Peter and the Wolf / The Royal Ballet School, L'Enfant et les Sortileges / Nederlands Dans Theater

ピーターと狼/子供と魔法 [DVD]

振付:マシュー・ハート(ピーターと狼)、イリ・キリアン(子供と魔法)
出演:アンソニー・ダウエル(ピーターと狼)、サビーネ・クップファーベルク、ナチョ・ドゥアト(子供と魔法) 他

収録:詳細欄参照 / 81分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

ロイヤル・バレエ・スクールによる「ピーターと狼」とNDTによる「子供と魔法(子供と呪文)」を収録した映像。北米版は個々に発売されていましたが廃盤の模様。欧州版は国内版同様カップリングで発売されています。


商品情報

国内|DVD(日本コロムビア:TDBT-0227) Release: 2009/05/20
海外|DVD(Arthaus Musik:100103) Release: 2014/10/07

FORMAT:NTSC / REGION:0

海外|Blu-ray(Arthaus Musik:108133) Release: 2014/10/07
北米|DVD(Kultur Films:D4536) Release: 2010/07/27x

FORMAT:NTSC / REGION:1

北米(ピーターと狼)|DVD(Image Entartainment) *廃盤

FORMAT:NTSC / REGION:1

北米(子供と魔法)|DVD(Image Entartainment) *廃盤

FORMAT:NTSC / REGION:1

欧州|DVD(Arthaus Musik:100102)

FORMAT:PAL / REGION:2,5

収録

「ピーターと狼」ロイヤル・バレエ学校 Peter and the Wolf / The Royal Ballet School

収録:1997年 / 約30分

振付:マシュー・ハート Matthew Hart
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
美術:Ian Spurling
指揮:ポール・マーフィー Paul Murphy
演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団 Orchestra of the Royal Opera House, Covent Garden

ピーター:デヴィッド・ジョンソン David Johnson
鳥:レイラ・ハリソン Layla Harrison
狼:マーティン・ハーヴェイ Martin Harvey
おじいさん/ナレーション:アンソニー・ダウエル Anthony Dowell


「子供と魔法(呪文)」ネザーランド・ダンス・シアター L'Enfant et les Sortileges / Nederlands Dans Theater

収録:1986年 / 52分(キリアンのインタビュー含む)

音楽:モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
振付/演出:イリ・キリアン Jiri Kylian
台本:シドニー=ガブリエル・コレット Sidonie-Gabrielle Colette
美術:ジョン・マクファーレン John Macfarlane
照明:ジェニファー・ティプトン Jennifer Tipton
指揮:ロリン・マゼール Lorin Maazel
演奏:Orchestre National, Paris
合唱:Choeur et la Maitrise de la RTF

子供:Marly Knoben
ママ:Roslyn Anderson
猫:Catherine Allard, Nacho Duato
リス:Sabine Kupferberg

感想

PAL盤を購入して見ました。以下はPAL盤を見ての感想。

まずは「ピーターと狼」について。
たぶんこれは元々16:9の画面比で撮影されたものではないかと思います。クレジットの文字が画面の端で切れていて、無理矢理4:3になっているっぽい。そう思うと、作品の映像だってもう少し横まで映っていたハズなのにー、と少々残念。

映像はスタジオ撮影(それも決して広い場所ではない様子)で、装置はかなりシンプルですが、その分を人海戦術で池の水から壁から木々までをバレエ学校の生徒が演じて(?)いるので賑やかです。それに主立った役の生徒たちがみなとても演技が上手いし、身のこなしもとてもこなれている。サスガですねー、感心しました。その上ダウエルさんのナレーションと祖父役だから、十分に元は取れた気がします。作品自体は30分程の短いものですけれどね。

国内版ではダウエルさんの台詞は吹き替えみたいなのですが、いったいどんな感じなのでしょうね...

