私がキャッチできたテレビ番組を1年分まとめて記載。見られなかったものはリストに含まれておりません〜。

2012/12/31 「ららら♪クラシック スペシャル クラシック・ハイライト2012」

NHK Eテレ

バレエ関係ではスタジオゲストに首藤康之さんを迎え、世界バレエフェスからオシポワ/ワシーリエフ「海賊」パ・ド・ドゥを放映。


2012/12/30 石原さとみが巡る 南ドイツ浪漫紀行〜森と人と芸術と…明日に向かう挑戦の物語〜

BS朝日
http://bs2013.jp/2013/program/stepforward02/index.html

BS民放5局共同特別編成キャンペーンによる特番。「女優の石原さとみは、「STEP FORWARD〜前進 その先へ〜」をテーマに、環境・教育・芸術の世界で夢を実現するために、明日への一歩を踏み出した浪漫溢れる南ドイツを旅します。」という内容で、エコツーリズム、森の幼稚園、御用窯ニンフェンブルク陶芸工房などと並んで、バイエルン国立バレエのジュニアカンパニーに所属する日本人バレエダンサー 波多野渚砂さん18歳を訪問。

カンパニーは「ラ・バヤデール」の公演中。怪我をしたダンサーの代役で急遽Shadesを踊ることになった。このカンパニーはパトリス・バール版で、美術が毛利臣男さんなので豪華ですね。舞台の映像も見られて嬉しかったです。イヴァン・リスカ(イヴァン・リシュカ、と番組では紹介)のコメントもあってにっこり。


2012/12/13 「オデッサの階段」#10 平山素子の現象

フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/odessa/backnumber/121213.html

30分枠の地上波の番組で平山さんのことをしっかり紹介してくれるのかしら?とあまり期待せず見たのですが、すごく面白かったです。彼女の聡明さが際だっていたし、番組中に挿入された作品映像も貴重なものばかり。村上佳菜子さんを始め、近藤良平、中川賢、本島美和、奥村康祐といったダンサーさんたちや様々なジャンルで彼女と関わった方達だけでなく、ご両親(お父様と目元がそっくり!)とご主人まで登場。それにしても彼女の作品の魅力的なこと。



2012/11/28 「ワールドWave トゥナイト」バレエの最高峰をめざす シエラレオネ出身少女

NHK BS1

ABCニュースから、映画「ファースト・ポジション」および、同映画に出演しているシエラレオネ出身のミケーラ・デ・プリンスのインタビューを紹介。


2012/11/21 「エン活」

TBS

ブベニチェク・ガラ「カノン」の紹介あり。


2012/11/12 「スーパーステージ」

TBS

「100万回生きたねこ」からは森山未來/満島ひかり/インバル・ピント/アブシャム・ポラックのコメントや稽古の様子、ブベニチェク・ガラ「カノン」の紹介が流れました。


2012/11/07 「エン活」

TBS

Kバレエ「くるみ割り人形」からは宮尾さんのコメント、スペイン国立バレエ団からは芸術監督アントニオ・ナハロのインタビューが流れました。


2012/11/03 「美の巨人たち」エドガー・ドガ「ダンス教室」

テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/121103/index.html

エドガー・ドガ「ダンス教室」の回。この絵は横浜美術館で開催されたドガ展にも来たオルセー美術館所蔵のものですね。絵の中のダンス教師はジュール・ペロー。イメージカットでガルニエ宮やバレエダンサーさんたち(オペラ座にあらず)も。


2012/10/29 「第24回高松宮殿下記念世界文化賞授賞式」

フジテレビ

森下洋子さんが演劇・映像部門を受賞なさった第24回高松宮殿下記念世界文化賞。森下さんとフィリップ・グラス(音楽)、チェッコ・ボナノッテ(彫刻)、ヘニング・ラーセン(建築)、蔡國強(絵画)、そして第16回若手芸術家奨励制度の対象団体スフィンクス・オーガニゼーションの紹介VTRと、10月23日に常陸宮、同妃殿下のご臨席で明治記念館にて行われた授賞式の模様が放映されました。といっても30分ほどの番組ですから、授賞式についてはメダル授与とインタビューくらいでしたけど。

日本人受賞者の森下さんの紹介が一番長かったでしょうかね。番組ナビゲーター草刈民代さんのコメント、清水哲太郎さんのコメントも。


2012/10/28 「たべコレ」本島美和

テレビ東京

最後の晩餐に食べるとしたら選ぶ料理を20代から50代までの有名人が1人ずつ紹介、という番組で、30代代表で本島美和さんが登場。渋谷 せきぐち亭さんのハンバーグを紹介されていました。


