ・リュスにも言及。

宮川彬良さんによる曲の分析もわかりやすくて、良い回でした。人選がよかったです。


08/08 「世界の日本人妻は見た!」

TBS
ロシア国立バレエ・モスクワの西島勇人が登場。バレエダンサーが国家公務員であること、職種によって年金受給資格の長さが違い、コール・ドのバレエダンサーは受給資格を得るまで20年、ソリストは15年なのだそう。彼の場合はソリストで入団したので15年なのだとか。伸びやかでバネの効いた踊りも見られました。


08/06 「さまぁ〜ずの神ギ問」

フジテレビ
世の中のいろんな疑問を「いい疑問かどうか」判定していくバラエティなのだそう。そこで「バレリーナはタクシーを止める時も美しいのか」が神ギ問となり、法村友井バレエ団の法村牧緒さんに話を聞き、お嬢さんの法村珠里さんに密着することに。くっだらないけどなかなか面白かったわ。


08/05 「朝だ!生です旅サラダ」

テレビ朝日
ベラルーシの紹介で、ベラルーシ国立ボリショイ・バレエ団所属の待山貴俊さんが登場。楽屋でお話を伺う他、「白鳥の湖」で道化を踊る様子も。待山さんが活躍する舞台の映像が見られるのはありがたいけれど、公演中も客席をカメラで撮るのはやめて欲しいー。


08/04 「ニュース シブ5時」

NHK総合
「シブ5時エンタメ」でミュージカル「ビリー・エリオット」を紹介。木村咲哉くんフューチャーでした。4時台に続いて吉田鋼太郎さんのコメントも。


08/04 「4時も! シブ5時」

NHK総合
「クリス松村の会いた〜いっ!」のコーナーで、ミュージカル「ビリー・エリオット」出演中の吉田鋼太郎さんに話を聞いていました。「ビリー・エリオット」を軸にデビューの頃からのお話も。プレビュー公演のものかしら、「ビリー・エリオット」日本公演キャストの映像が見られました。


08/03 「歴史の目撃者たち」

BBCワールドニュース
原題「Witness」というドキュメンタリーです。ヌレエフの亡命についての話題が登場するというので視聴したのですが、全体の中でヌレエフの話題は5分ほど。1961年にキーロフ・バレエをロンドンに招待したインプレサリオのVictor Hochhauserが登場しました。レニングラードでヌレエフの踊りを見て、ロンドン公演を交渉したというのに、最初の訪問地パリでヌレエフが亡命してしまったために、ヌレエフ抜きのロンドン公演となってしまったのですね。

BBCのアーカイブで英語字幕付き動画が見られます。
http://www.bbc.co.uk/programmes/p058cs64


08/03 「ごごナマ オトナの遊び場」

NHK総合
「信長-NOBUNAGA-」に出演するファルフ・ルジマートフと岩田守弘さん、そして藤間蘭黄さんがスタジオに生出演。5分ほどでしたが、公演直前の練習の合間をぬってということでした。お三方の表情が充実を物語りますね。公演映像が流れたので、一体どんな感じなのかなというのもよくわかりますし。ルジマートフが変わらず素敵で嬉しかったわ。


08/02 「アカデミーナイトG」Kバレエ「クレオパトラ」

TBS
Kバレエカンパニーの新作「クレオパトラ」を紹介。世界初演前なので作品映像や内容に触れずにPR。



07/31 旅するドイツ語 第17回 ウィーンで音楽を奏でる!

NHK Eテレ
初回放映時に見損ねて、今クールの放送でようやく録画できました。インタビューのコーナーでウィーン国立歌劇場バレエ学校ピアニスト、渡辺泰人さんが登場。現職についたきっかけ、お仕事の大変さなどを語ってくださいました。彼がピアノを弾いていたのはバレエ学校の卒業生のクラスとのことでしたが、芝本梨花子さんらしき方がいらしたような。


07/30 圧倒的な美と感動 舞劇「朱鷺」〜今、この愛に涙せよ

BS-TBS
今年オーチャードホールで上演される上海歌舞団「朱鷺」の番宣。仰々しいコピー付きの番組の作りには閉口しますが、作品はとても美しいし、しっかり作られていて面白そう。関係者のインタビューもじっくり楽しみました。


