Anna Karenina / Mariinsky Ballet 2014

マリインスキー・バレエ アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA [DVD]

振付:アレクセイ・ラトマンスキー
出演:ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ
収録:2014年3月4,5日 マリインスキー第二劇場 / 88分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

マリインスキーの来日記念盤としてリリースされたDVDで、ほぼ同時期にNHKプレミアムシアターでも放映されました。ロパートキナの映像が増えるのは大歓迎!


商品情報

国内|DVD(ポニーキャニオン:PCBP-52408) Release: 2016/03/16

クレジット

振付
アレクセイ・ラトマンスキー Alexei Ratmansky
音楽
ロディオン・シチェドリン Rodion Shchedrin
美術
ミカエル・メレビー Mikael Melbye
映像
ウェンドール・ハリントン Wendall Harrington
照明
ヨルン・メリン Jorn Melin
振付補佐
タチヤーナ・ラトマンスカヤ Tatiana Ratmanskaya
台本構想
マルティン・トゥリニウス Martin Tulinius
音楽監督・指揮
ヴァレリー・ゲルギエフ Valery Gergiev
演奏
マリインスキー劇場管弦楽団 Mariinsky Theatre Orchestra
撮影
Vincent Massip

キャスト

アンナ・カレーニナ:ウリヤーナ・ロパートキナ Ulyana Lopatkina
アレクセイ・カレーニン:ヴィクトル・バラーノフ Victor Baranov
アレクセイ・ヴロンスキー伯爵:アンドレイ・エルマコフ Andrei Ermakov
エカテリーナ・シチェルバツカヤ公女(キティ):スヴェトラーナ・イワーノワ Svetlana Ivanova
ステパン・オブロンスキー(スティーヴァ):ドミートリー・プィハチョーフ Dmitry Pykhachov
ダリヤ・オブロンスカヤ(ドリー):クセーニャ・オストレイコーフスカヤ Xenia Ostreikovskaya
コンスタンチン・リョーヴィン:フィリップ・スチョーピン Filipp Stepin
ベッツィ・トヴェルスカヤ公爵夫人:ソフィア・グメローワ Sofia Gumerova


感想

「イワンと仔馬」同様、シチェドリンがプリセツカヤのために作ったバレエ音楽を使った、ラトマンスキー振付のバレエ。こちらはトルストイ原作の悲恋をロパートキナが主演した舞台の映像です。ヴィデオプロジェクションが多用されているのと、機関車の描写が印象に残ります。ペテルブルクに戻るアンナを追ってきたヴロンスキーとの情熱的なパ・ド・ドゥも。あと、乗馬の描写も面白かったな。そう来たかーと。

撮影もマリインスキーの「イワンと仔馬」や「ラ・バヤデール」と同じのVincent Massipなので、ここでも主要人物の表情アップなど物語のキーとなる部分を映画的に差し込む手法を使っています。作品を把握するならわかりやすいとは思うのですが、この映像は「そこはバストアップでなくダンサーの全身を!と思うところが結構あったのが残念でした。

「アンナ・カレーニナ」は登場人物の誰かに感情移入できる時よりできない時の方が多いお話で、今回もロパートキナとマリインスキー・バレエを持ってしても私にはさっぱり…なのでした(で、感想がなかなか書けなかった)。愛はあっても相手への思いやりや理解のない間柄が哀しい。

ロパートキナは鮮やかで直情的なアンナ。若いヴロンスキーの熱烈な求愛に戸惑い拒絶した最初から彼に惹かれていたのは手に取るようにわかったけれど…おそらくは自分の内側にある激しさに火がついたら制御できないことが無意識のうちにわかっていたのでしょうね。そして行くとなったら誰に遠慮もすることなく一直線。

ヴロンスキー役のエルマコフはすらっとした長身と情熱的な役作りが素晴らしく。アンナやオブロンスキー家の女性たちが好きになってしまうのも納得の存在感。ロパートキナとの組み合わせも良いと思ったけど、後半彼女を疎んじる演技はあと一歩かな。でもそんな美青年のエルマコフに引けを取らない立ち姿だったのが懐かしいバラーノフ。一目で上流階級の紳士だとわかる立ち姿、コントロールできなくなった妻への苛立ちと嫉妬。これだけ役者が揃ってもさっぱり共感できないというのは自分に原因があるのかなーと悲しくなります。

ラトマンスキーは振付で心情を語るタイプではないけれど、手堅くまとめていたと思います。軍服姿の長身男性陣が踊るのは壮観でした。重々しいストーリーと音楽との狭間で、薄手の生地を使った衣装の軽やかも印象に残りました。


この記事の更新履歴

  • 2018.03.07 - 感想書きました。
  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
vc vc vc