私がキャッチできたテレビ番組を1年分まとめて記載。見られなかったものはリストに含まれておりません〜。


12/31 クラシック・ハイライト2016

NHK Eテレ
バレエは登場するかなーと淡く期待して録画しておきましたが、今年の話題として高田茜さんと平野亮一さんのロイヤル・バレエ団プリンシパル昇進がとりあげられました。(1分弱ってところかな…)


12/25 「題名のない音楽会」くるみ割り人形の音楽会 ゲスト: 宮尾俊太郎

テレビ朝日
「くるみ割り人形」を紹介。アップライトピアノのような身丈で打鍵で音を出すチェレスタは、軽やかで可愛らしい音色だけれど金属を叩く分ピアノより力が必要というコメントを見て、なるほど!とはっとしました。それにしても「くるみ割り人形」、バレエ作品としては退屈な演出のものも多いけれど曲は本当に好き。思い出に直結する曲でもあるので、いつも涙ぐんでしまう…。


12/24 日テレプラスプレゼンツ「バレエ王子〜あなたに薔薇の花束を〜愛媛・内子座編」

BSスカパー
愛媛県の内子座で1日限りの公演を行ったバレエ・ジェンツ。その公演までの様子を紹介。渡辺レイさんの振付で新作を踊るということで、そちらがメイン。宮尾さん、クラシックのグランド・バレエよりコンテンポラリーの方がずっと魅力が引き出せるなぁと想って見ていました。ジェンツの売り方はどうなの…と想う事もあるけれど、彼らがカンパニーでは踊る機会のない作品と濃密に向き合っているのを見て、こういうのもアリだなと思いを改めました。



12/21 アカデミーナイトG「ビリー・エリオット」の主役ビリーが決定!

TBS
いよいよミュージカル「ビリー・エリオット」のキャストが決定ということで番組内で紹介。一人一人に合否が伝えられる様子も。合格した4名は、加藤航世くん、前田晴翔くん、木村咲哉くん、未来和樹くん。


12/17 NEXT 未来のために「ミクとかなでる先生の夢 冨田勲”ラストコンサート”」

NHK 総合
今年亡くなられた冨田勲さんが生前注力されていた「Dr.コッペリウス」コンサートへ向けて、冨田さんに捧げるべく残されたスタッフが準備を進めてていく様子を紹介。軸は、未完のままだった最後の曲を冨田さんのかわりに完成させるアシスタントの津田賢吾さん。このコンサートは来年1月29日に放映されるとのこと。


12/10 「フィギュアスケートグランプリファイナル2016 女子ショートプログラム」

テレビ朝日
グランプリファイナル出場の宮原知子さんが表現力の向上の為にと吉田都さんにバレエを習ったということで、その映像が少し流れました。ほんの少しでも都さんの美しい動きは目を惹きますね。言葉はなくても、とても説得力のあるムーヴメント。


12/09 「ニュース シブ5時」熊川バレエの魅力

TBS
シブ5時芸能部というコーナーでKバレエ・カンパニーの「くるみ割り人形」が取り上げられました。Kバレエ版の見どころ紹介とともに、クリス松村さんの取材で、熊川さんが白石あゆ美さんと今回初主演となる山本雅也さんのパ・ド・ドゥの稽古を見るところ、杉野さんのドロッセルマイヤー衣装合わせ、そして熊川さんのインタビューも。盛りだくさんでした。



11/29 「アカデミーナイトG」栗山廉

TBS
Kバレエ「くるみ割り人形」のプロモーションでスタジオに栗山さん登場。バレエ王子の番組でトークが課題と言われていた(笑)栗山さん、修行が続きますね。


11/27 「バレエ王子〜あなたに薔薇の花束を〜」完全版

日テレプラス
BSスカパーで放映したものとは重なる部分もあったのですが、それぞれの個性がより浮き彫りになっていました。これくらい見せてくれると、ファンがつきやすいんじゃないかなぁ。ステージの模様も(全部かどうかはわかりませんが)かなりたっぷり流れました。


11/26 ららら♪クラシック「悪の響きに酔いしれて〜“悪魔”の名曲集〜」

NHK Eテレ
悪魔の名曲ということでバレエ『白鳥の湖』と歌劇『ファウスト』が取り上げられました。ロパートキナ/コルスンツェフの映像の他、舞踊評論家村山久美子さんのコメント、中村祥子さんのフェッテ映像も。


