Cinderella / Star Dancers Ballet

スターダンサーズ・バレエ団「シンデレラ」(全2幕) [DVD]

振付:鈴木稔
出演:林ゆりえ、福原大介 他
収録:2009年1月17,18日 ゆうぽうとホール / 111分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

スタダンの「シンデレラ」はおとぎ話ながら細部が丁寧に描かれているのに好感が持てます。


商品情報

特典映像:プレトーク、バックステージ

国内|DVD(新書館:DD09-0707) Release: 2009/07/15

クレジット

演出・振付
鈴木稔
音楽
セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
舞台美術
二村周作
衣裳
井上照章
マスク
ロバート・アルソップ Robert Allsopp
照明
足立恒
指揮
田中良和
管弦楽
東京ニューシティ管弦楽団
演出・振付補
小山恵美

キャスト

シンデレラ
林ゆりえ
王子
福原大介
東秀昭
継母
天木真那美
義姉妹
佐藤万里絵 / 荻野日子
仙女
小池知子
王子の友人
橋口晋策 / 大野大輔
臣下
鴻巣明史
シンデレラの小さな友達
小平浩子 / 新田知洋 / 横澤真悠子 / 友杉洋之

感想

スタダンの「シンデレラ」は街の中の場面から始まります。シンデレラが買い物にくると、そこには王宮の舞踏会のお知らせが。王子も友人たちと通りかかり、倒れてしまった物乞いを世話するシンデレラに注目する王子、というプロローグ。

シンデレラの父は仕事人間で継母が綺麗に着飾って気をひこうとしてもちっとも相手にしてくれない。でもシンデレラの事だと気にかけるんですよね。だから継母がシンデレラをいじめるのも理由が分かる。かぼちゃとかネズミとか、登場してくるものにちゃんと複線があるのも丁寧です。

衣装とか装置とか、たまーにちょっと淋しいかなと感じるところもなくはないのですが、人物描写が豊かなので物語に引き込まれて、細かいところは気にならなくなってしまいます。鈴木稔さんの振付はところどころにアシュトン版の面影を残しているように思います。登場人物も違っているし(四季の精は出ないがシンデレラの小さな友達が出るとか、道化は出ないが臣下が出る、とかね)曲の順番も入れ替えたりしているので、ちょっと不思議な感じ。シンデレラと王子のグラン・パ・ド・ドゥはコーダがキツいですね。林さんよくがんばりました。

最後に王子がシンデレラの家にガラスの靴を持って来た時にも一騒動ある訳ですが、それも家族の結束を固めるのに一役買っていてじーんと来ました。いや、これは本当によく練られたお話です。スタダンの財産ですね。ずっとずっと上演していただきたいです。

vc vc

この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え