07/25 Rの法則「1日5分で大変身!目指せ!後ろ姿美人」竹田純

NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/rhousoku/up-the-attractiveness/12427.html
10代向けの番組みたいなのですが、竹田純さんが後ろ姿についてのお悩みを解消するエクササイズを紹介。これ、DVDにダビングした後もHDDに残して私もエクササイズしよ...と思いました。


07/18 「アカデミーナイトG」ビリー・エリオット本日開幕

TBS
ずっと番組中で追いかけてきたミュージカル「ビリー・エリオット」がついに開幕ということで、子役たちの成長の軌跡をメインに、あらすじやキャストも紹介。


07/17 「指揮者 西本智実が奏でる愛の物語 バレエ「ロミオとジュリエット」

テレビ東京
西本智実さんのイルミナート・バレエ、今回再演される「ロミオとジュリエット」の番宣。西本さんとダンサー、スタッフたちが作品を作り上げていくところ、イエルサレムやヴェローナを訪れ得た現実。リハーサル映像の他、過去の各演目の映像も。その中には2010年に上演した「ロミオとジュリエット」の映像もありました。


07/11 「オー!!マイ神様!!」柚希礼音

TBS
柚希礼音さんの神様は上野水香さん。上野さんがすごいのは異論ありませんし、柚木さん取り上げてくださってありがとう!って思うのですが。番組的にそのすごさを強調するあまり、バレエやダンサーについて「その情報はどうなの?」というのがちょいちょいありまして、それにもにょったかな…。


07/02 「題名のない音楽祭」レーピンの音楽会

TBS
残念ながらザハロワは客席に。でも、レーピンはいつもザハロワと踊る時だけ「動物の謝肉祭」より「白鳥」を演奏するそうなので、今日は妻への愛の証としてこれを演奏しますって。なら仕方ないわね。普段ピアノとチェロだけで聴くこの曲をヴァイオリンコンチェルトで聴くのは新鮮でした。



06/24 「新・情報7daysニュースキャスター」

TBS
モスクワ国際バレエコンクールでジュニア部門ソロ優勝の千野円句さんのコメントを紹介。


06/23 「スーパーステージ」ビリー・エリオット / Kバレエ・ユース「眠れる森の美女」 / 青島広志の「バレエ音楽ってステキ!」

TBS
ミュージカル「ビリー・エリオット」紹介。記者発表と公開稽古の様子が流れました。Kバレエ・ユース「眠れる森の美女」は中村祥子さんによる主演の八木りささん、佐伯美帆さんへの公開レッスンの映像を交えて。「バレエ音楽ってステキ!」は過去の公演の映像を交えつつ今年の見どころを。前田真由子さんの解説と、この秋初演される「クレオパトラ」序曲を本邦初披露、中村祥子さんによる「クレオパトラ」見どころ解説、藤原道山さんが特別出演でバレエジェンツと共演するとか。


06/17 綾瀬はるかが見た!リトルダンサー奇跡の600日『ビリー・エリオット』開幕直前SP

TBS
綾瀬はるかさんをナビゲーターに、この夏開幕するミュージカル「ビリー・エリオット」特番。ビリー役オーディションの様子を紹介し、綾瀬さんが稽古場を訪れます。他のキャストの方々のコメントのほか、宮本亜門・市村正親・熊川哲也といった面々も熱く語っておられました。


06/13 「アカデミーナイトG」青島広志・ビリー・エリオット

TBS
青島広志のバレエ音楽ってステキ!のプロモーションで青島広志さんがスタジオに。キーボードを持ち込んでの実演付き。今回はすごいヒット。さすが青島先生面白かったです!