11/15 「アカデミーナイトG」伊坂文月 ミュージカル「ビリー・エリオット」公演告知

TBS
ミュージカル「ビリー・エリオット」ビリー役候補の七人がレッスンに励む様子と、バレエ指導の伊坂さんのコメントなど。


11/11,18 「東京暇人」Ballet Gents (宮尾俊太郎、杉野慧、栗山廉)

日テレ
日テレプラスで放映される「バレエ王子〜あなたに薔薇の花束を〜」完全版のプロモーションでバレエジェンツから3名がスタジオへ。前半はバレエを始めたきっかけとか食事の事など、後半は塚地さんにバレエを踊らせるという無茶企画(笑)。でもがんばってたよ、塚地。



10/29 美の巨人たち『キャッツ』ミュージカルと絵画の融合


ロバート・ハインデルが描いたミュージカル「キャッツ」を紹介。ハインデルはバレエを題材にとる時、舞台ではなくスタジオで、そして踊るダンサーの顔をはっきり描かなかったのが特徴と言えます。が、アンドリュー・ロイド・ウェーバーに請われて「キャッツ」を題材にした時に描いたヴィクトリア ザ・ホワイトキャット(1986年)は表情が写実的で手脚の輪郭がなかったりとバレエとは違う手法がとられています。バレエを題材にした絵もふんだんに登場しますし、モデルになった事がある草刈民代さんや、ハインデルの三男、トッド・ハインデル、日本版初演時ミストフェリーズの劇団四季振付家加藤敬二さん、劇団四季でヴィクトリア役を演じる藤岡あやさんも登場。


10/29 日テレプラスpresents「バレエ王子〜あなたに薔薇の花束を〜」

BSスカパー
https://blogs.skyperfectv.co.jp/201610-003763.php
BSスカパーでバレエジェンツの特番。8月にあったジェンツのサマーディナーショーのリハーサルから本番の様子と、ダンサーたちの素顔なども。11月に日テレプラスで放映されるのはショーの全てが含まれる?完全版らしいです。今回は熊川さんのインタビューを完全放送、とのことなので、11月のには一部のみなのでしょうね。でも今回も番組の後半分はショーの模様だったので結構見応えありました。12月と2017年1月には内子座編も放映されるそうで、これも楽しみ。


10/22 「新 チューボーですよ!」宮尾俊太郎

TBS
宮尾俊太郎さんをゲストに迎えてパンプキンパイを作る回。こういう番組に出てもそれなりにこなす宮尾さんのスキルは伊達ではありませんな。でも、そっちに向かうのが正解なのかなーとは思うのですけれど。


10/18 「アカデミーナイトG」ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡〜最後のクラシック・ガラ〜

TBS
来年開催されるニーナ・アナニアシヴィリ最後のクラシック・ガラを紹介。本人のインタビューとその魅力など。踊りながら紹介してたミュージカル芸人のマリカさんて何か画面からはみ出す迫力が(笑)。


10/16 田村淳のBUSINESS BASIC「特別編」

BSジャパン
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/24065_201610162300.html
サンフランシスコ・バレエ団ソリストの山本帆介さんが出演されるというので見てみました。山本さんはシリコンバレーで働く日本人の方々と並んでトークセッションに出演されていたのですが、残念ながら番組ではトークはカット(話されている場面にトークオーバーあり…)、その場で踊ってみせるところもちらっと映りましたが、お目当てで見た人は肩すかしな位に扱いが小さくて残念でした。。素敵だったけど。


10/10 ハートネットTV「義足のダンサー・リオパラリンピックの大舞台に挑む」大前光市

NHK Eテレ
下にある15分ほどの番組を倍に拡大した本編?がこちら。リオに向かうトランジットのフランクフルトで義足が壊れたという衝撃…。本番で4回連続のバック転を成功させ、観客の歓声や拍手を波動のように身体全体で受け止めた大前さん。限界以上に身体を追い込む姿と、言葉の数々に今回もこちらの姿勢が伸びました。


10/10 東京2020 12時間スペシャル→2020「義足ダンサーの挑戦」大前光市

NHK 総合
NHK総合で放映された「東京202012時間スペシャル」で、15分ほどの枠でリオデジャネイロパラリンピック閉会式の東京PRに出演した大前光市さんが紹介されました。メインの話題は、パフォーマンスの中で彼が挑んだ連続バック転。バック転というのは連続して行く方が遠心力で楽になっていくものだそうですが、義足の場合は勢いが付かないのでどんどん苦しくなっていくのだとか。手首を痛めたりしながらも本番に挑んだ様子が紹介されていました。


