Raymonda / New National Theater Ballet, Tokyo

ライモンダ RYMONDA 新国立劇場バレエ団オフィシャルDVD BOOKS (バレエ名作物語 Vol. 2)

振付:牧阿佐美
出演:スヴェトラーナ・ザハロワ、デニス・マトヴィエンコ
収録:2009年2月12,14日 新国立劇場 オペラ劇場 / 本編129分+特典映像20分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD Book

新国立劇場バレエの映像がDVDブックの体裁で発売されました。ザハロワとマトヴィエンコの「ライモンダ」の映像化は多くの人に歓迎されたのではないでしょうか。


商品情報

特典映像:All about 新国立劇場バレエ団 約20分
『ライモンダ』バックステージ・ツアーby 小野絢子
新国立劇場バレエ団リハーサル探訪
ザハロワ特別インタビュー

国内|DVD BOOK(世界文化社:バレエ名作物語 vol.2) Release: 2009/05/19

クレジット

振付
マリウス・プティパ Marius Petipa
改訂振付・演出
牧阿佐美
音楽
アレクサンドル・グラズノフ Alexandr Glazunov
美術
ルイザ・スピナテッリ Luisa Spinatelli
照明
沢田祐二
指揮
オームズビー・ウィルキンス Ormsby Wilkins
演奏
東京交響楽団

キャスト

ライモンダ
スヴェトラーナ・ザハロワ Svetlana Zakharova
ジャン・ド・ブリエンヌ
デニス・マトヴィエンコ Denys Matviyenko
アブデラクマン
森田健太郎
ドリ伯爵夫人
楠元郁子
アンドリュー2世王
市川透
クレメンス
丸尾孝子
ヘンリエット
西川貴子
ベランジェ
マイレン・トレウバエフ Mailen Tleoubaev
ベルナール
芳賀望
第1ヴァリエーション
厚木三杏
第2ヴァリエーション
寺田亜沙子

感想

ザハロワの「ライモンダ」映像は、他の国のバレエファンも羨む映像ではないでしょうか。「ライモンダ」自体、映像が少ないですしね。それだけに、あまり大きな画面で見る事を想定していない”資料映像”が使われているのはもったいない気がします。もし今後上演される公演を同じように発売する予定があるならば、できればハイビジョン映像で..と願わずにはいられません。

ああでも、新国立劇場バレエの映像が(本の付録としてとはいえ)発売されるなんて考えてもいなかった頃は「資料映像でいいから発売して!」と願っていたのに、私ったらなんて贅沢なの。でも、設備導入あるいは業者へ渡るお金でチケット代があがるのは本末転倒だし、何かよい方法があるとよいですねぇ。続編を期待する声も多いと思いますから、関係者のみなさんにはぜひ上手い方法を考えていただきたいものです。

この映像、ザハロワとマトヴィエンコがすばらしいのは言うまでもありません。ザハロワは、1幕の登場シーンで新国版の花をとりながら踊るのをやってくれなかったのは残念でしたけれども。敵役ともいうべきアブデラクマンの森田さんが持ち前のノーブルさの残る彼らしい役作りをされているのもおもしろいところですが、やっぱりザハロワとマトヴィという輝けるオーラの前では、いくら森田さんと言えど少々心許ないところもあり...なかなか難しい役ですよね。

私がこのプロダクションで好きなのは、ワルツファンタジアと2幕のアブデラクマンが連れてきた面々(スペイン/サラセン/芸人たち)なので、この映像でも特にワルツファンタジアの美しさを堪能いたしました。オルゴールの仕掛け人形のように揃ってクルクル回る彼女たち、家に飾っておきたいと毎回思います。

特にサラセンはこの組み合わせを生で見られないのが本当に悔しくて仕方なかったので、映像で見られると分かった時は何よりも楽しみにしていました。ここにいない楠本さんのサラセンも絶品だけども、男性陣の充実度はありえないほど。まぁできれば福田さんが入った12日の組み合わせをより見たかったけれど(古川さんが見たくないのではなく、彼のサラセンは生で見られたので、福田さんで見たかった、という理由)、吉本/八幡/古川も十分に贅沢。何度も何度もここだけリピートして見ちゃうくらい好きです。

そのかわり、福田さんはスペインで見られます。同じくピンチヒッター(と思われる)のバリノフくんがソリストより目立つくらいハジけて踊っているので、つい視線はそちらに行ってしまうんですけどねー。

3幕のマズルカも初演と2度目の時はすごく好きだったんだけど、今回は群舞ちゃんたちの決めが甘くなってて、前ほど心躍らなくなってしまった。ソリストのマイレンは見事ですよ。西川さんの上半身のキメもさすが。このソリスト役は男性陣ならバリノフくんや吉本さん、女性なら大和雅美さんも絶品なのよ。


このDVDの特典映像は、小野絢子さんが案内する新国立劇場バックステージツアーとザハロワのインタビュー。新国立劇場の舞台裏はとてもおもしろかったです〜。バーの並びとか「へー、そうなんだ」って思ったりしますよね。初日前日のGPの時に撮影したものだそうで、舞台袖で、アブデラクマン役の冨川さんとジャン役の碓氷さんが決闘シーンを練習していましたっけ。衣装を間近でしげしげと見られたのも私には幸せな事で、衣装制作の大井昌子さんのお話を特典映像と誌面両方で拝見できたのも本当に嬉しかったです。

書籍の内容は以下の通りです。
「ライモンダ
・あらすじ(小学生高学年向けにルビつき)
・プロダクション・ノート
・DVD映像出演者一覧
・『ライモンダ』改訂振付にあたって 牧阿佐美
・出演者プロフィール スヴェトラーナ・ザハロワ / デニス・マトヴィエンコ
・ライモンダ10の扉 長野由紀

「Cool & Elegance 新国立劇場バレエ団」
・牧阿佐美さんに聞く 新国立バレエ団の軌跡II
・今、ザハロワの魅力
・バレエ衣裳という美学 大井昌子
・レパートリー一覧
・新国立劇場バレエ公演 レビュー&プレビュー
・新国立劇場バレエ団ダンサー一覧

この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2009.12.09 - セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
vc