現在ロイヤル・バレエのファーストソリストであるマーティン・ハーヴェイが狼役でご出演。他の主立った出演者は今どうしているのでしょうねー。きっとその他の役でたくさん出演している生徒たちの中にも現在世界中のカンパニーで活躍している人が含まれているのでしょうが、さすがにそこまでは判別もできず。

なお、振付はマシュー・ハートです。


次は「子供と魔法」です。
この作品はLDで他社から発売されていた時は「子供と呪文」のタイトルでしたが、90年の来日公演に持ってきた時は「こどもと魔法」と訳されて上演されたようです。

冒頭のクレジットによればキリアンが自分の母親に捧げた作品とのこと。最初にキリアンのイントロダクションが6分程度ありました。キリアンの英語は(自分のヒアリング力のなさを棚に上げて申し訳ないけれど)けっこう聞き取りにくい。「子供と魔法」はラヴェルによる1幕2場のオペラ作品(仏語)で、この映像中では歌詞には英/仏/独/西から字幕を選ぶ事ができました。

まさに歌詞を具現化した映像で、ダンサーたちがソファーだのティーカップだの柱時計だのになって登場します。最初の大物(ソファーやティーカップなど)を見ていると、ダンス作品として期待してはダメなのか?と思うのですが、陽が暮れて暖炉の火と灰が出てくるところからはダンスとしても非常に見応えが出てきます。物語の世界観とキリアンのダンスがこんなにシンクロするなんて、今まで見なかったのがもったいない!と思う程でした。

子供役のダンサーもそれぞれの登場人物と出ずっぱりで踊り続けるところなど、「くるみ割り人形」2幕のディヴェルティスマンを思わせる部分がなくもない、かも。但し感情や設定は真逆ですけれど。この子供役のMarly Knobenの小柄な少年ぽさとダンスの表現力がとてもよかったです。

キリアンらしさが出ているのは、サビーネさんによる羊飼いの娘の踊り。そこだけ別世界みたいだった。あと面白かったのは2場のとんぼのパ・ド・トロワかなー。女性の脚が別の生き物のようでした。このとんぼ役の女性ダンサーはとても素晴らしい。1場の火と灰の踊りも良かったです。

ちなみに大好きなナチョ・ドゥアトも雄猫役で(この作品のネコたちは発情してます)出てくるのですが、残念ながら顔は全く映りませんでした。猫の着ぐるみ(身体にフィットはしているけど)を着ても尚美しくバネの効いた動作は素敵でしたけどねー。他にも、ストーリーとその雰囲気を優先させた為でしょうか、場所によっては画面が暗いと感じるところもありましたが、まぁ許せる範囲かな。

(2009.07.28追記)国内版発売に伴い、別々に記載していた「ピーターと狼」と「子供と魔法」の記事をまとめて1つにしました。


この映像を含んだ商品

The Jiri Kylian Edition BOX SET(2014.11.02記載)

海外|DVD-BOX(Arthaus Musik:107545)) Release: 2015/01/05
海外|Blu-ray-BOX(Arthaus Musik:107546)) Release: 2015/01/05

この映像を含んだ商品

隔週刊バレエDVDコレクション 2013年 7/2号(2013.06.07記載)

国内|DVD BOOK(デアゴスティーニ:第46号)

Official Trailer

この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2015.08.24 - The Jiri Kylian Edition BOX SET情報更新
  • 2015.05.04 - Arthaus Musik DVD/Blu-ray BOX情報掲載
  • 2014.11.02 - Arthaus Musik「Jiri Kylian Edition」DVD/Blu-ray BOX情報掲載
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2013.06.07 - デアゴスティーニ隔週刊バレエDVDコレクション情報初出
  • 2013.02.27 - Arthaus Musik URL変更
  • 2012.08.10 - Kultur FilmsのYTチャンネルよりトレイラーを追加
  • 2011.11.05 - Arthaus Musik URL変更
  • 2010.10.05 - コロムビア ミュージックエンタテインメント→日本コロムビアへ変更
  • 2010.05.08 - 北米盤情報初出
  • 2009.12.18 - クリエイティヴ・コア→コロムビア ミュージックエンタテインメントに変更
  • 2009.12.09 - セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
  • 2009.07.28 - 国内版情報追加、「子供と魔法」記事と1つにまとめた
vc vc