10/09 「萬福寺音舞台」

TBS
http://www.mbs.jp/oto/
1989年から始まった音舞台の事は知らなかったのですが、今回は放映情報が網に掛かったので録画してみました。出演はキャサリン・ジェンキンス、村治佳織、ヤン・リーピンの後継者ヤン・ウー、音舞台音楽監督として村松宗継。辻本知彦さんも出ていました。45分の番組なのでダイジェスト感が強いですが、公演風景の合間に挿入されるお寺の紹介なども含めて興味深く見ました。辻本さんと東海林靖志さんに施されたボディペイントも印象に残っています。


10/08 LIVE Edge 今晩は荒れ模様 笠井叡と女たちの“振り付け関係”

ベターライフチャンネル
スカパーの無料チャンネルであるベターライフチャンネルで、2015年3月26日世田谷パブリックシアターで上演された「今晩は荒れ模様」の製作の様子と公演の抜粋、出演者たちのインタビューを収めた番組が放映されました。笠井叡/上村なおか/黒田育世/白河直子/寺田みさこ/森下真樹/山田せつ子という豪華な顔ぶれに興味津々だったので、思いがけずその一部が見られて幸運でした。


10/04 アカデミーナイトG

TBS
Kバレエ「シンデレラ」紹介で宮尾俊太郎さんを紹介…するのかと思いきや、今回王子役に抜擢された栗山廉さんプッシュでした。

もう1つ、ミュージカル「ビリー・エリオット」の子役オーディション密着も。1300名以上の応募から選抜とレッスンを重ねて今年の夏に10名から7名に選抜されたという事でそのメンバーも紹介されていました。
木村咲哉 10歳 / 加藤航世 12歳 / 未来和樹 14歳 / 廣瀬喜一 12歳 / 工藤結太 12歳 / 前田晴翔 11歳 / 山代力 10歳


10/03 Asia Insight ロシア芸術に沸いた街 Raising the Curtain -Vladivostok, Russia-

NHK BS1
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/newsroomtokyo/aired/20160929.html
NHK Worldで放映された番組がBS1でも放映されました。この夏ウラジオストクのオペラ・バレエ劇場で初めての国際フェスティバルが開催され、その舞台に挑んだ歌手やダンサーたちの他、元バレエダンサーや市民たちを追ったもの。カンパニーに所属する日本人ダンサー永瀬愛莉菜さんとパートナーのアイベック・バザルバーエフ(Aibek Bazarbaev)さんの他、歌手のアリーナ・ミハイリック(Alina Mikhailik)さんが取り上げられている他、昔このカンパニーのバレリーナだったリュボーヴィ・サルマーノワ(Lyubov Salmanova)さんも登場。芸術監督のエルダー・アリエフ(Eldar Aliev)、ゲルギエフ、ゲストでジゼルを踊ったオニール八菜(Hannah O’Neill)さんの他に、オープニングとエンディングの映像には白鳥の王子を踊ったイワンチェンコの姿もありました。


10/02 この秋あなたはバレエに恋をする〜熊川哲也の魔法にかかった妖精たち

BS-TBS
Kバレエの秋公演「シンデレラ」と「ラ・バヤデール」を紹介する特番。宮尾俊太郎さんのドラマ撮影現場など新しく撮った素材もあると思いますが、見た事あるものも多かったです。宮尾さんと中村祥子さんにスポットを当てて念入りに紹介する他、「シンデレラ」製作中の様子を振り返ったり。舞台のもう1つの主役でもある影の王国のコール・ドたちと、彼らをビシビシ鍛える前田真由子さんの様子も(白鳥の指導の時のだけど)ありました。Kバレエスクールを卒業して入団した吉田このみさんは北海道出身で、ご両親のところに取材に行ってましたね。期待の星なのかな。覚えておこうっと。



09/24 ららら♪クラシック「ブルクミュラーの”25の練習曲”」

NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/lalala/archive160924.html
ブルクミュラーのバレエ作曲家としての一面を紹介。パリ・オペラ座でバレエ伴奏ピアニストを務めた経歴があるそうで、8カウントが合いメロディーが覚えやすい曲が多いのでバレエピアニストにも重宝するのだそう。「ラ・ペリ」などの他「ジゼル」のペザントの曲もブルクミュラーということで東京バレエ団の「ジゼル」映像もちらり。


09/19 リオデジャネイロパラリンピック閉会式

NHK 総合/Eテレ
閉会式の東京プレゼンテーションは、事前に発表があった通りGIMICOさん、大前光市さん、そして檜山晃さんが出演。クリエイティブチームはオリンピックと同じということで、ビジュアル的にリンクがありました。