もう1つはミュージカル「ビリー・エリオット」プロモーションで父親役の吉岡鋼太郎さんと益岡徹さんがVTRで登場。ビリー役の子役さんたちからの質問に二人が答えます。


06/09 「4時も!シブ5時」熊川哲也 Kバレエユース

NHK総合
クリス松村の「会いたーい」のコーナーに熊川哲也さん。今回はKバレエユースを指導する様子と、インタビューなど。この年代の方たちはスポンジのように吸収して伸びてもいくでしょうけれど、指導する立場としては責任も重いですね。熊川さん、さすがだと思いました。


06/06 「アカデミーナイトG」宮尾俊太郎、石橋奨也

TBS
Kバレエ「ジゼル」のプロモーションで宮尾俊太郎さんと石橋奨也さんがスタジオに。「ジゼル」の解説と美しく見える所作を実践。石橋さん、すごくおもしろい(笑)。そういえば前週の、杉野さんが出演された週を見そびれてしまったわ…。


06/03 サワコの朝 ゲスト:森山未來

TBS
森山未來さんの番組が続きます。阿川さんも極上の引き出し上手でいらっしゃいますが、森山さんもトークお上手ですよね。あっという間に時間が過ぎました。古田新太さんとのエピソードは本当に面白かったし、ダンスについてのお話も「ちゃんと受け止めてくれる人」に対しての語り口でとても誠実。筋の通ったところがいいなぁ。


06/03 サワコの朝 ゲスト:森山未來

TBS
森山未來さんの番組が続きます。阿川さんも極上の引き出し上手でいらっしゃいますが、森山さんもトークお上手ですよね。あっという間に時間が過ぎました。古田新太さんとのエピソードは本当に面白かったし、ダンスについてのお話も「ちゃんと受け止めてくれる人」に対しての語り口でとても誠実。筋の通ったところがいいなぁ。



05/31, 6/7, 6/19 「白の美術館」森山未來

テレビ朝日 / BS朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/shirobi/backnumber/0005/
ポーラの提供番組。真っ白な空間に制限時間は1時間、そこで何を表現しますか、と。地上波は2分x2週で”演者の表現する様子を凝縮”し、BSではインタビューなども。森山未來さんは、石をカゴいっぱいい運び込んで「表現」。少し前にNHKの「ごごナマ」でも石を使った公演の映像があったけど、それの延長線上にある表現なのかな。他にも様々な活動の映像が色々見られました。これ、面白い番組ですね。


05/21 松平健・高将の名言 田中泯…前衛ダンス農業のわけ

BSジャパン
田中泯さんをゲストに迎えた回。この番組、牧さんがゲストで出られた時も思ったけれど、松平健さんがじっくり話を聞く姿勢がさすがだと思うのでした。泯さんも聞かせるお話をされますし、相手が松平さんだからこそ話すことというのもあったのでは。やーでも泯さんかっこいい。


05/08 「ごごナマ おしゃべり日和」森山未來

NHK総合
森山未來さんがゲスト。幅広い活動についての話題の中で、当然ながらダンスについての話題も。イスラエルで自撮りした映像などと共に、最新公演として辻本知彦さんとのユニットきゅうかくうしおの「素晴らしい偶然をあつめて」の映像も流れました。



04/25 「アカデミーナイトG」宮尾俊太郎、山本雅也

TBS
Kバレエ「海賊」プロモーションで宮尾さんと山本さんがスタジオに。山本さんはお祖母様の手作りのレッスン着を着ているんですって。タイツまで手作り?と宮尾さんも驚いてました。


04/25 「スッキリ!!」セルゲイ・ポルーニン

日テレ
映画のプロモーションで来日中のポルーニンが、生放送で『Take Me To Church』を披露。その前に彼の人生と映画についても紹介あり。生放送のテレビスタジオはバレエダンサーが踊るのに適切なコンディションではない中、しっかり踊ってくれました。ダンスの後の質問は彼の声をもう少ししっかり拾って欲しかったし、質問する側にもある程度準備して欲しかったとは思います。


04/22, 05/06, 05/13 舞台芸術の魅力(’17)

放送大学1
http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H29/kyouyou/C/ningen/1554891.html
今年改定された放送大学の「舞台芸術の魅力(’17)」も全15回のうち3回でバレエ/ダンスを扱っていました。

第4回 「バレエの古典」講師 鈴木晶(資料映像としてグルジア国立バレエの映像)
第5回 「バレエの現在」講師 鈴木晶(牧阿佐美バレヱ団のレッスンの様子と、牧阿佐美さんと鈴木先生の対談)
第6回 「ダンスの現在-モダンダンスからコンテンポラリー・ダンスへ」講師 尼ヶ崎彬(資料映像として土方巽、ヴッパタール舞踊団「カフェ・ミュラー」(2006)の映像)

