The Orangery Nights - CHATEAU DE VERSAILLES Maurice Bejart / Bejart Ballet Lausanne

noimage

振付:モーリス・ベジャール
出演:ベジャール・バレエ・ローザンヌ
収録:2014年6月19日 ヴェルサイユ宮殿オランジュリー庭園 / 80分

録画

クラシカで録画。ベルサイユのオランジュリー庭園に舞台と客席をしつらえての公演、贅沢な空間ですね。野外劇場によく似合うガラでした。


クレジット

芸術監督
ジル・ロマン Gil Roman
撮影
ステファン・ルバール Stephane Lebard

演目

「7つのギリシャの踊り」 7 Danses Grecques

振付:モーリス・ベジャール Maurice Bejart
音楽:ミキス・テオドラキス Mikis Theodorakis

Alanna Archibald / Aldriana Vargas Lopez / Angelo Perfido / Carme Maria Andres / Chiara Paperini / Chiara Posca / Cosima Munoz / Denovane Victoire / Fabrice Gallarrague / Felipe Rocha / Florianne Bigeon / Hector Navarro / Iker Murillo Badiola / Ilenia Vinci / Jasmine Cammarota / Javier Casado Suarez / Jiayong Sun / Juan Jimenez / Juan Pulido / Julien Favreau / Kathleen Thielhelm / Keisuke Nasuno / Kwinten Guilliams / Laurence Rigg / Lisa Cano / Maëliss Fosse / Marco Merenda / Mari Ohashi / Marsha Rodriguez / Masayoshi Onuki / Mattia Galiotto / Michelle Willems / Oscar Chacon / Paride Biasuzzi / Pauline Voisard / Valentin Levalin / Vitali Safronkine


「『椿姫』のためのエチュード」 Etude pour une dame aux camelias

振付:モーリス・ベジャール Maurice Bejart
音楽:フレデリック・ショパン Frederic Chopin / フランチェスコ・チレア Francesco Cilea

椿姫:エリザベス・ロス Elisabet Ros
8 Garcons:Mattia Galiotto / Hector Navarro / Iker Murillo Badiola / Marco Merenda / Felipe Rocha / Angelo Perfido / Juan Pulido / Javier Casado Suarez

「バクチ Ⅲ」 Bhakti III

振付:モーリス・ベジャール Maurice Bejart
音楽:インドの伝統音楽

シャクティ:Marsha Rodriguez
シヴァ:Fabrice Gallarrague
Les hommes en priere:Mattia Galiotto / Paride Biasuzzi / Javier Casado Suarez / Angelo Perfido / Denovane Victoire / Kwinten Guilliams


「ボレロ」 Bolero

振付:モーリス・ベジャール Maurice Bejart
音楽:モーリス・ラヴェル Maurice Ravel

メロディ:ジュリアン・ファヴロー Julien Favreau
リズム:Keisuke Nasuno / Oscar Chacon / Fabrice Gallarrague / Felipe Rocha / Jiayong Sun / Hector Navarro / Mattia Galiotto / Valentin Levalin / Vitali Safronkine / Laurence Rigg / Paride Biasuzzi / Iker Murillo Badiola / Juan Pulido / Javier Casado Suarez / Juan Sanchez / Masayoshi Onuki / Denovane Victoire / Kwinten Guilliams


感想

最初の「ギリシャの踊り」が進むうちに日が沈んできて、ダンサーたちの白いパンツと肌がライトに映えていくのが印象的でした。地中海を渡る風が、客席にも感じられそうな空間。

「『椿姫』のためのエチュード」は初めて見ました。初演はクリスティーヌ・ブランだったのですね(2001年)。ショパンとチレアの歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」というチョイスに、ベジャールさんの音楽遣いがいつも絶妙だった事を改めて思い出すなり。ショパンでクルチザンだった椿姫を、チレアで愛に殉じた純心を描いていた…ような。ロスは汚れなき魂そのもののようでした。

「バクチIII」はマーシャ・ロドリゲスとファブリス・ガララーギュ。ロドリゲスはシャクティがよく似合ってました。

BBLが踊る「ボレロ」を見るのは格別。屋外でもオープニングのピンスポットが綺麗に当たってましたね。ライトに浮かび上がるジュリアンの美しい指先と殉教者のような佇まいにはっとしました。踊りが進むにつれて身体が赤みを帯び、身体の内で暴れるものを抑えつけながら踊っているように見えて。ジュリアンと踊るリズムたちは、まるでジュリアンの心的描写に思えました。こんな風にボレロを見たのは初めてです。最後のカタルシスに向けて踊り進んでいくのを見るのは苦しい位。舞台で踊る人が増えてくるにつれて、池の奥の建物に当たる照明も増えていくのが印象的でした。この場所ならではの演出。