09/17 西本智実が魅せるバレエ「くるみ割り人形」〜200年の時を超えた物語〜

BSジャパン
公演前から制作中の模様が特番で見られたりしていましたが、公演後に総括的な特番があるのは珍しいですね。新国立劇場での公演の様子も少し見られました。西本さんの考察とアイディアが詰め込まれた舞台だったようで。舞台の演出は舞台で完結するのが一番だという気もするけれど、行かなかった人にも様子が分かるのも悪くないですね。


09/13 <アカデミーナイトG>鬼才演出家マシュー・ボーンが認めた日本人女性キャスト鎌田真梨の素顔に迫る

TBS
ボーン版「眠れる森の美女」プロモーション。日本公演でオーロラを踊る鎌田さんのインタビューとマシューのコメントも。


09/08 リオデジャネイロパラリンピック開会式

NHK 総合/Eテレ
開会式は、前夜の放送チャンネル変更が電子番組表に反映されていなくて上手く録れず、夜の再放送で見たので、多少漏れがあるのかも。オープニングの車いすジャンプが凄かったですね。あと、国名プラカードがジグソーになっていて反対面に選手の顔が印刷されているのもよいと思った。


09/07 「ス―パ―ステ―ジ」30分まるごと「マシュー・ボーンの眠れる森の美女」開幕直前SP!

TBS
開幕をひかえたマシュー・ボーン版眠れる森の美女の魅力を、番組枠まるまる使って紹介。


09/04 カナフルTV「自然たっぷり!心をつなぐ芸術の町」

TVK
9/18,19に開催された「相模湖野外バレエフェスティバル2016」の企画元アトリエヨシノをメインに相模湖のクラフトマンシップあふれるお店をいくつか紹介していました。チュチュのお手入れ(洗浄?)風景は初めて見たかも。


9月 クラシカ・音楽人「スティーヴン・マックレー〜僕がSNSで伝えたいこと」

クラシカジャパン
ロイヤル・バレエ来日期間中に大阪で収録されたインタビュー。マックレーのインスタグラムをもとに話を聞いていくものでした。日本語字幕は「ん?」と思うところもあったけれど、謙虚な人柄がよーくわかって更に好感度アップ。ただ、せっかく忙しい中時間をとってもらったのだし、SNSから少し離れても話を深く聞いてほしかった気も。



08/22 リオデジャネイロ オリンピック 閉会式

NHK Eテレ
閉会式のクリエイティブディレクターはRosa Magalhaesという方かしら?リオのサンバ学校のディレクターだそうです。雨と風が凄くてアスリートもパフォーマーも、もちろん列席者も観客も、そして一番は小池都知事? みなさん気の毒でしたよね(そしてつい、4年後の東京セレモニーを思ってしまふ…)。ブラジルの雨(こっちは仕込み)が聖火を消すという演出で、その後スタジアムに再生の巨木が生えるというメッセージ。中継はそれで終わってしまったけど、その後のスタジアムは巨大ダンスフロアと化したらしい。

パフォーミングアート関係では、グルーポ・コルポが登場しました。踊っていたのは「Parabelo」かなー。原色の衣装が強靱でバネの効いた肉体に映えてかっこよかった。

東京のプレゼンタイムは賛否両論でしょうけど、これ以上ないインパクトがありましたよね。ホントは政治とは分離して欲しかったけども、これだけ話題になったプレゼンテーションって少なくともこの数回のオリンピック閉会式では記憶にないし。もちろんバレエクラスタにはバレエダンサーが登場する方が盛り上がりますが。世界からの期待がぐんと高まった分、自らそのハードルをぐっと高くした東京、今ある課題をガンガン潰してグローバルな街になっていただきたい。ハードには予算つくけどソフトこそどーにかしないと。


08/16 テレビでスペイン語「L19 起きる時間を尋ねられる」

NHK Eテレ
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/spanish/tv/backnumber.cgi
元スペイン国立ダンスカンパニーのダンサーで現在はレペティドーラをつとめるYoko Tairaさんが登場。この番組のレポーター、Jinさんの妹さんなんですって。ご自宅で幼い頃からのお話やお仕事の紹介、そしてスタジオでダンサーにキリアン「堕ちた天使」を指導する様子も見られました。カンパニーを紹介する映像としてエック「アパルトマン」やナハリン「マイナス16」が流れたのですが、「アパルトマン」キッチンのシークエンスを踊っていたのは秋山珠子さんでした♪プリンシパルのKayoko Everhartさんのコメントも。