舞台芸術の魅力 (放送大学教材)



04/22 LOVEかわさき「かわさき春の芸術祭 アルテリッカ特集!」

TVK
芸術祭の内容を紹介。スタジオにスターダンサーズ・バレエ団の総監督 小山久美さんが登場し、バレエ「ドラゴンクエスト」を紹介。カンパニーのスタジオにも取材が入り、鈴木稔さん、渡辺恭子さん、加藤大和さん、宮司知英さん、石川聖人さんのお話もあり。今回は衣装と装置を一新されたんですね。


04/18 アカデミーナイトG

TBS
スタジオゲストに高橋大輔さんを迎えてのダンス特集でミュージカル「ビリー・エリオット」も紹介されました。今回は見所解説が秀逸で、英国版のDVDを引用しながらたっぷり紹介していました。


04/18 セブンルール【世界が注目!ダンサー菅原小春がしている7つのこと】

フジテレビ
新番組の第1回目に選ばれたのが菅原小春さん。カメラが密着しての取材の中で自分の7つのルールを明らかにしていくという番組。ダンスやってる人はすごく刺激になったと思うし、そうじゃなくても、やっぱり刺激を受けました。目が離せない人ですね。



03/25 「本音トークドキュメント! 熊川哲也×膳場貴子 コトバで踊る。」

TBS
熊川さんと膳場さんのトークは2007年以来だそうです。久しぶりに熊川節を聞いた気分。


03/25 名曲アルバムプラス「白鳥の湖」

NHK総合
ダンサー:川口ゆい / 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団 / 指揮:角田鋼亮
名曲アルバムプラス、って初めて知ったのですが、世界の名曲を独自の映像で見せる「名曲アルバム」の姉妹番組、だそうです。「白鳥の湖」は川口ゆいさんが振付も手がけ、”女性の中に共存する二面性を、バレエの傑作「白鳥の湖」に登場する白鳥と黒鳥になぞらえて表現した作品”とのこと。CGも効いていて、ドラマティックな作りでした。


03/20 ムーミンがバレエを踊る!〜フィンランド国立バレエ団 初来日公演

テレビ東京
フィンランド国立バレエ団来日特番。イッタラ、アラビア、マリメッコ、フィンエアからフィンランドを紹介しつつ、ムーミンと作者のトーベ・ヤンソン、フィンランド国立歌劇場内部や観客達、そしてバレエ団と芸術監督ケネス・グレーヴ、ムーミン・バレエの準備風景と衣装付きリハーサル、とみっちり詰め込んだ特番でした。日本人ダンサー小守麻衣さん、松根花子さんの他、マリインスキーから移籍したセルげい・ポポフの姿もありました。着ぐるみで踊るための特製ポワントは興味深いです。


03/12 「スーパーステージ」

TBS
上野水香さんがゲスト出演する柚希礼音さんのREON JACK2の公開リハーサル、Kバレエ「ピーターラビット/レ・パティヌール」と熊川さん出演の「パッションフルーツ」、そしてニーナ・アナニアシヴィリの最後のクラシックガラ、を紹介していました。


03/12 「第59回グラミー賞授賞式」

WOWOW
妊娠中のビヨンセのパフォーマンス、シェルカウイの振付だったそうですね。ビデオプロジェクションも凝っていたし、テーマも凄くよかった。神々しかったー。


03/06 「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」

TBS
元宝塚女優妻の夫は、こだわりだらけのバレエダンサー。その驚きの生活に密着!
という事で、元宝塚の城咲あいさんとKバレエの伊坂文月さんが登場。困ったさん夫として伊坂さんのこだわりが紹介されました。食事は1日1食で深夜0時から。卵1パックを1食で食べきるのだそうです。この時間から食事一緒に取るのはキツいですね…。帰宅後はまずその日のおさらい的に部屋の中で踊り、食事の後は熊川さんの映像を見て熊川さんの凄いところを延々語り続けるのだそう。

伊坂さん、あのネスカフェのCMにリハーサル要員として参加されたのだそう。それから彼に憧れていたのですって。あのネスカフェのCMって、一体何人のバレエダンサーの運命を変えたのでしょうね。凄いわ。


