La Bayadere / New National Theatre Ballet, Tokyo

noimage

振付:牧阿佐美
出演:スヴェトラーナ・ザハロワ、デニス・マトヴィエンコ、湯川麻美子
収録:2008年5月20, 24日 新国立劇場オペラパレス / 解説17分 + 本編118分

録画

新国立劇場バレエの5月公演「ラ・バヤデール」がNHKにより撮影/放映されました。


クレジット

振付
マリウス・プティパ Marius Petipa
改訂振付・演出
牧阿佐美
音楽
レオン・ミンクス Leon Minkus
編曲
ジョン・ランチベリー John Lanchbery
舞台美術・衣装・照明
アリステア・リヴィングストン Alistair Livingstone
照明
磯野睦
指揮
アレクセイ・バクラン Alexei Baklan
演奏
東京フィルハーモニー交響楽団 Tokyo Philharmonic Orchestra

キャスト

ニキヤ
スヴェトラーナ・ザハロワ Svetlana Zakharova
ソロル
デニス・マトヴィエンコ Denys Matviyenko
ガムザッティ
湯川麻美子
ハイ・ブラーミン
ゲンナーディ・イリイン Guennadi Iline
マグダヴェヤ
吉本泰久
黄金の神像
八幡顕光
トロラグヴァ
市川透
ラジャー
逸見智彦
アイヤ
神部ゆみ子
第1ヴァリエーション
丸尾孝子
第2ヴァリエーション
川村真樹
第3ヴァリエーション
厚木三杏

感想

本編放映の前に、牧阿佐美芸術監督(改訂振付)を迎えての見どころ解説あり。曰く「世界一短い『ラ・バヤデール』との事で、確かにスピーディではあります。慌ただしさもありますけどね。地上波デジタルを録画しつつ、リアルタイム視聴はアナログで見ていたのですが、あまりに画がボヤけるのでデジタルに切り替えたら、そちらの方がずっと鮮やか(当然、のハズですが...)。それでも、生で見た時の舞台の質感というのは、やっぱり再現は難しいですね。

私はカメラの入った5月24日の公演を見ました。舞台の感想自体はこちらに改めて書く事はしませんが、カメラワークも悪くないし、当日 他に集中してしまって見る事ができなかった部分を、映像で再確認できるのは有り難いです。それに、自分の目線とは別の位置から見る事ができるのも。影の王国でザハロワとマトヴィがこれからヴェールの踊りを踊るって時に、舞台全体が画面いっぱいに映るのですが(両脇に影たち)それが何とも美しかったです。うちのテレビは未だ36インチ(確か)なのですがこれは50インチ位で見たらいいだろうなーと思ってしまいました。

新国立劇場バレエも年1回くらいはバレエも劇場中継してくれると嬉しいですよね。毎年事業計画に入れてほしいなぁ。