Le Corsaire / K Ballet Company, 2015

noimage

振付:熊川哲也
出演:中村祥子、スチュアート・キャシディ、池本祥真 他
収録:2015年5月31日 Bunkamura オーチャードホール / 分

録画

映画館上映されたKバレエの「海賊」はスカパー4Kでも放映されていて、いいなーと指をくわえて眺めていたのですが、ありがたい事にBSスカパーでも放映されました。DVD化されたキャストとは別の組み合わせで見られて嬉しい。本編の前後に熊川さんのインタビューがありました。


クレジット

演出・再振付
熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
原振付
マリウス・プティパ Marius Petipa
台本改訂
熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
音楽
アドルフ・アダン Adolphe Adam
レオ・ドリーブ Leo Delibes
リッカルド・ドリゴ Riccardo Drigo
オルデンブルク公爵 Prince Oldenburg
チェーザレ・プーニ Cesare Pugni
レオン・ミンクス Leon Minkus
舞台美術・衣裳
ヨランダ・ソナベンド Yolanda Sonnabend
レズリー・トラヴァース Leslie Travers
照明
足立恒 Hisashi Adachi
指揮
井田勝大 Katsuhiro Ida
演奏
シアター オーケストラ トーキョー Theater Orchestra Tokyo

キャスト

メドーラ:中村祥子 Shoko Nakamura
コンラッド:スチュアート・キャシディ Stuart Cassidy
アリ:池本祥真 Shoma Ikemoto
グルナーラ:浅川紫織 Shiori Asakawa
ランケデム:伊坂文月 Fuzuki Isaka
ビルバント:杉野慧 Kei Sugino
サイード パシャ:ニコライ・ヴィユウジャーニン Nikolay Viyuzhanin

ギリシャの少女たち:井上とも美 / 中村春奈 / 岩渕もも / 松岡恵美 / 辻久美子 / 金雪華 / 小林美奈 / 新居田ゆり / 荒蒔礼子 / 前田望友紀
海賊の男たち:石橋奨也 / 篠宮佑一 / 井澤諒 / 益子倭 / 福田昂平 / 酒匂麗 / 山本雅也 / 西口直弥 / 栗山廉 / 和田瞬 / 三浦響基 / 吉田太郎
物乞い:湊まり恵 / 酒匂麗
パ・ド・トロワ:井上とも美 / 佐々部佳代 / 中村春奈
鉄砲の踊り:杉野慧 / 山田蘭 / 石橋奨也 / 大井田百 / 篠宮佑一 / 國友千永


感想

2010年収録のDVDと同じ主要キャストはコンラッド役のキャシディとランケデムの伊坂さん、ですね。浅川さんはメドーラからグルナーラへ。再演を重ねてダンサーたちに馴染んだものを、また映像で見られる機会がありがたいです。

キャシディはそんなにたくさん踊る訳ではないけど、今でも彼の踊りは別格ですね。彼より高くジャンプしたり多く回転したりするダンサーは今のKバレエにもいると思うけど、隅々まで正しい位置に四肢が配され、そこに情感がこもる踊りは変わらず美しい。トロワで祥子さんをサポートするところなんて本当に素敵でうっとり見ほれてしまいました。王子に配役されるダンサーたちには熊川さんだけでなくキャシディの影響もたっぷり受けてくれるといいな。

池本さんのアリは踊りがキレッキレでした。奴隷市場でのランケデムとの追いかけっこはしなやかで跳躍も最後まで高く、無尽蔵の体力って感じでしたし、トロワのヴァリエーションの出だしの跳躍の高さは客席の空気を変えたのではないかしら。奴隷市場のランケデム、伊坂さんの捕まえ損ない方も上手くて立派なエンターテイメントシーンになっていて楽しかった。彼もジャンプは高いし鮮やかですよね、プリエがもう少し柔らかくて深いと好みだなー。

熊川版のメドーラとグルナーラは祥子さんと浅川さんが踊るには幼い役のような気がして前半はちょっと合わないような気がしていたのですが、後半はそれも消えてとても良かったです。改めてこの作品を見直したら、「ラ・バヤデール」を思わせるところが少しありますね。ソロルが虎刈りをしているとき、コンラッドは海に出ていたのかも。


この記事の更新履歴

  • 2017.11.25 - 感想追加