2012/10/24 「エン活!」

TBS
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/tabecolle/

インバル・ピントとアヴシャロム・ポラックが振付を担当するミュージカル「百万回生きた猫」とKバレエ「ドン・キホーテ」の番宣。「百万回〜」の方は主演の2人とピント/ポラックのインタビュー。Kバレエの方はスタジオでのリハーサルの様子と宮尾さんのインタビューあり。


2012/10/23 「地球バス紀行」#80 オデッサ発ひまわり街道キエフ行き

BS TBS
http://w3.bs-tbs.co.jp/bus/80.html

ウクライナの第2の都市オデッサを出発し、西部のリブノを経由し、首都キエフに向かうバス紀行を紹介する番組。けっこうな行き当たりばったりっぷりでびっくり。キエフの街でバレエ学校生徒の少女たちに出会って見学をさせてもらうことに。海外公演に出かけるって言ってたけど、卒業してから専門の学校に行くっていっていたから予備的な学校なのかしら。小学校高学年か中学生くらいでしょうかね、彼女たち。


2012/10/18 「エル・ムンド」珍しいキノコ舞踊団

NHK BS1 / 50分
http://www.nhk.or.jp/elmundo/prg/121018.html

珍しいキノコ舞踊団がゲスト。設立からもう22年ですか!と驚いてしまいました。CMで流れているらしい(テレビはバレエ関係しかみないもので…)ハイパー アセロラ体操と、あと1つ作品をスタジオで踊ってくれていました。カンパニーの名前の由来とか、海外公演が気付かせてくれたものなどなどトークも楽しかったです。パフォーマンスの分トークは短めだったので(メンバー5人も来ていた事だし)もう少しお話聞きたかったです。


2012/10/15 「プライム・ニュース」森下洋子

BSフジ

国際的プリマバレリーナ森下洋子にきく 世界に挑んだバレエ人生61年
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d121015_0

生放送のスタジオで森下さんをゲストに迎えて。他の出演者というか司会や解説者のあまりに失礼な態度が不愉快過ぎる番組でした。狭い価値観しか持たない人たちにはこういう聞き役をさせては失礼ですよね。

森下さんのお話をこれだけの時間しっかり伺えた番組という点ではとても貴重でした。聞き役の方がバレエに疎い方達なので(せめてお勉強くらいしてからにして欲しいものです)バレエファンが聞きたいお話はそう多くなかったかもですが、ヌレエフやフォンテーンとのエピソードが聞けたのもよかったです。それに、あれだけの公演数に出演されていながら、一度も穴を開けたことがないというのはスゴイ事ですよね。
若い頃からのお写真や松山の舞台のアーカイブも断片でいろいろ。


2012/10/14 「極上のクルーズ紀行」美しきバルト海の幻想〜古都タリン・サンクトペテルブルクの輝き〜

BS TBS
http://w3.bs-tbs.co.jp/cruise/onair80.html

イギリスの豪華客船SAGAサファイアで往く、夏のバルト海・北欧7カ国クルーズ、15泊16日の旅より。サンクトペテルブルクではオーロラ劇場でバレエ「白鳥の湖」を堪能、というもの。サンクトペテルブルク・ロシア・バレエ劇場と名前が出ていました。あと、バレエ・プロデューサーとしてブラジナ・リュドミラと。(リュドミラ・ブラジナさん?)


2012/10/11 「旅のチカラ」魂で踊る いのちを踊る 夏木マリ ドイツ ヴッパタール

NHK BSp / 60分
http://www.nhk.or.jp/bs/tabichikara/

夏木マリさんがヴッパタールを訪れ、ピナの創作仲間や素顔を知る人を訪ねて、ピナの創作の秘密に迫る、という回。かつて夏木さんはピナから「1年間、ヴッパタール(ピナの活動拠点)に来られる?」と声をかけられていたのだとか。

ヴッパタールで80週を越えるロングランを続ける映画「PINA」を見て、街に残るピナの足跡を探す。そしてヴッパタール舞踊団に在籍していたジャン・サスポータスのワークショップを受け、最後には彼と2人で1つのダンスを作りあげていました。天晴れでございます。

