First Position

ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! [DVD]

監督:ベス・カーグマン
制作:2011年 アメリカ / 本編92分 + 特典55分
http://www.firstposition-movie.com

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

バレエの限られた世界だけではなく、誰の人生であっても変わらない、大切な事を描いた映画ですよね。出て来る人みんなとても人間くさいし、無条件に応援してしまいます。


商品情報

特典映像:YAGPファイナルでの踊り(フル収録・出演者全員)/2011・12年YAGPでの踊り/世界のYAGP出場者たち/予告編

国内|DVD(日本コロムビア:COBM-6464) Release: 2013/06/19
国内|Blu-ray(日本コロムビア:COXC-1059) Release: 2013/06/19

クレジット

監督・製作・編集
ベス・カーグマン Bess Kargman
製作総指揮
ローズ・カイオラ Rose Caiola
撮影監督・アソシエイトプロデューサー
ニック・ヒギンズ Nuck Higgins
音楽
クリス・ハジアン Chris Hajian

出演

アラン・ベル Aran Bell, 11歳
ミケーラ・デ・プリンス Michaela De Prince, 14歳
ジョアン・セバスチャン・ザモーラ Joan Sebastian Zamora, 16歳
ミコ・フォーガティ Miko Fogarty, 12歳
ジュールズ・ジャービス・フォーガティ Jules Jarvis Fogarty, 10歳
レベッカ・ハウスネット Rebecca Houseknech, 17歳
ガヤ・ボマー・イェミニ Gaya Bommer Yemini, 11歳

感想

5000人を超える応募、世界各地での予選、そして最終選考に300人 - とても大きなコンクールですよね、YAGP。この映画は2010年にそのユース・アメリカ・グランプリに挑んだ7人の、環境も国籍も年齢も様々な子供たちを追ったドキュメンタリー映画です。バレエの世界、の事ではあるけれど、とても本質的な事が描かれていて、文科省選定も頷ける作品。

とりあげられた7人の中では、男子シニアのシルバーメダルとロイヤル・バレエ・スクールのスカラを取ったジョアンくんは踊りそのものはまだ未熟だけれど、16歳にして独特の色香もあり目を惹きました。家族のいるコロムビアから一人渡米してバレエを学ぶ彼は精神面もかなり大人。ご両親と電話で話す時の表情はまだ少年だけれど、踊っている時は故郷に帰っての家族との時間にもじーんときました。彼はこの2013/14シーズンからイングリッシュ・ナショナル・バレエに入団。活躍が楽しみです。

ダニール・シムキンをちょっと思わせるアラン・ベルの教師はデニス・ガニオ、アランと仲良しのイスラエルのガヤは、普段はとてもシャイに見えるのに、踊り始めるとすっかりそのキャラクターに。シエラレオネ出身のミケーラは内戦で両親を失いアメリカに来た経緯とともに、黒人にとって今もハンデと言えるクラシック・バレエを目指す強さも印象に残ります。しかも決戦直前に脚を痛めて…。

恵まれた環境とプロポーションを持ったレベッカが、結局バレエとは縁薄くなってしまうのも、その恵まれたもの故、なのかもしれませんね(彼女はワシントン・バレエからオファーを得て入団したものの、結局はバレエに全てを捧げることはできずに退団し、今は大学のダンスチームで心から楽しんで踊っているようです)。当時12歳なのに自分のすべきこと、したいことをしっかり持っているミコ。姉のミコほどはバレエに執着がなく、いつも教師に怒られているジュールズ。


このミコとジュールズの教師ヴィクター、姉弟の個性の違いを把握して教え方を変える事はできなかったのかなー、なんて。ジュールズだって踊るのは好きだったハズで、彼を伸ばしてあげるような指導だったら辞めずに続けていたかもしれないのに、と思ってしまいました。私だったら、先生があんな風だったらスグにメゲちゃうと思う…。

ミコとジュールズのママの撮られ方もこの映画の1つの象徴だったと思うけれど、私は先に見た人達の評判ほどは気にならなかったです。親に感情移入しちゃう年代だからかしら…。彼女だけでなくどの子の親や教師もみんな、子供たちが舞台で踊るのを客席で見守る様子はとても誇らしげで幸せそうでした。(ヴィクター以外は!)観客が拍手と歓声でダンサーを応援するYAGPならではの空気も好もしく感じてしまう程。

この映画、もちろん彼らのドキュメンタリーとして十分に見応えがあるのですが、バレエファンとしてはちらちら映るあんな人こんな人にきゃっきゃできる楽しみも。アランの教師デニス・ガニオだけでなく、ジョアンの教師は元ABTのフラビオ・サラザールでしたし、本選の司会にはスーザン・ジャフィ。審査員にはエリザベット・プラテルやオリヴァー・マッツだけでなく、セルゲイ・フィーリンの姿もありましたよね…。また出場者の中にも今年ABTに入団した小川華歩さん、同じくABTにいるGabe Shayerの顔もありました。数年後に見返したら「あ、○○さんがいる!」なんて発見がいろいろあるかもしれませんね。


特典映像で彼らのパフォーマンスをフルに見られるのも嬉しいです。2010年だけでなく2011/2012年の彼らのパフォーマンスや、他の出場者の抜粋映像が見られるのも太っ腹。ただ、一人一人再生ボタン押さないといけないのが面倒…。「まとめて見る」ボタンがほしかったです。

Official Trailer

vc vc