03/05 特別番組「熊川哲也とピーターラビット™の世界」

BS-TBS
熊川哲也さんがイギリス湖水地方のビアトリクス・ポター資料館を訪問。熊川さんのピーターラビット初版コレクションなんてお宝も登場しました。熊川さんがバレエ博物館をオープンされる時には目玉になるんじゃないかしら(笑)。

Kのスタジオでダンサーが実際に着ぐるみで踊るところや、クリストファー・カー先生による指導の様子も。誰より動いて精力的に指導されてました。

「レ・パティヌール」は熊川さんも踊ったブルーボーイに配役された山本雅也さんに注目。熊川さんが出演する渡辺レイさんの新作についても紹介。熊川さんはクラシックにこだわりをお持ちだろうけれど、ファンはこういう作品もたくさん見たいと思うな。


03/04 ミュージカル「雨に唄えば」公開直前SP

TBS
アダム・クーパーと天海祐希さんが登場した記者会見やお二人の対談、前回来日時の特番、アカデミーナイトGの渡辺直美さんとの対談など。



02/28 「アカデミーナイトG」

TBS
道具で凄さを知る!というコーナーでニーナ・アナニアシヴィリのトウシューズを取り上げていました。解説は「クララ」「クロワゼ」元編集長阿部さや子さん。


02/25 「コドモのひらめきオトナの冒険〜”なむはむだはむ”の世界〜」森山未來

NHK Eテレ
コドモのひらめきを森山未來たちオトナが演劇作品にしようというコドモ発射プロジェクト。今年1月の2週間、城崎国際アートセンターで滞在型製作に取り組んだのは、シンガーソングライター前野健太、作家・演出家・俳優 岩井秀人、そして森山未來の三人。その稽古場に密着した番組が放映されました。

アーティスト・イン・レジデンスの製作風景が見られるのはそれだけで面白いところに、コドモたちの奇想天外な発想をオトナが負けずに面白い演劇にしていくという製作。彼ら自身がコドモのスピリット全開であり、プロフェッショナルとしての矜持でもってガチで取り組んで、壁にぶつかって途方に暮れて。

こういう「場」が身近にある城崎の人が羨ましいですね。内子座で森山さんが滞在型製作している様子を見た時も思ったけれど。城崎の最終日で発表されたものと、東京芸術劇場で上演されたものとの断片両方を見る事ができました。



02/21 「アカデミーナイトG」中村祥子、栗山廉、アダム・クーパー

TBS
ミュージカル「Singin' in the Rain 雨に唄えば」の紹介で渡辺直美とがアダム・クーパーと対談。アダムにエンターテイナーとしての心得を聞く、というものでしたが、とてもよい感じだったわ。ユーモアたっぷりでチャーミングなアダムが見られました。

もう1つはKバレエの「ピーターラビット/レ・パティヌール」公演の紹介で、中村祥子さんと栗山廉さんが登場。普段のバレエにはない床を滑る動きを実際に見せたり、ファンからの質問に答えたり。祥子さんは前髪降ろしてるせいか普段とちょっと雰囲気が違ったように思いました。


02/21 グッと!地球便 #274 タジキスタン

Dlife
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/article20140216.html
読売テレビで放映中の番組だそうですが、Dlifeで放映されたのを見ました。海外で暮らす日本人のために、日本の家族から海外の家族に最高の贈り物を届けよう、という内容で、山口智充が案内役。読売テレビでこの回が放映されたのは何年か前の事ではないかと思います。バレエ関係の方も何名も登場されているようで、ノルウェー国立バレエの西野麻衣子さんやジョージア国立バレエの鷲尾佳凛さんのお名前も。

この回はタジキスタンのバレエ団に所属する白羽萌さんとご両親を繋ぐ、という回。ペルミのバレエ学校へ留学後、2011年にロシア・ペトロザヴォーツクオペラバレエに所属するも監督とうまくいかずに役がもらえない不遇の時代が続き、2年前にタジキスタン アイニー国立オペラバレエに移籍した、とのこと。旧ソ連の中でも貧しい国といわれるこの国で不便な事も多い中での日々の様子を紹介。


02/19 大ヒットミュージカル「雨に唄えば」の舞台裏を徹底レポート!