ピナ作品の映像はフルムーン、春の祭典、コンタクトホーフ、カフェ・ミュラーあたりの断片が見られました。夏木マリさんの「印象派」舞台からも。


2012/10/07 「ららら♪クラシック」バレエの世界へようこそ 第2弾

NHK Eテレ / 60分
http://www.nhk.or.jp/lalala/index121007.html

「トップ・ダンサーたちの至芸」
首藤康之さんをゲストに迎えて、世界バレエフェスティバルの映像を見ながら、バレエの見どころをテクニックの観点から紹介。バレエのエクササイズや衣装工房でチュチュ制作の一部を見せてもらいます。また、アニエス・ルテステュのインタビューも。

紹介されるのは、
「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ:ヤーナ・サレンコ/ダニール・シムキン
#フェッテ、マネージュ
「ラ・シルフィード」エフゲーニャ・オブラスツォーワ/マチュー・ガニオ
#アントルシャ
「瀕死の白鳥」ウリヤーナ・ロパートキナ
#パ・ド・ブレ
「椿姫」アニエス・ルテステュ/ステファン・ビュリオン
#リフト


2012/10/06 「辻井伸行xチャイコフスキー 〜白夜音楽祭&サンクトペテルブルク紀行〜」

BSフジ / 115分
http://www.bsfuji.tv/top/pub/tujii2.html

辻井伸行が演奏する楽曲・作曲家のルーツを自ら訪ね、探訪するシリーズの第2弾とのこと。サンクトペテルブルクの白夜祭でワレリー・ゲルギエフの招きにより、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏する様子もたっぷり堪能できますし、サンクトペテルブルクやモスクワの美しい場所もたくさん出て来ます。そしてロシアの風土を理解する助けにもなり、チャイコフスキーの人生もじっくりと辿る事ができるという丁寧な番組でした。

その旅の中で辻井さんはマリインスキー劇場でバレエ「白鳥の湖」を鑑賞。踊っていたのはエカテリーナ・コンダウーロワとエフゲニー・イワンチェンコ。終演後にコンダウローワと辻井さんの対面も。


2012/09/26 「エル・ムンド」池田扶美代

NHK BS1 / 50分
http://www.nhk.or.jp/elmundo/prg/120926.html

Rosasの池田扶美代さんがゲスト。「RAIN」の映像がメインで、他にも昔のものから最近のパフォーマンスまで断片が見られました。池田さんのお話はとても面白い。でもたぶん、日本のテレビ番組の枠は彼女には窮屈ですよね。答えを池田さんに求めるのではなく、見た感じたものを受け取ってほしい、というのはその通りだし、パフォーマンスを見せていただけたら一番よかったのかも。後半、話が海外に出たきっかけや日本のダンスの現状、海外のダンスの位置づけなどの話も。


2012/09/23 「スーパーステージ」Kバレエ「ドン・キホーテ」

TBS

遅沢佑介、橋本直樹、宮尾俊太郎、秋元康臣の各氏がスタジオに登場。プロモーションでテレビ出演っていうのも善し悪しではあるのですが、これは短い時間ながらそれぞれの個性が見られて楽しかったかも。


2012/09/22 「エン活!」Kバレエ「ドン・キホーテ」

TBS

秋のツアー「ドン・キホーテ」の番宣。熊川さんのインタビューと既存映像から断片が流れました。


2012/09/04 「世界ふれあい街歩き」サンクトペテルブルグ エルミタージュ界隈

NHK BSp / 45分
http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/arukikata/120904.html

マリインスキー劇場のあるサンクトペテルブルグはエルミタージュ界隈を「街歩き」。マリインスキー劇場の裏手(かな?)に出て、劇場の方に話を聞いていると、劇場のソリストという男性ダンサーも登場(ど、どなた?)。煙草休憩に出てきたところでした。


2012/08/30 「小倉・住吉のおスミつき」草刈民代×バレエ ビギナーも安心のバレエ鑑賞ガイド

BS朝日 / 42分
http://www.bs-asahi.co.jp/osumitsuki/prg_011.html

スタジオゲストに草刈さんを、解説ビデオゲストに長野由紀さん、という思ったよりしっかりバレエの紹介をしてくれていた番組でした。

バレエ鑑賞の3つの楽しみ方(幻想の世界に浸りたい方へ/肉体の極限&スーパーテクニックに興奮したい方へ/踊りが表現する物語に酔いしれたい方へ)とバレエの歴史を絡めて紹介し、引用映像も豊富。更にはプロを目指す15歳の平木菜子さんを取材しスタジオでも踊りを披露、という盛りだくさんなもの。

