Le Ballet Igor Moisseiev, Igor Moiseyev Ballet: Live in Paris

Igor Moiseyev Ballet Live in Paris [DVD]

振付:イーゴリ・モイセーエフ
収録:2011年12月21,22日 パリ国際会議場 / 108分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

今までずっと気になっていながらも見る機会のなかったモイセーエフ・バレエ団、NHKのプレミアムシアターで放映してくれたおかげでやっと見る事ができました。これは是非1度生で見なくては…。
(2013.02.01追記)BelAir ClassiquesよりDVD発売との事。


商品情報

海外|DVD(Bel Air Classiques:BAC090) Release: 2013/02/11

FORMAT:NTSC / REGION:0

クレジット

振付
イーゴリ・モイセーエフ Igor Moiseyev
芸術監督
エレーナ・シャバコワ
指揮
アナトリー・グーシ Anatoli Gus
演奏
国立アカデミー民族アンサンブル
映像
アンディ・ゾマー Andy Sommer

演目

  • 「ロシアの踊り"夏"」 Danses russes "Ete"
  • 「カルムイク人の踊り」 Danse Kalmouke
  • 「タタール人の踊り」 Danse des Tatars de Crimee
  • 「ホルミー」 Khoroumi-Danse guerriere Adjare
  • 「モルダビアのダンス組曲より"ジョク"」 Suite Moldave-Joc
  • 「年老いた都会人のカドリーユ」 Vieux quadrille citadin
  • 「パルチザン」 Tableau choregraphique "les Partisans"
  • 「海軍組曲"船の1日"」 Un jour sur un navire
  • 「ブルバ」 Boulba
  • 「チガーヌの踊り」 Danse Tzigane
  • 「ホタ・アラゴネーズ」 Jota Aragonaise
  • 「ガウチョ」 Gaucho
  • 「2人の子どもの戦い」 La lutte des deux gamins
  • 「ゴパック」 Gopak

感想

舞台は2部構成。1幕前半は挨拶代わりといった感じでいかにも民族舞踊という演目が続きます。これも美しくて楽しいのだけど、あまり続くと飽きるかなーと心配になる頃に色合いが変わってきて、ぐんぐん引き寄せられました。ダンサーのみなさんの無尽蔵に思えるパワーと圧倒的なテクニックにひたすら感激。回り、飛び、走る!見ているだけでこちらが酸欠になりそうです。

いろんな地域の民族衣装と民族音楽に乗せて次々に繰り広げられるダンスは舞台用に多少のアレンジは施されているのでしょうけれど、バレエとは縁の深い踊りだけに馴染みのある動きも多く、親しみやすさもあります。大部分はストーリーや設定がない踊りの中「海軍組曲"船の1日"」は、正に海軍を舞台にしたコント混じりの楽しい演目。妙技の数々を堪能しました。「チガーヌ」→「ホタ・アラゴネーズ」なんてドン・キホーテの世界そのもので、バレエファンはすっとその世界に入っていけると思います。ここのダンサーさんたち、みなさん表情で語るのがとても上手。

最初の方の演目での、若い恋人たちの描かれ方が多少時代がかっていたので、ある時代の民族舞踊のショーケースとして存続していくカンパニーなのかなーとぼんやり思っていたのですが、いやはやとんでもない。勝手に化石扱いしてごめんなさい。圧倒的なパフォーマンスは理屈じゃなく楽しめました。これは生で見たいでしょう。以前はよく日本にも来てくれていたようですが、また来てくれないかなー。


関連商品

私は未見ですけれど、上記以外に現在市販されているモイセーエフ・バレエ団の映像は以下の4点です。

Moiseyev Dance Company: Gala Evening
The Astonishing Moiseyev Dance Company, Vol.1
The Astonishing Moiseyev Dance Company, Vol.2
Igor Moiseyev and His World of Dance

この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2017.06.28 - リンクメンテナンス
  • 2016.08.27 - リンクメンテナンス
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2013.02.01 - 海外盤DVD発売情報追記
vc