Tchaikovsky Gala / Teatro alla Scala, Milan

Tchaikovsky Gala (Ws Ac3 Dol) [DVD] [Import]

出演:ポリーナ・セミオノワ、ロベルト・ボッレ、ナディア・サイダコーワ 他
収録:2007年12月31日 ミラノ・スカラ座 / 本編83分 + 特典31分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

2007年の大晦日にミラノ・スカラ座で開催された「チャイコフスキー・ガラ」は、「白鳥の湖」第3幕の中に「眠れる森の美女」と「くるみ割り人形」のパ・ド・ドゥを織り込んだ、不思議な味わいの豪華なガラです。


商品情報

特典映像:「Etoiles et petits pas」バックステージとリハーサル、ミラノ市街のイメージ映像

海外|DVD(Bel Air Classiques:BAC037) Release: 2008/11/24

FORMAT:NTSC / REGION:0

海外|Blu-ray(Bel Air Classiques:BAC437) Release: 2008/11/24

クレジット

音楽
P.I.チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
指揮
デヴィッド・コールマン David Coleman
演奏
ミラノ・スカラ座管弦楽団 Orchestre du Teatro alla Scala

収録

「白鳥の湖」 Swan Lake

振付/演出:ウラジーミル・ブルメイステル Vladimir Bourmeister
美術:Roberta Guidi di Bagno
オデット/オディール:ポリーナ・セミオノワ Polina Semionova
ジークフリート:ロベルト・ボッレ Roberto Bolle


「眠れる森の美女」 The Sleeping Beauty

振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
衣装:フランカ・スカルチャピーノ Franca Squarciapino
オーロラ姫:Marta Romagna
青い鳥:Antonino Sutera
フロリナ王女:Daniela Cavalleri


「くるみ割り人形」 Nutcracker

振付/演出:パトリス・バール Patrice Bart
衣装:ルイザ・スピナテッリ Luisa Spinatelli
マリー:Nadja Saidakova
くるみ割り人形:Ronald Savkovic

感想

いきなり2幕のグランアダージオの音楽から始まったこのガラ。オケの演奏をしっとり聴かせたあとは、ブルメイステル版のプロローグへ。音楽の順番が違うのは少しばかり違和感がありますが、これは序の口でした(笑)。

オデットがロットバルトによって白鳥に変えられるシーンを見せてくれたあと、舞台は3幕へ。道化のソロ、花嫁候補の踊り、そしてオディールの登場。基本はブルメイステル版の第3幕ながら、各国のディヴェルティスマンの間に、ローズアダージオ、くるみ割り人形のグラン・パ・ド・ドゥ、そして青い鳥のパ・ド・ドゥが挿入されます。それらを仕切るのはロットバルト役のジャンニ・ギスレーニ。

「ガラ」と感じさせずに舞台が進行していくのは面白いです。ローズアダージオのマルタ・ロマーニャ、くるみ割り人形のナジャ・サイダコーワ/ロナルド・サフコヴィッチともけっこう踊りにくそうに見えた中、フロリナ王女/青い鳥のダニエラ・カヴァッレーリとアントニーノ・ステラがすいすいと自在に、さわやかーに踊っているのが印象的でした。でも、やっぱりサイダコーワの踊りは大好き。あの上半身の美しさ。ほれぼれしました。

セミオノワのブラックスワンは邪悪系?背の高く美しいボッレとの並びは絵のように美しいけれど、あまり踊り慣れない(のかな?)ブルメイステル版の形がまだ綺麗に入っていないような気がしました。だから、ソロよりボッレと一緒に踊るところの方が好きだったかなー。もしかしたら私が彼女のブルメイステル版に戸惑っているだけかもしれないけど。

ボッレは言う事なしの素晴らしさ。ザハロワとのペアでDVDになっている「白鳥の湖」(リンク先:バレエDVD/VIDEO 内)より数段進化していますねー。ガラなのにそれまで「白鳥」の舞台を見続けて3幕に至ったと感じさせるようなところがありました。セミオノワとのペアも今後更に発展していきそうで、非常に楽しみです。

クライマックスの後、ポロネーズでダンサーたちが次々に登場してご挨拶。ソロを踊ったダンサーたちはブラックタイ&ドレス姿に早変わりして舞台の上でシャンパンで乾杯。そうですね、マリインスキーのジルベスター・ガラ(リンク先:バレエDVD/VIDEO 内)を少しだけ思い出させる構成です(あれもARTEだったし)。

個人的には、この音楽の切り貼りは耳に少々違和感を残すという印象も。でも、大晦日のお祭りですものね!ガラにありがちな演目の切れ目をなくして全体をまとめたのは面白い趣向でした。そして、それをDVDにしてくれた事も嬉しい。

(2012.01.05)BD映像について追記しておきますと、ブレもなく綺麗な映像でした。


この映像を含んだ商品

隔週刊バレエDVDコレクション 2012年 11/06号(2012.10.17記載)

国内|DVD BOOK(デアゴスティーニ:第29号)

Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2017.06.28 - リンクメンテナンス
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2012.10.17 - デアゴスティーニ 隔週刊バレエDVDコレクション 情報初出
  • 2012.08.09 - BelAirのYTチャンネルよりトレイラーを追加
  • 2012.01.05 - BD視聴雑記追記
  • 2011.09.12 - Bel Air Classics 個別URL記載
vc