引用されたのは草刈さんの舞台映像いろいろの他、新書館のバレエDVD多数、そして世界バレエフェスのBプロから「椿姫」(ルテステュ/ビュリョン)、「パルシファル」(シャルキナ/シャコン)、「ドン・キホーテ」(シムキン/サレンコ)など。

平木菜子さんは金田・こうのバレエアカデミーで学び、ジョン・クランコ・バレエ・スクールに短期留学も経験済とか。スタジオみたいな条件のよくない場所で踊るのは大変だったと思いますが、将来が楽しみなダンサーさんですね。お名前覚えておかなくちゃ。


2012/08/24 「アフリカン・ボイス」ミケーラ・デ・プリンス

CNNj / 23分
Michaela DePrince: From war orphan to teen ballerina: African Voices: CNN.com

シエラレオネ出身の17歳、プロフェッショナルのバレエダンサーとしてスタートを切ったミケーラ・デ・プリンスのインタビュー。幼い頃祖国で内戦を経験し両親を失い、戦争孤児としてアメリカ人家族に引き取られて育てられたそう。バレエを学び、2010年にはYAGPで最終選考まで残り、この年のYAGPを追った映画「ファースト・ポジション」にも登場しています。

今は安定した環境を得ているとはいえまだ17歳。そんな彼女に信じられないような酷い経験の事を聞くのは酷なようにも思いましたが、逆にこのような悲劇をなくしたい、子供達が夢を失わないように諦めないように伝えたいという意志が感じられて、心から応援したくなりました。彼女自身もまた、肌の色というバレエ界の壁に挑みつづけているのですから。

引用映像は映画「ファースト・ポジション」の他、祖国を出てから初めて戻った南アフリカで(番組収録も現地で、みたい)どこかの舞台にゲスト出演して「海賊」のギュリナーラを踊っているところも。


2012/08/18 「エン活!」Kバレエ「トリプル・ビル」

TBS

「フォルフガング」「ラプソディ」「真夏の夜の夢」トリプルビルの番宣。熊川哲也さんインタビューの他、それぞれの以前上演された時の映像もみられました。


2012/08/13 「ロンドンオリンピック閉会式」

NHK総合

閉会式のバレエダンサー登場は2箇所。1つめは閉会式恒例、次の五輪開催地による自己紹介コーナー。もちろんブラジルはリオ・デジャネイロだったわけですが、こちらに、ロイヤル・バレエのブラジル人プリンシパルであるロベルタ・マルケスとティアゴ・ソアレスが登場。それと、盲目のブラジル人バレエ学校の生徒さんも。ソアレスはぴっかぴかの白いタキシード、マルケスは白いチュチュ。最後にはサンバのリズムで登場したブラジルの方たち全員と一緒に踊っていたのですが、ソアレス怪しすぎ(笑)。マルケスはあの衣装だととても豊満に見えてしまいましたけど…。

そしてもう1つ、これは事前に情報が出ていた通り、ダーシー・バッセルがクリストファー・ウィールダンの振付で火の鳥となって登場しました。一緒に踊った男性陣は、ネマイヤ・キッシュ、エドワード・ワトソン、ジョナサン・コープ、ギャリー・エイヴィス。なにげに男性陣もとっても豪華。聖火の火が消える前のシークエンスで、空から登場したダーシーに釘付けでした。


2012/08/04 「ファッション通信」

BSジャパン

番組冒頭のホットニュースで、レペット銀座店オープニングパーティで新国立劇場バレエのダンサーたちが踊るところがほんのちょっとだけ。新国立劇場バレエ団ブログによれば、貝川鐵夫さん振付のデュエットを寺田亜沙子さんと宝満直也さんが踊っていたそうです(舞台と違う店内照明の中踊られたのを近くで撮影していたので、お顔が影になって判らず…)。

あとレッスンウェアでのパフォーマンスもちらりと映ったのですが、そちらは湯川麻美子さん監修(拍手しているお姿が映りましたね)で細田千晶さんと川口藍さんが踊られた…そうなのですが、カメラに映っていたのはどちらだったのかしら(コレも間近の足下からカメラさんがあおっていたのでお顔がよく見えず)。


2012/07/29 「日曜美術館」ゆるむ・ひらく・アートの旅〜瀬戸内編〜 森山開次

NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2012/0729/index.html

森山開次さんが豊島美術館と丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を訪れます。内藤礼さんの「母型」で踊ったりも。映像としては「KATANA」と「Shakkyou」(佐渡薪能の映像かしら)、新国でのリハーサルの様子も紹介。


