The Tchaikovsky Files - Confessions of a Composer

Tchaikovsky Files: Confessions of a Composer [DVD] [Import]

監督:ラルフ・プレガー
収録:2015年 / 53分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外盤DVD

クラシカで録画。少し前にEuroartsからDVDが発売されて少々興味を持っていたものが放映されてラッキー。DVDにも日本語字幕あり。輸入元による邦題は《チャイコフスキー・ファイル〜ある作曲家の告白》。この記事のタイトルはクラシカ放映時のタイトルです。


商品情報

海外|DVD(Euroartsキングインターナショナル:2061518)

FORMAT:NTSC / REGION:0 / 日本語字幕あり

[国内仕様盤](キングインターナショナル:KKC-9150) Release: 2016/04/20

[海外盤] Release: 2016/02/26

クレジット

監督・脚本
ラルフ・プレガー Ralf Pleger
挿入映像
バレエ「チャイコフスキー」 Tchaikovsky
振付:ボリス・エイフマン Boris Eifman
出演:ウラジーミル・マラーホフ Vladimir Malakhov / ヴィスラウ・デュデク Wieslaw Dudek / ナジャ・サイダコーワ Nadja Saidakova
コメント出演
ウラジーミル・マラーホフ Vladimir Malakhov, Dancer
キャメロン・カーペンター Cameron Carpenter, Organist
カディア・グレンケ Kadja Gronke, Musicologist
フィリップ・バロック Philip Bullock, Biographer
ダヴィド・ガルシア David Garcia, Psychiatrist, University Hospital Zurich
ドラマ出演
チャイコフスキーの愛人:ダーク・ジョンストン Dirk Johnston

感想

チャイコフスキーの生涯を同性愛という視点で描いた映像。音楽的や伝記的な要素はごくごく薄く、スキャンダラスな印象が先行している印象を受けました。面白い視点ではあると思いますが、良い素材をたくさんつかって乱雑に調理された料理を出された気分(笑)。

ウラジーミル・マラーホフやオルガニストのキャメロン・カーペンターが語るコメントも同性愛の観点からで、彼らの迫害の体験談にはショックを受けます。マラーホフが主演する、ボリス・エイフマン振付「チャイコフスキー」の断片が見られるのはありがたい事。はー、これ全編映像リリースしていただきたい。キャメロン・カーペンターが演奏するチャイコフスキーも目を惹きます。彼らが人生を捧げてきた芸術はそれだけで力がある。

彼らや専門家によるコメントの合間には、チャイコフスキーの手紙や日記を元に、チャイコフスキーの時代ではなく現代社会を舞台にしたイメージ映像が展開されています。チャイコフスキーの愛人役はドイツの俳優ダーク・ジョンストンで、素肌に鋲付き革ジャンひっかけた彼が『ただ憧れを知る人だけが』をポップス調で歌うという。まー要は私の琴線にはひっかからないイケメンと演出&映像美だったという事なのでしょうね…

Official Trailer

vc vc