noimage

出演:首藤康之/梶原暁子/藤田桃子/丸山和彰/小野寺修二
収録:2008年2月6日 ベニサン・ピット / 89分

録画

CS(日テレプラス)で録画。「水と油」の小野寺修二さんの新作に首藤康之さんが出演。まさかテレビで放映してくれるとは。ありがたや。

http://ticket.rakuten.co.jp/kuhaku/
http://www.nitteleplus.com/program/stage/stage_kuuhaku.html


クレジット

作・演出
小野寺修二
音楽
coba
美術
松岡泉
照明デザイン
磯野眞也
衣装
斉藤絵美
舞台監督
矢島健

出演

首藤康之/梶原暁子/藤田桃子/丸山和彰/小野寺修二

感想

見に行けなかったので、テレビ放映してくれて本当に嬉しいです。もちろん、ベニサンピットの濃密な空気やフレームの外にこぼれたあれやこれやを感じる事は映像では不可能だけれど、行けなかった人には貴重な機会。

最初にあらすじのような文章が表示されてから、小野寺ワールドへ突入。最初は首藤さんがどんな風に演じて踊るのかを主体に見ていました。でもそのうち全てがボーダレスになって、どのシーンもどのキャラも一瞬たりとも見逃したくない、そのカメラの外では何をしてるの?見せて!状態でした。

首藤さんの役者っぷりも素晴らしい。台詞はありませんが、表情が全てを語る。バレエダンサーとして舞台に立ったら絶対しないような表情がたっぷり見られました。いいねー。しかも後半には踊りの見せ場もちゃんとあって、ダンサー首藤を見に行った人も大満足だった事でしょう。

作品全体にちりばめられたユーモアと不条理がたまりません。