2012/07/28 「ミシェル・フセインが聞くアジアの声」ゲスト:リ・ツンシン

BBCワールドニュース

来シーズンからクイーンズランド・バレエの芸術監督をつとめる、「Mao's Last Dancer」のリ・ツンシンをスタジオに迎えて話を聞く。大筋は、著作(邦題:小さな村の小さなダンサー)の内容通りのこと。映画からの映像もありましたが、現役時代の写真や映像があったのがよかったです。そして、バレエの後、現役で踊っている時から金融の勉強を始めていたそうで、その頃のお話も。引退する前1年半はダンサーと証券ブローカー両方の仕事に忙殺されていたとか。そしてバレエの世界に復帰するにあたっての決意も。

ご両親がアメリカに彼のバレエを見に来た時、心から息子を誇りに思ってくれたという事ですが、お父様は「何故ズボンをはかなかったのか」とおっしゃったとか。タイツ姿だもんね…(笑)


2012/07/28 「ロンドンオリンピック開会式」

NHK 総合

ロンドン五輪の開会式、テロ犠牲者に捧げられた「Abide With Me」のパートで、アクラム・カーンと彼のカンパニーがパフォーマンスを披露。強い想いと祈りに満ちた素晴らしいダンスでした。


2012/07/25 「警視庁捜査一課9係」#4

テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari/story/04.html

なんと新国立劇場バレエの厚地さんが、容疑者のパートナー役でドラマご出演(笑)。「ジゼル」のバレエシーンのみならず、「あの子にジゼル役なんて、まだ無理だったんじゃないですか」という台詞まで(しかも上手いw)。


2012/07/08 「ららら♪クラシック」シリーズ音楽の都 ロンドン

NHK Eテレ
http://www.nhk.or.jp/lalala/index120708.html

オリンピックを目前に控えたロンドンを特集。スタジオゲストはピーター・バラカンさん。プロムス、キングズ・シンガーズと共に、英国ロイヤル・バレエの「ロミオとジュリエット」(吉田都/スティーヴン・マックレー)の抜粋(18分30秒とのこと)を紹介。吉田都さんのコメントも。


2012/06/18 「エル・ムンド」英国・ロイヤルバレー最新事情

NHK BS1 / 分

蔵健太さんを案内役にロイヤル・バレエとロイヤル・バレエ学校を生中継で紹介。バレエ学校スタジオ内に日本のカメラが入ったのは初めてとのこと。ゲイレーン・ストック校長のコメントによれば、蔵さんはよく学校にも顔を出して後輩達を指導しているとの事。蔵さん以降、バレエ学校の日本人卒業生はカンパニーに入団していないという事で、ぜひとも後に続くダンサーが出てほしいものです。

カンパニーの方では、モニカ・メイスンが蔵さんを指導するところ(特別公演は「オンディーヌ」でしょうかね?)、蔵さんのメイクの様子、衣装アトリエやカンパニーの「パゴダの王子」リハなど、予想よりたっぷり見せてもらいました。蔵さん、伝えるトークがとてもお上手なのにも感心。


2012/06/17 「NHKとっておきサンデー」バレエの饗宴 吉田都さんに聞く

NHK総合 / 分

同日午後NHK Eテレで放映になる「NHKバレエの饗宴2012」を前に「とっておきチェック」のコーナーで魅力と見どころを紹介。吉田都さんのコメントあり。


2012/05/18 「BIEN VIVRE 輝く南フランス女性の秘訣」

BS日テレ / 5分
http://www.bs4.jp/bien_vivre/onair/03/
http://www.bienvivre.jp/TV_bienvivre/20120522191702

ジェルブレ提供の5分スポット番組。南フランスで暮らす女性のライフスタイルを紹介するというもので、その第3回がトゥールーズのバレエ教師レティシア・グランディッソンさんでした。(たぶんココ。 http://www.darissiadanse.com/)

かつてはプロのバレエダンサーで、ご主人のダリユスさんもメジャーなカンパニーで踊っていた、ということで2人でちょっと踊ってみせてくれたり。上のサイトには(どちらが所属していたかは不明ですが)アルヴィン・エイリー、アテルバレット、BBLの名前が挙がっていました。


