New Year's Concert from the Teatro La Fenice 2006

フェニーチェ歌劇場 ニューイヤー・コンサート2006 マズア指揮、チェドリンス、カレヤ [DVD]

出演:クルト・マズア、エレオノーラ・アッバニャート、ロベルト・ボッレ
収録:2006年1月1日、ヴェネツィア、フェニーチェ歌劇場/55分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

シアテレで録画。フェニーチェ歌劇場の2006年ニューイヤーコンサートには、パリ・オペラ座バレエのエレオノーラ・アバニャートとミラノ・スカラ座のロベルト・ボッレが登場しました。


商品情報

国内 限定廉価版|DVD(日本コロムビア:COBO-6141) Release: 2011/11/30
国内廉価版|DVD(日本コロムビア:TDBA-81270) Release: 2009/12/23
国内|DVD(日本コロムビア:TDBA-0127) Release: 2006/12/21
海外|DVD(Arthaus Musik:107283) Release: 2012/01/03

FORMAT:NTSC / REGION:0

北米|DVD(Arthaus Musik/TDK:DVWW-CONYC6V) Release: 2006/04/03

FORMAT:NTSC / REGION:0

クレジット

指揮
クルト・マズア Kurt Masur
演奏
フェニーチェ歌劇場管弦楽団&合唱団 Orchestra e Coro del Teatro La Fenice
ソプラノ
フィオレンツァ・チェドリンス Fiorenza Cedolins
テノール
ジョゼフ・カイヤ Joseph Calleja
バス
ロベルト・スカンディウッティ Roberto Scandiuzzi
バレエ

エレオノーラ・アッバニャート Eleonora Abbagnato
ロベルト・ボッレ Roberto Bolle

振付
Francesco Ventriglia
アルレッキーノ
Ferruccio Soleri

収録

  • ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
  • ヴェルディ:歌劇「十字軍のロンバルディア人」より「主よ、生まれ故郷の家から」「私の喜びを」
  • プッチーニ:歌劇「トスカ」より「歌に生き、愛に生き」
  • モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
  • モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より「手に手をとりあって」
  • ドニゼッティ:歌劇「ドン・パスクワーレ」序曲
  • ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」より「人知れぬ涙」
  • ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」より「行け、わが想いよ」
  • ヴェルディ:歌劇「椿姫」より「乾杯の歌」

感想

2004,2005年の同コンサートでは、指揮者によるソロ演奏(別撮り)のオープニングから始まりましたが、この年はボッレとアバニャートがタキシードとドレス姿で踊るシーンから始まります。拝みたくなるような美しさ(曲は「椿姫」から)。片面一層なのがもったいないですよ、ホント。

そして、最後の「乾杯の歌」も、オープニングと同じ装いのボッレとアバニャートが踊っていました。見とれているとすぐオケの方にカメラが戻ってしまうのが惜しいわ。それにカメラも近すぎるし...つまりは踊りではなく美男美女を堪能しろって事なんでしょうか。贅沢すぎ。

なお、歌劇「ドン・パスクワーレ」序曲には、太鼓腹のアルレッキーノが桟敷席から他の桟敷席にいる女性をクドく、という小さな寸劇が挿入されておりました。このアルレッキーノ役のFerruccio Soleriさんって俳優兼演出家の有名な方みたいですね。2007年にロベルト・ボッレと同じユニセフのイタリア親善大使になっていらっしゃるようです。


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2012.05.22 - Arthaus Musik 新盤情報初出/旧盤URL削除
  • 2011.11.05 - Arthaus Musik URL変更
  • 2011.09.25 - 日本コロムビア 限定廉価盤 情報初出
  • 2010.10.05 - コロムビア ミュージックエンタテインメント→日本コロムビアへ変更
  • 2009.12.22 - クリエイティヴ・コア→コロムビア ミュージックエンタテインメントに変更
  • 2009.12.09 - 廉価盤情報追記/セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
vc vc