ワガノワ・バレエ・アカデミー バレエに選ばれた子どもたちの8年間 [DVD]

出演:ニコライ・ツィスカリーゼ、アルティナイ・アスィルムラートワ 他
収録:73分 + 特典映像16分 + 4分(amazon限定追加特典)

画像リンク先:amazon.co.jp - 国内盤DVD

通常盤とamazon.co.jp限定DVDの2種類があって、amazon.co.jp限定盤は追加の特典映像(パキータのマズルカを踊る生徒たち)が入るオンデマンド製造(DVD-R)となります。オンデマンド製造は在庫切れがないのが利点な反面、再生機器の環境によっては再生できない場合もあるようです。


商品情報

国内|DVD(新書館/キングインターナショナル:DD15-1104) Release: 2015/11/25

特典映像:「クラス・コンサート」より抜粋
Amazon.co.jp限定盤特典:「パキータ」よりマズルカ

特典映像:「クラス・コンサート」より抜粋

クレジット

出演
ニコライ・ツィスカリーゼ Nikolay Tsiskaridze
アルティナイ・アスィルムラートワ Altynai Asylmuratova

マリア・コーストイチェワ / アリョーナ・コワリョーワ / ヴェーラ・セーゴワ / パヴェル・オスタペンコ / ロマン・マリシェフ / マクシム・セワーギン / セルゲイ・オスミンキン ほか

チャプター

  1. 入学試験
  2. 入学式
  3. 1年生のレッスン
  4. 2年生への進級試験
  5. 2年生のレッスン
  6. 寮生活
  7. 「ドン・キホーテ」の練習
  8. 「ドン・キホーテ」の舞台
  9. 3年生への進級試験
  10. 3年生のレッスン
  11. 「くるみ割り人形」の練習
  12. 「くるみ割り人形」の舞台
  13. 4年生への進級試験
  14. 4年生のレッスン
  15. 校内コンサートの練習と本番
  16. アスィルムラートワのインタビュー
  17. 「ハンガリー狂詩曲」の練習
  18. 「ハンガリー狂詩曲」の舞台
  19. 5年生への進級試験
  20. 5年生のレッスン
  21. モダン・バレエのレッスン
  22. 創立275周年コンサート
  23. 6年生への進級試験
  24. 6年生のレッスン
  25. マイムのレッスン
  26. 「くるみ割り人形」のリハーサル
  27. 「くるみ割り人形」の舞台
  28. 7年生への進級試験
  29. エピローグ〜卒業、そしてプロのダンサーへ〜

感想

バレエ学校のドキュメンタリーはいろいろありますが、こちらは特定の学年の生徒たちを入学から追い続けたドキュメンタリーです。ただし、タイトルには8年間とありますが実際には6年生までで、「この後2年間としてプロとして通用する準備を…」とまとめたエピローグが入る、というものでした。そこを端折ってしまったものに「8年間」とつけるのは、あまりよろしくないのでは…。少なくとも私は卒業まで追ってくれるのだと思って見たので、落胆しました。

彼らが最上級生としてワガノワ・バレエ学校「くるみ割り人形」で来日する前の発売ということで、公演に関連づけて楽しむという位置づけだったのね、と今はわかるのですけれど。適切なタイトルと商品説明があれば、また印象は違っていたと思います。


内容は、入学試験から始まって、各学年で生徒たちが学ぶ事を紹介しつつ、校内コンサートや「くるみ割り人形」などの公演準備、そして毎年の進級試験で重視される点なども。幼い体型だった彼らが、必要な技術と筋肉、そして表現力をつけていく様子には感嘆しますし、毎日の先生方の指導にも頭がさがります。彼らが4年生の時に校長がアスィルムラートワからツィスカリーゼにかわるのですが、その辺はサラリと。そして、ワガノワのドキュメント見る度に思うことですが、進級試験のあとに先生やピアニストさんに生徒が感謝の花束を捧げる習慣は素敵です。

入学時に50数名いた中から、ドキュメンタリーで紹介されるのはごく一部の生徒だけ。彼らが8年生になった年の新学期(9月)から本拠地での「くるみ割り人形」へ向けての様子はWOWOWのドキュメンタリーで見られましたが、マーシャ役にフォーカスした番組だったせいか、紹介される生徒はあまり重なっていなかったように思います。両方を連続して見たらまた発見があるかも。彼らがカンパニーで活躍して名前を聞くようになった頃に見直すのも面白いですよね。バレエ学校ものの、楽しみ方の1つ。

あとは、画質・カメラワークもブラッシュアップをお願いしたいところ。あ、特典映像はおまけ程度に考えておくとよいと思います。