2012/05/09 「TBS24時」

TBS / 1分+1分
http://www.tbs.co.jp/sore-yarimasu/24ji/

4月1日から3ヶ月間、毎日1分間の生放送x10回程度、という企画だそうでTBSのアナウンサーがどこかの「現場」からお伝えしますというものだそうです。その企画で5月9日に「海賊」リハーサルが進むKバレエ・カンパニーのスタジオから1分間の生中継を午前と午後1回ずつ。午前は宮尾さんと松岡さん、午後は宮尾さんが出てきました。


2012/05 「イタリアのクラフツマンシップを訪ねて -THE WHISPERED-」#3 風

WOWOW / 分
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/100836/

フェンディが2010年に出版した本「The Whispered Directory of Craftsmanship: A Contemporary Guide to the Italian Handmaking Ability」に掲載されたイタリア各地の手仕事を、レポーターのフィアンメッタ・チコーニャがマセラティ グランカブリオレ フェンディ(フェンディとマセラッティのコラボカー)で訪れる、という番組。その第3話「AIR」のインタビューにロイヤル・バレエのイタリア人プリンシパル、フェデリコ・ボネッリが登場。1分ほどですが「AIR」をテーマに語っています。グランカブリオレを運転する姿も素敵。

街並みも美しく、紹介される芸術的な手仕事にもため息。ポニーキャニオンから日本語字幕付きDVDも発売されていますし、元になった本 THE WHISPEREDも第2弾が発売になっています。

FENDI×MASERATI PRESENTS“THE WHISPERED”〜イタリアのクラフツマンシップを訪ねて〜 [DVD]
FENDIxMASERATI PRESENTS“THE WHISPERED”〜イタリアのクラフツマンシップを訪ねて〜 [DVD]


2012/05 「セルゲイ・フィーリンに聞く!新生ボリショイ劇場」

クラシカ・ジャパン / 約15分

5月のボリショイ大特集の一環で、ボリショイ・バレエ来日時に収録されたインタビュー(と来日記者会見からのコメント)を放映。今月放映される関連映像を挟みつつ、組織としてのボリショイ、新しくなった劇場、バレエ団の芸術監督としてのヴィジョンなどについて話を聞いていました。


2012/04/30 「課外授業 ようこそ先輩」身体を使って話をしよう〜ダンサー 康本雅子〜

NHK総合 / 約23分

康本雅子さんが千代田区九段小学校5年1組で課外授業。身体を使ったコミュニケーション、というテーマのこの回。こういう授業なら必修化も大いにお勧めしたいなぁ。


2012/04/29 「ららら♪クラシック」バレエの世界へようこそ!

NHK Eテレ / 約60分
http://www.nhk.or.jp/lalala/index120429.html

バレエ特集の回で、ゲストは首藤康之さん。バレエに縁のない人へのガイド的な作りになっていました。VTRコメントで吉田都さんと金森穣さん、小林十市さんも登場。「ザ・カブキ」が初めて生演奏で上演されたという事で、その紹介も。見る側からしたら今後も生でと切望したいけれど、とても大変な事なんですね…。

映像は「NHKバレエの饗宴」から「ザ・カブキ」とボリショイ・バレエ「眠れる森の美女」がそれぞれ10分以上流れました。他に「NHKバレエの饗宴」の他の断片映像や首藤さん関係の映像、ベジャールさんと東京バレエ団の映像も。


2012/04/27 「パリで逢いましょう」9区オペラ座の舞台裏に潜入!音楽と芸術の街、カフェの一日

BS日テレ / 分

毎回パリの区を1つずつ紹介する番組。9区ならオペラ座は欠かせませんね。パリ・オペラ座バレエやガルニエ宮を紹介していました。


2012/04/26 「旅のチカラ」ピエロのように踊りたい〜ダンサー森山開次・ニューヨーク〜

NHK BSp / 分

孤高のダンサーという自らのイメージを壊したい、とNYでピエロの学校に入学し演じていく中でダンスの原点を再発見、というドキュメント。クラウンとしてだけでなく何にとっても大切な事は周囲に耳を傾ける事…開次さんが一緒に行動した先輩クラウンの方々が言葉は違っても同じように話していたのが印象に残ります。