2015年4-9月に放映したシリーズの再放送です。その時に撮りそびれたので、再放送待ち焦がれてました。


08/06 ららら♪クラシック「夏企画 お中元スペシャル」(1)

NHK Eテレ
「MYクラシック」のコーナーに平野亮一さん登場。好きなクラシック音楽としてストラヴィンスキー「春の祭典」を挙げていました。週にたった1日の貴重な休日に部屋を掃除するのに、「春の祭典」で気合いを入れるのだとか(笑)。


08/06 リオデジャネイロ オリンピック 開会式

NHK Eテレ/総合
開会式の総合演出はブラジル人映画監督フェルナンド・メイレレス(映画「シティ・オブ・ゴッド」など)で、振付を担当したのはリオデジャネイロ出身のデボラ・コルカー。鮮やかで、そしてブラジルの特色がしっかり出た開会式だったと思います。

選手団を先導した自転車がリサイクルで作られたものだったり、選手たちが樹木の木を植えたり、聖火台も小さいながら工夫がされていたり(小林幸子式とか言われてますね・笑)プロジェクションマッピング多用で大がかりな装置を使わず、工夫されていたのが好印象でした。4年後の東京のコト、考えながら見た方も多かったのでは…。

リオの閉会式にも次回開催地である東京のプレゼンテーションタイムがあるハズですが、どなたがプロデュースしてどんなものになるのでしょうね???


08/03 「笑ってコラえて!」真夏の2時間SP!

日テレ
http://www.ntv.co.jp/warakora/next/20160803.html
【全世界ダブルなんだけどその一方が日本人の旅】にオニール八菜さんが登場。25分くらい使った、ちゃんとした特集でした。パリまで取材にいって、八菜さんにガルニエ宮の客席を案内してもらったり、ミルタをつとめた「ジゼル」の舞台の映像も。ミリアムとマチアスの1幕の様子もあって、それ撮ったなら放映してーとお願いしたくなりました。クラスレッスンも目を皿のようにチェック。マリ=アニエスやクロチルド・ヴァイエののインタビューまであったし、パリ・オペラ座の階級制度の事なんかも詳しく解説。

オークランドまでご両親の取材にも行っていたのですが、お母様いわく「ドラマクイーン」だと。ローザンヌの決勝でポワントの紐がほどけて踊り直した→1位受賞、オペラ座の入団試験で4位となり入団不可→契約ダンサーとして踊れるようになった、正団員への入団試験で尻餅をついた→1位入団など…その後の快進撃もしっかり紹介。見応えありました。


08/03 「あそんどるズ」

NHK Eテレ
http://www4.nhk.or.jp/P4070/
コンドルズによる「からだあそびバラエティー」。松岡修造も出ていて、懐かしの「からだであそぼ」を思い出すノリ。


08/01 「人生が変わる1分間の深イイ話」法村珠里

日テレ
http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/160801/02.html
「名門一家は本当に幸せなのかSP」特番で法村珠里さんが登場。法村家は東京にいるとご縁が薄いですが、予想より素敵家族でらして。珠里さんもお嬢様とあっけらかんとしたところのブレンドが絶妙ですね。私たぶんまだ彼女の踊りは見た事ない気がするのですが、ぜひ一度拝見してみたいです〜。



07/30 積水ハウスpresents 指揮者・西本智実が魅せるもう一つの世界

テレビ東京
西本智実さんのイルミナート・バレエによる「くるみ割り人形」特番。バレエから欠けている原作のイメージを蘇らせて演出しているそうで、興味をそそられます。マリー役は小田綾香さん、ドロッセルマイヤー法村圭緒さん、そしてくるみ割り人形はグリゴリー・バリノフさん、雪の女王が竹中優花さん、金平糖が西田佑子さんとのこと。


07/24 100年の眠り、100年の愛 〜「眠れる森の美女」×英国バレエ界の鬼才

BS-TBS
来日公演を控えたマシュー・ボーン版「眠れる森の美女」の特番。韓国ツアーの取材、作品の粗筋紹介、マシュー・ボーン、ドミニク・ノース、リアム・ムーア、アシュリー・ショー、そして鎌田真理さんのインタビューも。


