Giselle / The Tokyo Ballet

上野水香&フリーデマン・フォーゲル 東京バレエ団「ジゼル」(全幕) [DVD]

振付:レオニード・ラヴロフスキー
出演:上野水香、フリーデマン・フォーゲル 他
収録:2009年6月11日 ゆうぽうとホール / 本編108分+特典映像25分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

シュツットガルト・バレエのプリンシパル、フリーデマン・フォーゲルをゲストに迎えての東京バレエ団「ジゼル」DVD。しばらく見ないうちにずいぶんキャストが若返りましたねー。


商品情報

特典映像:上野水香、フリーデマン・フォーゲル インタビュー

国内|DVD(新書館:DD-091213) Release: 2009/12/15

クレジット

音楽
アドルフ・アダン Adolphe Adam
振付
レオニード・ラヴロフスキー Leonid Lavrovsky
原振付

ジャン・コラーリ Jean Coralli
ジュール・ペロー Jules Perrot
マリウス・プティパ Marius Petipa

パ・ド・ユイット改訂振付
ウラジーミル・ワシーリエフ Vladimir Vasiliev
美術
ニコラ・ベノワ Nicola Benoit
照明
高沢立生
指揮
井田勝大
演奏
東京ニューシティ管弦楽団

キャスト

ジゼル
上野水香
アルブレヒト
フリーデマン・フォーゲル Friedemann Vogel, シュツットガルト・バレエ
ヒラリオン
後藤晴雄
バチルド姫
坂井直子
クールラント公爵
木村和夫
ウィルフリード
野辺誠治
ジゼルの母
橘静子
ペザントの踊り
高村順子 - 宮本祐宜 / 乾友子 - 長瀬直義 / 佐伯知香 - 松下裕次 / 吉川留衣 - 横内国弘
ジゼルの友人
西村真由美 / 高木綾 / 奈良春夏 / 田中結子 / 矢島まい / 渡辺理恵
ミルタ
田中結子
ドゥ・ウィリ
西村真由美 / 吉川留衣

感想

2009年6月の公演から、初日の上野/フォーゲル組の映像です。私がよく見ていた頃からするとソリスト陣がぐっとボトムアップされた印象。自分の中で定番だと思っていたダンサーがそのキャストにいないのは少々淋しくて、なかなか目が慣れませんでした。

フォーゲルくんのアルブレヒトは純愛系。あまりにも人のよさ全開のニカーって笑顔が親しみやすくて、身分違いの感じがしない。2幕では後悔に沈んでぐっと成熟した感じで、そういう落差の付け方なんだな、と。2幕のウィリたちに踊らされるとこも映像ながら大迫力。彼にはゆうぽうとの舞台は窮屈でしょうねー。

上野さんは踊りと演技が分離しちゃうところがまだあるかなー。可愛らしいジゼルだけどね。踊りの安定感はさすがながら、私の好みからすると細部の詰めが甘いなーと思うところもありました(映像だから余計に気になるのでしょう)。上野さんは1幕の方がよかったかな...

あとは初日のせいか2人の息が合ってるとは言えない場面もけっこう目に付いた気がする。演技もそれぞれの役作りで進めていて互いに影響しあうところまでいってないようにも思えるし...。てことで、私にはドラマ的にちょっと物足りなかったです。

ヒラリオンの後藤さんは招かれざる客度MAXのヒラリオンでした。坂井直子さんのバチルドは初めて見たのですが、彼女の身長だと今回の高身長カップルの相手はちょっと違和感があるかな...。とっても人のよさそうなバチルドでしたけど。狩りのご一行さまも、もう少しスノッブでもいいかなーと思ったけど、ここの公爵さまのところはそういうお家柄なのかも。

ミルタの田中結子さんは毅然とした精霊の女王でした。力強いフォーゲルくんの踊りと相まって、影響力絶大に見えましたよ。


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2013.03.25 - リンク訂正
vc vc