noimage

出演:谷桃子バレエ団
収録:2008年1月3日 NHKホール / 120分
URL:http://www.nhk-p.co.jp/concert/20080103_140607.html

録画

今回のNHKニューイヤー・オペラ・コンサートはバレエの登場シーンが多かったです。コンサートの演出自体も例年より大掛かりだったような。


クレジット

司会:中條誠子(アナウンサー)

指揮
飯森範親
演奏
東京フィルハーモニー交響楽団
合唱
二期会合唱団/藤原歌劇団合唱部
共演
谷桃子バレエ団

収録

  • 「歌劇“ムラーダ”から“貴族たちの行列”」リムスキー・コルサコフ作曲

    〜オープニング

  • 「歌劇“トゥーランドット”から“この御殿の中で”」プッチーニ作曲

    ソプラノ:緑川まり/テノール:水口聡

  • 「歌劇“トゥーランドット”から“誰も寝てはならぬ”」プッチーニ作曲

    テノール:水口聡/合唱:二期会合唱団、藤原歌劇団合唱部

  • 「歌劇“サムソンとデリラ”から“バッカナール”」サン=サーンス作曲

    バレエ:谷桃子バレエ団(霊媒師:林麻衣子、サムソン:赤城圭)

  • 「歌劇“サムソンとデリラ”から“あなたの声に心は開く”」サン=サーンス作曲

    メゾ・ソプラノ:小山由美

  • 「歌劇“真珠採り”から二重唱“神殿の奥深く”」ビゼー作曲

    テノール:樋口達哉/バリトン:黒田博

  • 「歌劇“ラクメ”から“鐘の歌”」ドリーブ作曲

    ソプラノ:幸田浩子

  • 「歌劇“イーゴリ公”から“ダッタン人の踊りと合唱”」ボロディン作曲

    バス:彭康亮/合唱:二期会合唱団、藤原歌劇団合唱部
    バレエ:谷桃子バレエ団
    イーゴリ公:陳鳳景、騎馬隊長:今井智也、隊長:齊藤拓、奴隷姫:朝枝めぐみ、ダッタンの美女:高部尚子

  • 「アダージョ」プッチーニ作曲

    ピアノ:河原忠之

  • 「歌劇“トスカ”から“妙なる調和”」プッチーニ作曲

    テノール:佐野成宏

  • 「歌劇“ボエーム”から“私の名はミミ”」プッチーニ作曲

    ソプラノ:砂川涼子

  • 「歌劇“羊飼いの王様”から“穏やかな空気と晴れた日々”」モーツァルト作曲

    ソプラノ:森麻季

  • 「歌劇“フィガロの結婚”から“もう飛ぶまいぞ、この蝶々”」モーツァルト作曲

    バリトン:甲斐栄次郎

  • 「歌劇“ハムレット”から“狂乱の場”」トマ作曲

    ソプラノ:臼木あい

  • 「歌劇“セビリアの理髪師”から“今の歌声は”」ロッシーニ作曲

    メゾ・ソプラノ:林美智子

  • 「歌劇“リゴレット”から“悪魔め、鬼め”」ヴェルディ作曲

    バリトン:堀内康雄

  • 「歌劇“トロヴァトーレ”から“恋はばら色の翼に乗って”」ヴェルディ作曲

    ソプラノ:木下美穂子

  • 「歌劇“アンドレア・シェニエ”から“ある日、青空をながめて”」ジョルダーノ作曲

    テノール:福井敬

  • 「喜歌劇“こうもり”から“ぶどう酒の燃える流れに”」ヨハン・シュトラウス作曲

    合唱:出演者全員

感想

バレエのついでにオペラ映像を見る機会も増えているので、日本人も名前と顔が一致するソリストの方が増えてきました。新国「こうもり」でヨハンのテノールを歌っていらした樋口達哉さんとか、こちらで勝手に親近感を持っている方もいらっしゃったし(笑)。

今回のテーマは前半が「華麗なる異国趣味」だったそうで、バレエも多く出演シーンがありました。谷さんちはもうすぐ「ラ・バヤデール」公演があるのですが、もしかして衣装は使い回しだったりするのかしら...と思うくらいに、”その手の異国情緒”満載。振付もラ・バヤを思わせるものがありました。「だったん人」の方ではダッタン人の美女を踊った高部さんがよかったです。

後半は生誕150年を迎えたプッチーニで始まるコンサート形式。昨年パヴァロッティが亡くなったという事もあり、今年は「誰も寝てはならぬ」を聴く機会が更に増えそうですね。(今回は第2部ではなく第1部に歌われました)