Stravinsky and the Ballets Russes / Mariinsky Ballet

Stravinsky & The Ballets Russes (Ws Sub Ac3 Dol) [DVD] [Import]

振付:ミハイル・フォーキン、ワスラフ・ニジンスキー
出演:エカテリーナ・コンダウローワ、イリヤ・クズネツォフ 他
収録:2008年6月 サンクトペテルブルク白夜祭 マリインスキー劇場 / 本編85分 + 特典38分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

NHKで放映された「サンクトペテルブルク白夜祭」と同じ公演を収録したものですが、「結婚」が入っておらず、かわりに特典映像が収録されているので、別に記事をあげる事にしました。


商品情報

特典映像:Documentary on the Ballets Russes and interview with Millicent Hodson and Kenneth Archer.

海外|DVD(Bel Air Classiques:BAC041)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤](キングインターナショナル:KKC9093) Release: 2014/11/07

[海外盤] Release: 2009/07/27

海外|Blu-ray(Bel Air Classiques:BAC441)

[国内仕様盤] (キングインターナショナル:KKC9092) Release: 2014/11/07

[海外盤] Release: 2009/07/27

海外|DVD BOOK(Bel Air Classiques:BAC241) Release: 2013/06/03

DVD+36p illustrated in 3 languages

クレジット

指揮
ワレリー・ゲルギエフ Valery Gergiev
演奏
マリインスキー劇場管弦楽団 The Mariinsky Orchestra
映像
デニス・カイオッツィ Denis Caiozzi

収録

「火の鳥 」The Fire Bird

音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky
振付/台本:ミハイル・フォーキン Mikhail Fokine
改訂振付:イザベル・フォーキン Isabelle Fokine / アンドリス・リエパ Andris Liepa
オリジナル美術:アレクサンドル・ゴロヴィン Alexander Golovin レオン・バクスト Leon Bakst ミハイル・フォーキン

火の鳥:エカテリーナ・コンダウロワ Yekaterina Kondaurova
イワン王子:イリヤ・クズネツォフ Ilya Kuznetsov
王女:マリアンナ・パブロワ Marianna Pavlova
カッチェイ王:ウラディミール・ポノマレフ Vladimir Ponomarev


「春の祭典」 Le Sacre du Printemps

音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
台本:イーゴリ・ストラヴィンスキー / ニコライ・レーリヒ Nicholas Roerich
振付:ワスラフ・ニジンスキー Vaslav Nijinsky
振付復元/演出:ミリセント・ホドソン Millicent Hodson
オリジナル美術:ニコライ・レーリヒ Nicholas Roerich
美術復刻/監修:ケネス・アーチャー Kenneth Archer
照明:Vladimir Lukin

いけにえの娘:アレクサンドラ・イオシフィディ Alexandra Iosifidi
長老:エレナ・バジェーノワ Elena Bazhenova
賢人:ウラディミール・ポノマレフ Vladimir Ponomarev

感想

NHKで放映された「サンクトペテルブルク白夜祭」を録っていたのでDVDは買わずに過ごしていたのですが、ブルーレイ機をようやく導入したので、半分は特典目当てでBDを買ってみました。この映像にはNHKでは放映された「結婚」が入っていないのがとても残念なのですが、かわりに「The Ballets Russes」という8分間のドキュメンタリー(英字幕あり仏語)と、ミリセント・ホドソン/ケネス・アーチャーのインタビュー(30分間)が(仏字幕あり英語)入っています。いずれの映像にも、ホドソンとアーチャーがマリインスキーのダンサーたちに「春の祭典」リハーサルしている様子が入っていました。

本編の各作品についてはNHK編の方で簡単な感想を書いているので、ここでは本編の舞台映像とNHKで放映されたものとの違いや特典について。

NHKで放映されたものとの違いは、もちろんNHK自前の演目キャスト紹介がない事なのですが、本映像ではその分オケとゲルギエフをたっぷり写しています。あと、「春の祭典」のカーテンコールにもゲルギエフが登場していました(NHKではゲルギーが出て来る前でカット)。NHKで放映した「結婚」でもカーテンコールにゲルギエフが出てきたので、これは別の日の公演だったのでしょうかねぇ。収録日までは明らかにされていないし、実際の上演プログラムもわからないので想像ですけれど。


「バレエ・リュス」と題された特典はBel Air Mediaの制作で、ドキュメンタリーというよりは本編のよい導入という感じ。バレエ・リュスによる「火の鳥」と「春の祭典」の制作当時の話とマリインスキーのダンサーたちによりリハーサル映像、バクスト、ゴロヴィン、レーリヒによるデザイン画などが流れました。

もう1つの特典はニジンスキー版「春の祭典」を復元したミリセント・ホドソンとケネス・アーチャーのインタビュー。「春の祭典」について4つのテーマ(台本/ニジンスキーの振付/春の祭典にまつわるスキャンダル/春の祭典の再構築)で話を聞くというもの(これも合間にリハーサル映像が入っています)。彼らの話を全部理解できた訳ではないのですが、彼ら自身の経験である4つめの「春の祭典」を再構築した話はヴィヴィットです。彼らの功績について、日本でもしっかりまとめたものが読める(あるいは見られる)といいなーと強く思います。

(2012.01.05)なお、BD映像について追記しておきますと、ブレもなく綺麗な映像でした。にじみがちな赤がとても綺麗に出ておりました〜。


Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2017.06.28 - リンクメンテナンス
  • 2014.08.15 - キングインターナショナルによる日本語解説付き海外盤情報追加
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2013.05.15 - 「春の祭典」100周年を記念したDVD BOOK情報追加
  • 2012.08.09 - BelAirのYTチャンネルよりトレイラーを追加
  • 2012.01.05 - BD視聴雑記追記
  • 2011.09.12 - Bel Air Classics 個別URL記載
vc