07/21 THEフィッシング「清流のプリマ長良川で“あゆ"が舞う!」宮田亜夢

BSジャパン
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/the_fishing/profile/m/1240350_1634.html
釣り番組にバレエダンサー登場。宮田亜夢さんは京都の福谷葉子バレエスタジオ出身で現在はアメリカを拠点にしているとのこと。スタジオで踊るところなども見られましたが、メインは釣り。長良川で鮎釣りをするのですが、ばりばり釣れるし、あの長い竿を支える姿もピシっとしててかっこいい。お父さんの影響で釣りを始めたそうですが、釣りの手際もそうだし、釣った魚を捌いて調理するのも流れるようなのよー。手際がいいって素晴らしいね。

そうそう、ナレーションが窪田等さんなので、一瞬情熱大陸かと(笑)。


07/15 「Beauty of Night 明日の私を、輝かせる。」上野水香

TBS
エスティローダー一社提供の1分番組。水香さんの「Beauty of Night」は夜のドライブなんですって。ちょっと意外だったわ。でもダッシュボードに亀のぬいぐるみがちらっと映って、水香さんらしさも。



06/16 「徹子の部屋」舞踊家・牧阿佐美

テレビ朝日
牧阿佐美バレエ団創立60周年記念公演「飛鳥物語」を控えた牧阿佐美さんがゲスト。牧さんの半生は自伝である程度知ってはいましたが、ご本人の口から語られるのはやはりニュアンスまで伝わって興味深かったです。ご自宅で三谷先生とお食事なさるところとか、貴重映像(笑)も。お母様とのエピソードはそのまんま昔のバレエスポ根ドラマのようですよね。


06/14 「ZIP!」▽バレエ最高位平野亮一にインタビュー

日テレ
ロイヤル・バレエ来日公演を前にプリンシパル昇進が発表された平野さんを紹介。合同記者会見の様子と読売新聞祐成記者による魅力紹介も。


05/31 「アカデミーナイトG」バレエ王子の肉体美 宮尾俊太郎

TBS
「眠れる森の美女」プロモ。VTRゲストが宮尾さん。自分の身体の嫌いなところを直す為に鏡を見るとか、食事のこだわりとか。ピシっと整頓された部屋の写真やバスタオルとシーツは毎日洗濯するという話に若干引き気味のスタジオ女子たちでした(笑)。この辺は師匠の熊川さん譲りですよね、きっと。


05/28 映像の世紀プレミアム 第1集「世界を震わせた芸術家たち」

NHK BSプレミアム
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3681/2899040/
「映像の世紀」と「新・映像の世紀」に新たな映像を加え、テーマ毎に編集した新シリーズ。その第1回が芸術でした。プリセツカヤが出演するという事で録画視聴したのですが、文学・絵画・舞踊・音楽・映画など、激動の時代にあって人々を鼓舞したり慰めたり、或いは人類によって虐げられたり利用されたりもしてきた芸術がたっぷり紹介され、予想以上に素晴らしいドキュメントになっていました。

ロイ・フラー、バレエ・リュス、リディア・ロポコワ、プリセツカヤが舞踊界から紹介されていましたが、トルストイ、ピカソ、ルノワール、モネからプレスリー、モンロー、ビートルズ、ウォーホル、キース・ヘリング、デヴィッド・ボウイ…見応えがありました。


05/21 新・情報7daysニュースキャスター▽「ブノワ賞」日本人バレエ最高峰を受賞

TBS
ブノワ賞を受賞したオニール八菜さんを紹介。岸辺バレエスタジオの岸辺光代先生、八菜さんのお母様 純栄さんのコメントの他、ご本人とのスカイプインタビューも。すっきり美しいお部屋の様子も見せて下さって。でも、彼氏はいますか、とかそんな失礼なインタビューやめてよー。さらりと受け流した八菜さん、ホントごめんなさいって感じ。。


05/10 「アカデミーナイトG」K-BALLET COMPANY、益子倭、篠宮佑一 「白鳥の湖」公演告知、インタビュー

TBS
一度はバレエを見てみたいけど敷居が高い、台詞がないから理解できるかどうか不安、という人向けに、Kバレエの益子倭さんと篠宮佑一さんが「白鳥の湖」の魅力やマイムの説明、ジャンプやターンを披露。


05/09 TOKYO DESIGN WEEK.tv ▽牧阿佐美バレヱ団創立60周年記念 若き才能が描くバレエダンサー

BS日テレ
Art meets Lifeのコーナーで、創立60周年を記念して牧阿佐美バレヱ団が若き芸術家とコラボレートした「若き才能が描くバレエダンサー」を紹介。参加した5人の画家から、中島健太、大河原典子、山本大貴の作品とコメントを紹介。



