Gala Des Etoiles

エトワール・ガラ-ミラノ・スカラ座-2015

出演:ロベルト・ボッレ、スヴェトラーナ・ザハーロワ、マッシモ・ムッル 他
収録:2015年10月 ミラノ・スカラ座 / 142分

画像リンク先:amazon.co.jp - 国内仕様版DVD

エトワール・ガラという公演は日本でも開催されているので、もしかしたら多少の混乱を招くかもしれませんが、こちらはスカラ座で2015年10月30,31日に上演された公演です。2015ミラノ万博記念 ミラノ・スカラ座の2015/16シーズンの開幕を飾る公演、ということでとても華やか。


商品情報

海外|DVD(Opus Arte:OA1220D)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2016/10/28

[海外盤] Release: 2016/09/30

海外|Blu-ray(Opus Arte:OABD7207D)

[国内仕様盤] Release: 2016/10/28

[海外盤] Release: 2016/09/30

クレジット

指揮
デヴィッド・コールマン David Coleman
演奏
ミラノ・スカラ座管弦楽団 Orchestra of the Teatro alla Scala
撮影
Lorena Sardi

収録

  • 「三つの前奏曲」 Three Preludes

    振付:ベン・スティーヴンソン Ben Stevenson
    音楽:セルゲイ・ラフマニノフ Sergei Rachmaninov
    ピアノ:ロベルト・コミナーティ Roberto Cominati

    ルシア・ラカッラ Lucia Lacarra
    マーロン・ディノ Marlon Dino


  • 「マノン」第一幕第二場パ・ド・ドゥ L’histoire de Manon Act I, Scene II Pas de deux

    振付:ケネス・マクミラン Kenneth MacMillan
    音楽:ジュール・マスネ Jules Massenet

    メリッサ・ハミルトン Melissa Hamilton
    クラウディオ・コヴィエッロ Claudio Coviello


  • 「病める薔薇」 La rose malade

    振付:ローラン・プティ Roland Petit
    音楽:グスタフ・マーラー Gustav Mahler

    マリア・アイシュヴァルト Maria Eichwald
    ミック・ゼニ Mick Zeni


  • 「グラン・パ・クラシック」 Grand Pas Classique

    振付:ヴィクトル・グソフスキ Victor Gsovsky
    音楽:ダニエル=フランソワ・オベール Daniel-Francois Auber

    アリーナ・ソーモワ Alina Somova
    レオニード・サラファーノフ Leonid Sarafanov


  • 「カルメン」パ・ド・ドゥ Carmen Pas de deux

    振付:ローラン・プティ Roland Petit
    音楽:ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet

    ポリーナ・セミオノワ Polina Semionova
    ロベルト・ボッレ Roberto Bolle


  • 「瀕死の白鳥」 The Dying Swan

    振付:ミハイル・フォーキン Michail Fokin
    音楽:カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saens

    スヴェトラーナ・ザハーロワ Svetlana Zakharova


  • 「ドン・キホーテ」第三幕グラン・パ・ド・ドゥ Don Quixote Act III Grand Pas de deux

    振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
    音楽:ルートヴィヒ・ミンクス Ludwig Minkus

    ニコレッタ・マンニ Nicoletta Manni
    イワン・ワシーリエフ Ivan Vasiliev


  • 「ライト・レイン」パ・ド・ドゥ Light Rain Pas de deux

    振付:ジェラルド・アルピノ Gerald Arpino
    音楽:ダグラス・アダムス Douglas Adams / リュス・ゴティエ Russ Gauthier

    ルシア・ラカッラ Lucia Lacarra
    マーロン・ディノ Marlon Dino


  • 「ロミオとジュリエット」パ・ド・ドゥ Romeo and Juliet Act I, Scene VI Pas de deux

    振付:ケネス・マクミラン Kenneth MacMillan
    音楽:セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev

    マリア・アイシュヴァルト Maria Eichwald
    マッシモ・ムッル Massimo Murru


  • 「スパルタカス」パ・ド・ドゥ Spartacus Pas de deux

    振付:ユーリ・グリゴローヴィチ Yuri Grigorovich
    音楽:アラム・ハチャトゥリアン Aram Khachaturian

    マリア・ヴィノグラードワ Maria Vinogradova
    イワン・ワシーリエフ Ivan Vasiliev


  • 「プロトタイプ」Prototype

    振付:マッシミリアーノ・ヴォルピーニ Massimiliano Volpini
    音楽:ピエロ・サルヴァトーリ Piero Salvatori
    制作:ファウスト・ダーゼ Fausto Dase
    映像効果・ビデオ編集:Avantgarde Numerique / Xchange VFX Design

    ロベルト・ボッレ Roberto Bolle


  • 「海賊」パ・ド・ドゥ Le Corsaire Pas de deux

    振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
    音楽:リッカルド・ドリゴ Riccardo Drigo

    スヴェトラーナ・ザハーロワ Svetlana Zakharova
    レオニード・サラファーノフ Leonid Sarafanov


  • フィナーレ: 歌劇「ラ・ジョコンダ」より「時の踊り」 Dance of the Hours from ”La Gioconda”

    振付:ステファニア・バッローネ Stefania Ballone
    音楽:アミルカレ・ポンキエッリ Amilcare Ponchielli


演目・人名は一部を除いてナクソスジャパンの表記より

感想

スカラ座のエトワールとシーズンゲスト、プリンシパルに加えて外部からもゲストを招待しての豪華なシーズンオープニング・ガラの映像です。こうして並ぶとロシアからのダンサーが多くて、どこの国のガラ?と思う位。それと、最近のガラとしてはクラシック演目の比率も高かったように感じます。ボッレがヴィデオプロジェクションの自分自身と共演する「Prototype」と、ザハロワがプリセツカヤに捧げた「瀕死の白鳥」と、ムッルとアイシュヴァルトが踊るマクミラン版のロミジュリとが一夜に見られるのはスカラ座ならではですね。

鉄板だったのは、実生活もカップルであるラカッラとディノのペアでした。演目も自分たちに似合うものを持ってきていたし。特に「三つのプレリュード」のラカッラのしなやかにコントロールされるムーヴメントにはため息をつくばかり。ニュアンスがあって、何というか、つま先や指先のその先の先の空気まで自在に操っているかのよう。この作品はずいぶん前にニーナとウヴァーロフが踊るのをテレビ放映で見ていますが、それとはまた違った物語が紡がれていたようにも思えて興味深かったです。

もう一組の実生活カップル、ヴィノグラードワとワシーリエフも鉄板「スパルタカス」でした。ワシーリエフ、若干おっちゃん入ってきましたね。特にバジルの時の、キトリ役ニコレッタ・マンニを見つめる感じが(笑)。彼女もキトリは得意みたいですが、ワシーリエフと踊って引き立つタイプではないのかな、という印象。

全体の印象として、急造ペアとおぼしき組み合わせが多かったかしら?よく踊るペアならではのパ・ド・ドゥが与えてくれる1+1が10にも100にもなるような悦楽はあまりなくて残念。もちろん、イロイロな組み合わせで見られるのも面白い事ではあるのですが。コヴィエッロくんとかゼーニさんが日本で彼らがこの作品を踊るのを観る機会はなさそうよねーという作品で見られたのはよかったかも。


Official Trailer

vc vc