2012/04/26 「プライム・ショー」マニュエル・ルグリ

WOWOWプライム / 約6分

来日中のウィーン国立バレエ団日本公演についてのプロモーションで、生放送のスタジオにルグリがゲスト出演。


2012/04/22 「スーパーステージ」Kバレエ「海賊」

TBS / 約7分

「海賊」プロモーション。熊川さんによる見どころ解説の他、SHOKOさんのコメントも。


2012/04/19 「スタジオパークからこんにちは」吉田都

NHK 総合 / 約33分

吉田都さんがゲストの回。バレエダンサーとしての経歴を紹介し、視聴者からの質問ファックスに答えたり。今は日本に拠点を移して、自転車を始められたとか。黒いウェアでのお写真紹介もありました。映像としては「NHKバレエの饗宴」での「真夏の夜の夢」、ロイヤル・バレエ来日公演での最後の「ロミオとジュリエット」の他、都さんが審査員を務めたローザンヌ国際バレエ・コンクールで1位をとった菅井円加さんのクラシック・ヴァリエーションも。


2012/04/17 「テレビで中国語」

NHK Eテレ / 約4分

文化コーナーで、日中国交正常化直前に来日した上海バレエ団のプリマだった石鐘琴のインタビュー(後編)を放映。後編では日本で「白毛女」を上演した際の話や松山バレエ団との交流などについて。森下洋子さんと一緒に写った写真も見せていただきました。上海バレエ団の帰国時には日本側が、日本から上海への初の直行便を手配したのだそうです。


2012/04/15 「ららら♪クラシック」芸術の都 パリ

NHK Eテレ / 約60分
http://www.nhk.or.jp/lalala/index120415.html

パリがどのようにして芸術の都になったのかという特集の中でバレエ・リュスが紹介され、東京バレエ団「牧神の午後」が流れました。


2012/04/10 「テレビで中国語」

NHK Eテレ / 約5分

文化コーナーで、日中国交正常化直前に来日した上海バレエ団のプリマだった石鐘琴のインタビュー(前編)を放映。当時の話や公演の映像が流れました。大きな転換点の渦中にいた方の話はとても興味深いです。資料映像は日本公演の時のものっぽいのですが…あるなら見てみたいなぁ、「白毛女」。


2012/03/03 「読売ニュースナビ」17歳の新星誕生 バレエ界の未来

日テレG+ / 15分

読売新聞記者による解説番組。中谷久美子アナが祐成秀樹記者に聞く形。菅井さんの記者会見もよそで聞かなかった事あたりも含めて流れていました。


2012/02/26 「世界への挑戦」17歳のバレリーナ

NHK Eテレ / 30分

ローザンヌ国際バレエコンクールでの菅井さんの結果とその後の日本の盛り上がりを受けてか、いつもの全編放送の前に、ダイジェスト的な放映がありました。菅井さんについての吉田都さんのコメント、熊川さんの(特に彼女にあてて、という訳ではなく騒ぎすぎる世間に対して的な)コメントあり。決戦出場者のうち日本人出場者の簡単な紹介と、入賞者のクラシックバリエーション(吉田都さんの簡単なコメントつき)、菅井さんのコンテンポラリー、そしてこれから次のステップへと踏み出す菅井さんのコメントも。


2012/02/25 「エンプラ」Kバレエ「海賊」

TBS / 約5分

Kバレエ・カンパニー「海賊」プロモーション。熊川哲也、SHOKO、宮尾俊太郎、橋本直樹4氏のコメントあり。SHOKOさんのチャコット撮影の様子も見られました。


2012/02/21 「テレビでドイツ語 EURO24」ヴィム・ヴェンダース監督

NHK Eテレ / 約6分

映画「PINA」のプロモーションで来日したヴィム・ヴェンダース監督のインタビューを紹介。映画の様子や福島での上映会の様子なども。


2012/02/15 「おはよう日本」日本のバレエ 高レベルな訳は

NHK総合 / 約10分

ローザンヌ国際バレエ・コンクールで日本人入賞者が占める割合が高い事から、菅井さんのいるバレエ教室の取材を絡めて日本とヨーロッパの違いや課題などを。新国の菅野さんの年間の出演料が約300万円という具体的な数字が出ていました。ビントレーのコメントは先日とは別のものですね。


2012/02/12 「JAPAN 7DAYS」ON HER TOES

NHK BS1 / 約6分

ローザンヌ国際バレエ・コンクールでの菅井さんの健闘を報告。帰国会見、バレエ学校での先生や生徒さんたちのコメントも。都さんや熊川さんのローザンヌでの演技、ビントレーのコメントも流れました。


2012/02/10 「Nスタ」岩田守弘さん

日テレ / 約11分

ボリショイ・バレエ来日公演で来日中の岩田守弘さんを紹介。クラスレッスンや公演の様子、来日記者会見でのアレクサンドロワのコメント、フィーリン、お父様のコメントなど。旧ソ連に渡ったばかりの頃19歳の頃の映像、モスクワ国際コンクールで金賞を取った際の映像、そしてボリショイでの最後の来日公演での渾身の道化も。お宝映像も盛りだくさんでした。お嬢さんたち、日本語もお上手なんですね。