04/27 「NEWS ZERO」高橋大輔新コーナー「SPOTLIGHT」第1回ゲスト熊川哲也

日テレ
「ドン・キホーテ」公演二週間前のKバレエスタジオを高橋大輔さんが訪問。伊坂文月さんやコール・ドの男性陣への指導を見学し、浅川/宮尾組の公演の様子も紹介。熊川さんとの退団では、芸術監督あるいはKバレエスクールの責任者として多忙な日々を送る熊川の、それらはみんな「感動させる」という一つの仕事でしかない、という言葉に感銘を受けました。高橋さんのキャスターぶりも素晴らしく、よいコーナーでした。


04/24 熊川哲也の感動と「白鳥の湖」の秘密〜この永遠の輝きに涙する〜

BS-TBS
Kバレエの白鳥特番。オデット/オディール、コール・ド・バレエの魅力を紹介しつつ公演へ誘う形。熊川さんの他、中村祥子さん、白石あゆ美さん、荒井祐子さん、前田真由子さん、そして今回主役に抜擢された矢内千夏さんのコメントや荒井さんとの稽古の様子なども。


04/23 「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」柚希礼音x上野水香

NHK Eテレ
面白かったです。水香さんの口から「私もいずれは引退する時が」なんて言葉が出てきて軽くショックだったけど。柚希さんもコンクールに出場するくらいバレエに打ち込んでらしたそうで、当時から水香さんの事は知っていた、と。全くタイプの違う二人に見えるけれど、主役として舞台を引っ張る立場同士、共感するところが多そうでしたね。


04/06 世界都市探訪 #5 ミラノ

CNNj
世界の都市の魅力を多面的に紹介する番組でミラノが取り上げられて、食やファッション、フェラーリ&モンツァ!、ACミランなどと共にスカラ座とボッレが紹介されました。彼がスタジオで踊る様子の他にボッレ提供のバレエ学校時代の写真や、この取材時に上演していたと思われるビゴンゼッティ振付「シンデレラ」の映像も見られました。



02/15 たくらむ男熊川哲也VS渋谷の若者!華麗なる野望!世界の舞姫緊急帰国!ドンキホーテ

TBS
ドンキ前特番。渋谷の街と熊川さん/中村祥子さん/他の主演ダンサーたちの紹介という内容。オーチャードホール芸術監督である熊川さんに渋谷を歩く若者たちから質問をぶつけつつ、熊川さん自身が渋谷のチャコットを紹介したりとか。

ベルリンで「白鳥の湖」を踊る中村祥子さんの様子やミュージックビデオ撮影にもカメラが入ったのは興味深く、ベルリンではパトリス・バール、クリスティン・カミーロ、クリスティーヌ・テオバルト、そして中村さん同様産休から復帰したプリンシパルのエレーナ・プリスの話もあり。

遅沢さんや宮尾さん、篠宮さんのリハーサルにもカメラが入り、更には4月に大宮にオープンした新しいスタジオの様子を見に行ったりなども。熊川さんがオレオレから一歩引いて管理職ポジションになりつつあるのが、ちょっと淋しいかな…。


02/10 NEXT 未来のために「無様(ぶざま)でいい もっと自由に ダンサー大前光市」

NHK総合
大前光市さんの回。ブレイクスルーで放映された内容プラスαで、亡くなったお父様とのお話をお母様やご本人に伺ったり、秋田での公演で踊ったマイレン振付の「白鳥」が見られたり。その公演の前に、左右のバランスが悪いからと義足の軸にそこらで拾った小石を入れて(!)工夫される様子とか。まだこの身体は自由になれる、そこまで行く、と。その力強い羽ばたきを、NHKで更に追ってくれるといいなと思います。


02/02 「世界の日本人妻は見た」西野麻衣子

TBS
世界の日本人妻に西野麻衣子さん登場。映画からの映像もありましたが基本しっかり取材された映像がたっぷりで、彼女の魅力があふれていました。しかも、ちょうどゲストで西野さんと「ジゼル」を踊るところだった平野亮一さんもちらちら映ってトクした気分。

ご主人のニコライさんはとても優しそう。そして音響マニア(歌劇場の音響監督だから必然ですね)。ご実家のお母様だけでなくお父さんもいいキャラクターでした。家族からの愛情をたっぷり受けて、彼女自身も愛をたっぷり与える、それが伝わってきてよい番組でした。



01/28 ノンストップ!

