MAYA PLISETSKAYA - A TRIBUTE IN FIVE BALLETS

マイヤ・プリセツカヤを讃えて 2010年11月20日 彼女の85歳の誕生日を祝して[DVD]

出演:マイヤ・プリセツカヤ、アレクサンドル・ゴドゥノフ 他
収録:本編82分 + 特典19分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

2015年5月2日に急逝したマイヤ・プリセツカヤ。85歳の誕生日を祝して制作されたこのDVDに収録された映像はほとんど別の形で持っているものなのですが、新たに収録されたインタビューが入っている事もあり、こちらを購入&視聴して彼女の死を悼んでいます。


商品情報

字幕:RU, DE, GB, FR, IT, ES, JP
特典映像:マイヤとの対話「カルメン組曲」 / 写真で見るマイヤの生涯

海外|DVD(Arthaus Musik ナクソス ミュージックストア :109321)

[国内仕様盤] Release: 2017/02/24

[海外盤] Release: 2017/02/10

海外|DVD(Arthaus Musik/ナクソス ミュージックストア:101539)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2011/04/13

[海外盤] Release: 2010/11/01

収録

「カルメン組曲」 Carmen Suite, 1978

振付:アルベルト・アロンソ Alberto Alonso
音楽:ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet / ロディオン・シチェドリン Rodion Shchedrin
装置:ボリス・メッセレル(Boris Messerer)
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー Gennadi Rozhdestvensky
演奏:ボリショイ管弦楽団 Bolshoi Orchestra

カルメン:マイヤ・プリセツカヤ Maya Plisetskaya
ホセ:アレクサンドル・ゴドゥノフ Alexander Godunov
エスカミーリョ:セルゲイ・ラドチェンコ Sergei Radchenko
ツニガ:ヴィクトール・バリキン Victor Barykin
運命:ロイパ・アラウホ Loipa Araujo

「ロマンティック・エンカウンター」 Romantic Encounter, 1978

振付:ヴァレンティン・エリサリエフ Valentin Elisariev
音楽:P.I. チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky

マイヤ・プリセツカヤ / アナトリー・ベルディシェフ Anatoly Berdyshev

「眠れる森の美女」よりローズ・アダージオ Sleeping Beauty Act I:Pas d'action: Adagio, "Rose Adagio", 1977

振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
音楽:P.I. チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky

マイヤ・プリセツカヤ

「病める薔薇」 La Rose Malade, 1978

振付:ローラン・プティ Roland Petit
音楽:マーラー「交響曲第5番第4楽章アダージェット」 Gustav Mahler: Adagietto from the Symphony No. 5

マイヤ・プリセツカヤ / ヴァレリー・コフトゥン Valery Kovtun

「アヴェ・マイア」〜マイヤの75歳誕生日を記念して Ave Maya, 2000

振付:モーリス・ベジャール Maurice Bejart
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ Johann Sebastian Bach / シャルル・グノー Charles Gounod

マイヤ・プリセツカヤ

感想

2010年にプリセツカヤの85歳を記念して発売されたDVDで、2000年の75歳記念公演での「アヴェ・マイア」と、彼女のインタビューが収録されているのが売り、ですね。

この75歳記念公演の全容は調べていないのですが、舞台の感じからすると、若いダンサーたちが公演本編でプリセツカヤにバレエを捧げて、フィナーレかアンコールで「アヴェ・マイヤ」という感じではなかったかと。ボリショイの広い舞台の前の方に、赤い花がたくさん投げ入れられていました。カルダンのパンツスーツにヒールで踊る姿は、若い頃より日本舞踊に近づいていたかも。

「カルメン組曲」は、収録年表記が違うけど、昔シアテレで放映された「ロシアバレエのスターたち #6」と同じだと思います。カメラワークが凝っていて、ホセ役のゴドゥノフもよいので、市販されているもう1つのプリセツカヤ「カルメン組曲」映像より好き。

最初に書いたプリセツカヤ75歳の時の「アヴェ・マイア」と「ロマンティック・エンカウンター」は初めて見ました。後者のパートナーのベルディシェフという方も初めて見たと思う。当時のプリセツカヤが好んだのだろうなーという作品でした。

ローズアダージオと「病める薔薇」はシアテレ「ロシアバレエの黄金時代」で見ています。DVDだとVAIの「Great Stars of Russian Ballet, Vol.2」に収録。愛らしいオーロラ姫がプロムナードになった途端に風格たっぷりの女王様になるローズアダージオと、昔は「薔薇の死」と呼ばれていたのが無条件に納得できてしまうプリセツカヤの薔薇。


特典映像のインタビューは、1つが「カルメン組曲」制作時のお話。カルメンに魅せられたプリセツカヤの情熱と当時のエピソード、ショスタコーヴィチとハチャトゥリアンに断られてシチェドリンがでが蹴る事になったた有名な話が作曲家本人の口から語られます。日本語を始め各国語字幕が選べるのは親切仕様。

もう1つは「Life in Pictures」ということでプリセツカヤの子ども時代から公演やプライベートなどの写真とヴィデオがスライドショー的に10分ほど。有名人とのショットはこの人も!なんて驚きもあって楽しかったですわ。他に「かもめ」のトレイラーも入っています。


Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2017.01.27 - 2017年2月リリース Arthaus Musik廉価盤(The Art of Eleganceシリーズ)情報追加
  • 2015.08.23 - 感想書きました。
vc vc