American Ballet Theatre: Bell Telephone Hour [DVD] [Import]

出演:ルーペ・セラーノ、ルドルフ・ヌレエフ 他

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

アメリカン・バレエ・シアターの創立75周年を記念して、「ベル・テレフォン・アワー」1959-1962年のアーカイブからABT出演のものをまとめたDVDがVAIより発売されました。


商品情報

海外|DVD(Video Artists International:VAIDVD4586) Release: 2015/09/25

FORMAT:NTSC / REGION:ALL

収録

「Billy the Kid」(11:04)

振付:Eugene Loring
音楽:Aaron Copland
Bell Terephone Hour terecast of October 23, 1959

Billy the Kid:John Kriza
Mother / Mexican Sweetheart:Ruth Ann Koesun
Pat Garrett:Scott Douglas
Alias:Kent Hatcher
and ABT Corps de Ballet

「Le Corsaire」Pas de Deux (7:46)

振付:Rudolf Nureyev, after Marius Petipa
音楽:Riccardo Drigo
Bell Terephone Hour terecast of September 24, 1962

Lupe Serrano and Rudolf Nureyev

「Graduation Ball」(9:32)

振付:David Lichine
音楽:Johann Strauss
編曲:Antal Doráti
Bell Terephone Hour terecast of March 11, 1960

Mistress of Ceremonies:Ruth Ann Koesun
The Pigtail Girl:Mary Gelder
The Head Cadet:Royes Fernandez
The Drummer Boy:Scott Douglas
The Head Mistress:Fernand Nault
The General:Darrell Notara
and ABT Corps de Ballet

「Les Patineurs」(6:39)

振付:Sir Frederick Ashton
音楽:Giacomo Meyerbeer
編曲:Constant Lambert
Bell Terephone Hour terecast of December 23, 1960

The Lovers:Ruth Ann Koesun and John Kriza
The Boy in Green:Scott Douglas
The Girl in Pink:Susan Borree
The Girl in Yellow:Elizabeth Carroll
and ABT Corps de Ballet

「Christmas Tree Pas de Deux」(6:03)

振付:Robert Pagent
Bell Terephone Hour terecast of December 23, 1960

Roberta Lubell and Igor Youskevitch

「Swan Lake」White Swan Pas de Deux (9:22)

演出:Frederic Franklin
音楽:Pyotr Ilyich Tchaikovsky
Bell Terephone Hour terecast of October 13, 1961

Carla Fracci and Jacques d’Amboise

「Giselle」Act II Pas de Deux and Finale (7:38)

振付:André Eglevsky
原振付:Coralli and Perrot
音楽:Adolphe Adam
Bell Terephone Hour terecast of April 27, 1962

Lupe Serrano and Royes Fernandez and ABT Corps de Ballet

「Raymonda」Grand Pas de Dix 1961 (8:57)

振付:George Balanchine
再演出:Frederic Franklin
音楽:Alexander Glazunov
Bell Terephone Hour terecast of September 29, 1961

Lupe Serrano and Royes Fernandez and Ensemble of American Ballet Theatre

感想

75周年のご祝儀的に購入。興味があったのは「ビリー・ザ・キッド」と、カルラ・フラッチの白鳥。あと60年代のダンサーが踊る「卒業記念舞踏会」と「レ・パティヌール」はどんな感じかな、と。ヌレエフの「海賊」は、エリック・ブルーンとルドルフ・ヌレエフのベル・テレフォン・アワー出演映像を集めたDVDに収録されていたのと同じものだと思います。亡命した翌年の映像で、きっと当時の注目度は想像も付かないくらい凄かったでしょうね。

一番印象に残ったのがスコット・ダグラス。「卒業記念舞踏会」ドラマーボーイと「レ・パティヌール」グリーン・ボーイを踊っている事からどんなタイプのダンサーか想像がつくと思いますが、ピルエットの芯が細くて(実際スリムな体躯のダンサーだけれど)、クリアにピシピシ踊るのが目に心地よく。名前だけ知っていてようやく踊りが見られたと思ったらとても素敵なダンサーで、なんだか得した気分。

全体に、チュチュ&タイツの作品はテレビカメラの中に収まって踊るのはスペースの問題もあって大変そうだし、無意識に現代のスタンダードと比較してしまうので微妙に感じたり、という事はありました。その点「ビリー・ザ・キッド」「卒業記念舞踏会」「レ・パティヌール」あたりは自分の中に比較対象が少ない事もあって単純に面白かったです。いずれもテレビ用に編集抜粋されているけれど、作品世界が無理なく感じられるというか。「レ・パティヌール」はロイヤルの新しい映像があるからキツイかなーと思っていたけど、そこまででもなく。というかスコット・ダグラス様々。


ABTの75周年記念と銘打ってリリースされた映像は、私が把握している範囲ではこのDVDと(PBSでテレビ放映された)ドキュメンタリーDVDとがありますが、ABTのアメリカンレパートリーをまとめて映像化してほしかったなーと。「ビリー・ザ・キッド」を見て改めてそう思いました。


Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え