フジテレビ
「談ス」プロモーションで、3人がリハーサル中のスタジオを取材。過去出演作や「談ス」前回公演なども紹介しつつ、今回のリハーサルとトークなども。


01/27 スーパープレゼンテーション ウェイン・マクレガー「ダンス 振り付け師が明かす創作の秘密」

NHK Eテレ
Wayne McGregor: A choreographer's creative process in real time
2012年6月にウェイン・マクレガーがTEDに登場した際のもの。NHKで放映の際に解説というか話を添えたのが吉田都さんでした。

マクレガーは自身がまだバリバリに動ける人だし、頭の開店も早くトークもキレキレなので、ぐいぐい引き込まれました。その創造はスピーディで立体的。3つのアプローチで振付を作っていくのですが、デモンストレーションをするダンサー(Paolo Mangiola / Catarina Carvalho)も彼が連れてきただけあって反応が早く、魔法を見ているかのよう。そして出来上がったピースのかっこいいこと!


01/16 japanぐる〜ヴ「世界的ダンサー大特集」

BS朝日 / 10分ちょっと
「談ス」公演を前に、森山未來、大植真太郎、平原慎太郎の3人が登場。おおおもしろかったーー!!ダンスを始めたきっかけといったよくある話から始まったのですが、大植さんがスウェーデンのスタジオを用意してなくて雪が舞う極寒の公園でリハする羽目になったというエピソードを経由しての「他の二人を例えるなら」が面白すぎて大爆笑。

そして森山さんが公演前にやっているというヒクソン・グレイシーの呼吸法(ヨガの火の呼吸)をヨガスタジオの方が紹介。前回公演の映像もちょいちょいはさまっていました。


01/11 「ニュース ウォッチ9」シルヴィ・ギエム特集

NHK総合
昨年で引退したギエムのミニ特集。12/30の横浜最終公演、ボレロと終演後の笑顔と涙とが見られてグっときました。これ、フルで放送してほしいなあ…。インタビューで、「日本語お上手ですね」と言われて「マダマダデス」って返すのが可愛かったわ、そんな謙遜まで(笑)。


01/04 プロフェッショナル 仕事の流儀 10周年スペシャル そして、新たな闘いへ 吉田都

NHK総合
過去の出演者の現在の様子などを伝える特番。日本に戻ってきたあと、そこまで身体の調子が悪かったとは知らなかったです。一から身体の使い方を変えて組立てなおすという決断の重さ。去年「アナザースカイ」で見たハードなトレーニングに驚いたけれど、その底にはこのような事もあったのですね。

2010年の「シンデレラ」ほか、昨年の「吉田都x堀内元 Ballet for the Future」の映像も。


<01/06 おはよう日本 西野麻衣子

NHK総合
おはよう日本でも西野さんが取り上げられました。「国際報道」の内容の方はママバレリーナの先駆者的な扱いだったけど、こちらはご実家での様子なども入ってちょっと違った感じ。


01/04 国際報道2016 映画化された伝説のバレリーナ・西野麻衣子

NHK BS1
WORLD LOUNGEの新日本人というコーナーで、今年日本でも映画が公開される西野麻衣子さんが紹介されました。映画と、プロモーション時のインタビューで構成されていました。ご主人は元々はカンパニーの芸術監督だったけど、この中では装置担当って紹介されていましたね。そういう形でカンパニーに残るの珍しい気が。西野さん、口調は浪速のお姉さんで親しみやすさがありました。

白鳥で出産休暇から復帰といえば佐久間奈緒さんもそうでしたよね。世界で踊る日本人ママ プリンシパル、頼もしいです。


01/01 Great Earth バヌアツ「体感!激烈火山」

NHK総合
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3816/2420425/index.html
田中泯さんが南太平洋のバヌアツ共和国を訪れ、バヌアツの火山を巡ります。火山の火口からマグマをのぞき込み「強烈で嬉しい!」と一言。火山の麓で暮らすヤケル族の伝統を守る暮らしを知り、独特の道具で畑を耕す事に挑戦し「年のせいにしたくねーな」と力を込める。そして溶岩湖が見える場所での場踊り。

ひたすらに見入りました。地球のもの凄いパワーと、それに呼応する泯さんのパワー。お正月から凄いものを見てしまった…



この記事の更新履歴

  • 2017.01.26 - 12月分追加
  • 2016.12.02 - 11月分まで追加
  • 2016.11.04 - 10月分まで追加
  • 2016.10.07 - 9月分まで追加
  • 2016.09.07 - 8月分まで追加
  • 2016.08.04 - 7月分まで追加
  • 2016.06.01 - 5月分まで追加
  • 2016.04.30 - 1/2月分追加