2012/02/09 「とくダネ!」ローザンヌ国際バレエ・コンクール

フジ / 約11分

菅井さんの評価が高かったのがコンテ、という事でコンテンポラリーダンスを検証、というコーナー。草刈さん、島崎徹さんのコメントあり。


2012/02/07 「知りたがり!」ローザンヌ国際バレエ・コンクール

フジ / 約30分

菅井円加さんの帰国記者会見。小山久美さんがスタジオゲストとして登場し、日本のバレエの現状、ローザンヌで入賞し留学したその後の厳しき道、などについて。佐々木三夏さんの電話インタビューも。


2012/02/06 「報道ステーション」ローザンヌ国際バレエ・コンクール

TV朝日 / 約11分

菅井円加さんの帰国記者会見をたっぷりめに放送。しっかりしたお嬢さんだわ。熊川さんのコメントやスタダン小山久美さんのVTRコメント、お教室の先生やお母さんのコメント。だけでなく高校の同級生のコメントまでとっていたのにびっくり。


2012/02/06 「ニュースウオッチ9」ローザンヌ国際バレエ・コンクール

NHK総合 / 約6分

菅井円加さんがスイスから帰国しての記者会見、ローザンヌ国際バレエ・コンクールが果たす役割を紹介し、日本人ダンサーの評価についてデヴィッド・ビントレーに話を聞いていました。


# 菅井さんをとりあげた番組は他にもいろいろありましたが、とりあえず私が見られたものの中からいくつか。

2012/02/01 「ワールドWave トゥナイト」エトワール 被災地へ

NHK BS1 / 約10分

パリ・オペラ座バレエのエトワール、ドロテ・ジルベール(とフロリアン・マニュネ)が子供たちにバレエのレッスンをするために、東日本大震災の被災地の1つ石巻市を訪問。そのバレエ教室でのレッスンの様子と、東京での「Love from Paris」の様子を。舞台からは、ドロテとマチューの「マノン」寝室pddも。


2012/01/23 「スーパーステージ」

TBS / 25分

Kバレエ・カンパニー「シンデレラ」特集。スタジオに熊川哲也を迎えてのトークの他、SHELLYがスタジオでリハを見学。衣装のフィッティングなどは先の特番でも放映されましたが今回の方がじっくりたっぷり。


2012/01/20 「ザ・プライム・ショー」

WOWOW / 16分

スタジオゲストに首藤康之さん。「今日と明日の間で」からの映像もちらりと。


2012/01/14 「どれどれトーク」熊川哲也

日テレG+ / 25分

読売新聞文化部記者によるインタビュー番組。今回の聞き手は祐成秀樹氏。話題はオーチャードホール芸術監督就任と新制作「シンデレラ」、熊川さんご自身のあれやこれや。熊川さんとしては比較的歯切れがよくないトークだったのは言葉を慎重に探していたのだと思われますが、祐成さんの質問がそうさせたところもあるのかしら。貸し小屋でもある日本の劇場の芸術監督の役割というものについては、ジレンマ含めてもっとつっこんだ話が聞きたかったです。


2012/01/10 「熊川哲也の死ぬまでに一度はバレエを。」

TBS / 45分

Kバレエ・カンパニー「シンデレラ」と熊川哲也さんにスポットをあてた1時間弱の特番。リニューアルしたオーチャードホールもお目見え。熊川さんのお気に入りのバレエ作品の話を伺ったり、装置の打ち合わせや衣装のフィッティング、スタジオでのリハーサルなどなど。


2012/01/09 「Boot!」

TBS / 4分

Kバレエ・カンパニー「シンデレラ」特集。


2012/01/05 「きれいの魔法」バレエダンサー直伝 バーオソルでしなやかな身体に

NHK Eテレ / 24分

竹田純さんを迎えてバーオソルのレッスン。案内役は黒崎めぐみアナ。


この記事の更新履歴

  • 2013.02.21 - 11-12月分更新。
  • 2012.11.06 - 8-10月分更新。
  • 2012.08.04 - 7月分更新。
  • 2012.06.30 - 6月分更新。
  • 2012.06.01 - 5月分更新。
  • 2012.05.07 - 4月分更新。
  • 2012.04.04 - 2,3月分更新。
  • 2012.02.02 - 1月分更新。