noimage

2010年4月24日 / BSジャパン / 100分

ナレーション:筧利夫
ナビゲーター:牧瀬里穂
http://www.bs-j.co.jp/parisopera/

BS-Japanの開局10周年記念番組として放映された、パリ・オペラ座バレエとガルニエ宮を取材した番組。


ガルニエ宮にまつわる事を徹底紹介という趣で、歴史/建築的なお話から始まり、バレエ団とバレエ学校の紹介、オペラ座周辺散策(カフェ・ド・ラペとレペット)やガルニエ宮を眺める絶景スポット(ギャラリ・ラファイエット屋上とオテル・デュ・ルーヴル)、オペラ座内で様々に働く人たち、怪人伝説(地下水路)...という感じ。

バレエ関係ではエリザベット・プラテルとブリジット・ルフェーブルのインタビューの他、クラスレッスンやドロテ・ジルベールとマチアス・エイマンの「ジゼル」リハーサル(指導はクロチルド・ヴァイエ)、そして牧瀬さんがご覧になったデルフィーヌ・ムッサンとカール・パケット「椿姫」も少し映りました。

しかも、ガルニエ宮だけでなくパリに点在する小劇場を紹介したり、オペラの殿堂としてミラノ・スカラ座にも時間を割いたり、なかなか盛りだくさん。

ナビゲーターの牧瀬さんがバレエ好きという事で、オペラ座内部を本当に嬉しそうに見ていらしたのが印象的でした。バレエに興味のない人が見ても楽しめる番組、という切り口になっていたので、もっと濃密なオペラ座番組を期待していたら肩すかしだったかと思いますが、私は特に意識せず見たので「わー、ムッサンとパケットの『椿姫』見せてくれてありがとー!ドロテちゃんとマチアスのジゼルまで!」と感謝感激モードでした。楽しかったです。