BS-TBS
ミュージカル「Singing in the Rain 雨に唄えば」特番。今回の製作記者会見のために来日したアダム・クーパーと、同席した天海祐希さんのコメント、それと前回公演の特番の映像を組み合わせたもの、でしたでしょうかね。


02/17 あさイチ「プレミアムトーク 吉田都」

NHK総合
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170217/1.html
吉田都さんをゲストに迎えてのあさイチプレミアムトーク。50代を迎えて踊り続ける今のクラスレッスンやジムでのトレーニングといった現在の様子と共に、NHKのアーカイブから都さんの過去の映像もふんだんに。美しい立ち方、ハイヒールでの歩き方などの実践、体幹を鍛えるエクササイズなども。最後にお母様からのお手紙…子供を海外留学へ送り出す母の心情に、こちらも涙が。。


02/14 「アカデミーナイトG」

TBS
ミュージカル「ビリー・エリオット」のオーディションを勝ち抜いた4人がスタジオゲストで登場。


02/06 スッキリ!

日テレ
ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人男子二人が入賞したことを受けて、お二方の周辺に取材したものが流れました。


02/05 松平健・高将の名言 牧阿佐美プリマバレリーナの条件

BSジャパン
松平健さんがホストの番組に牧阿佐美さんが出演。カンパニーの創立60周年記念公演「飛鳥 ASUKA」の映像やそのお話と、子供の頃から現在に至るまでのお話を聞くものでした。



01/28 世紀のバレリーナ アナニアシヴィリ“最後のクラシック”への軌跡

BS-TBS
ニーナの最後のクラシック・ガラ特番。ニーナ、三浦雅士さん、カンパニーのダンサーらのコメントの他、古い映像は他のDVDなどでも見られるものだったと思いますが、ジョージアで行われたフォーキン・ガラの映像が見られたのはよかったです。


01/25 旅するフランス語 常盤貴子 第16章「大人のたしなみ (1)」

NHK Eテレ
大人のたしなみとして、パリ・オペラ座バスティーユでオペラを見ましょう、という回。使える言い回しとともに、ガルニエ宮がちらり、バスティーユでは劇場ツアーに同行したり、衣装制作部を見学したり、音楽監督のフィリップ・ジョルダンに話をきいたり。次の機会にはぜひガルニエでバレエを紹介して下さい〜。


01/20 ぼくらはマンガで強くなった「夢をカタチに!究極の肉体表現!〜バレエ〜」

NHK BS1
「ぼくらはマンガで強くなった」に山岸凉子さんの「アラベスク」が登場。残念ながら山岸さんのご出演はありませんでしたが、直筆で書かれたアンケートをもとに丁寧に作られた番組でした。

上野水香さんがメインで、紹介VTRで東京バレエ団のクラスレッスンや柄本さんとの「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」、木村さんとの「ジゼル」!、「ボレロ」などの映像もありました。

更には日本でバレエマンガが流行った背景や「アラベスク」が登場した頃の事、山岸さんがその後「テレプシコーラ」で再びバレエマンガに取り組まれた際の事など、本当に興味深く。当時アシスタントをされていたという槇村さとるさんや担当編集の方も登場。大人バレエの生徒さん、SKE48の須田亜香里さん、そしてこれからの日本バレエを担う世代、東京バレエ団芸術監督の斎藤友佳理さんのお話も。


01/14 バレエ王子〜あなたに薔薇の花束を〜愛媛・内子座編 完全版

日テレプラス
BSスカパーと日テレプラスによるバレエジェンツ4ヶ月連続特集の最後を飾る番組。前月BSスカパーで放映された内子座編の完全版です。公演の様子はほぼ全編収まっていたのでしょうかね。おかげでとっても楽しめました。今回の特番を全て見て、宮尾さんのプロデュース力とコンテの良さを発見しました。それと杉野さんのコンテも好き。みなさんいろんな可能性があると思うので、熊川さんの傘の下だけでなく、そことは違う場所でも見てみたいな、とも。


この記事の更新履歴

  • 2017.11.10 - 8-10月分追加