Wiener Philharmoniker Neujahrskonzert(New Years Concert) 2008

New Year's Concert 2008 / Pretre, Wien Phil.

出演:フェルナンダ・ディニス 他
収録:2008年1月1日 ウィーン楽友協会 / 分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

毎年恒例のVPOニューイヤー・コンサート。今年のバレエゲストはフェルナンダ・ディニスだったみたいなのですが、私は顔が判別できず。あまり特別扱いじゃなかったみたいで、分かりにくかったですよね...。アンコールの「美しく青きドナウ」でのバレエ演出が素晴らしかったです。ダンサーは大変だったろうけど。


商品情報

国内|DVD(ユニバーサルミュージック:UCBD-1075) Release: 2008/02/20
海外|DVD(Decca:0743246) Release: 2008/01/14

FORMAT:NTSC / REGION:0

クレジット

指揮
ジョルジュ・プレートル Georges Pretre
管弦楽
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker

収録

第1部
  • ヨハン・シュトラウス2世 Johann Strauss II:ナポレオン行進曲 作品156
  • ヨーゼフ・シュトラウス Josef Strauss:ワルツ「オーストリアの村つばめ」 作品164
  • ヨーゼフ・シュトラウス:ラクセンブルク・ポルカ 作品60
  • ヨハン・シュトラウス1世 Johann Strauss I:ワルツ「パリ」作品101
  • ヨハン・シュトラウス1世:「ヴェルサイユ・ギャロップ」作品107
  • ヨハン・シュトラウス2世:「天国と地獄のカドリーユ」作品236
  • ヨーゼフ・ヘルメスベルガー:ギャロップ「小さな広告」作品4
第2部
  • ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「インディゴと四十人の盗賊」より「序曲」
  • ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「人生を楽しめ」作品340

    バレエ:フェルナンダ・ディニス Fernanda Diniz / Olga Esina / Maria Yakovleva / Aliya Tanikpaeva / Dagmar Kronberger / Kathrin Czerny / Vladimir Shishov / Kyrill Kourlaev / Gregor Hatala / ウィーン国立歌劇場バレエ, ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ|振付・衣装:ニコラ・ムザン Nicolas Musin

  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・フランセーズ「かわいい曲」
  • ヨハン・シュトラウス2世:「トリッチ・トラッチ・ポルカ」作品214

    バレエ:ウィーン国立歌劇場バレエ, ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ|振付・衣装:ニコラ・ムザン Nicolas Musin

  • ヨーゼフ・ランナー Joseph Lanner:ワルツ「宮廷舞踏会」作品161
  • ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ「とんぼ」作品204
  • ヨハン・シュトラウス2世:「ロシア行進曲」作品426
  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・フランセーズ「パリジェンヌ」作品238

    スペイン乗馬学校/騎馬隊の演技

  • ヨハン・シュトラウス1世:「中国風ギャロップ」作品20
  • ヨハン・シュトラウス2世:「皇帝円舞曲」作品437
  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「インドの舞姫」作品351
アンコール
  • ヨーゼフ・シュトラウス:「スポーツ・ポルカ」作品170
  • ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」作品314

    バレエ:ウィーン楽友協会|Dagmar Kronberger / Wolfgang Grascher|振付:クリスティアン・ティヒ Christian Tichy|衣装:Christof Cremer

  • ヨハン・シュトラウス1世:「ラデツキー行進曲」作品228

感想

今年の指揮者プレートルさんは、ニューイヤーコンサートを指揮する初めてのフランス人で、かつ最高齢、とのこと。それにちなんでフランスにゆかりのある選曲も目につき、またサッカー欧州選手権が2008年ウィーンで開催される事にちなみ、アンコールの1曲目「スポーツ・ポルカ」ではプレートルさんはサッカーボールを持って登場するわ、オケはみんなスポーツタオルを巻いて演奏するわ、しかもイエローカード/レッドカードまで登場!と楽しませてくれました。

バレエ関係では、「人生を楽しめ」にフェルナンダ・ディニスがゲストで登場。振付(とあの衣装も担当したらしい)ニコラ・ムザンのカンパニーで踊っているようで、その関係での登場のようですね。「トリッチ・トラッチ・ポルカ」の衣装と振付にもいろんな意味で驚きましたよ。

最後の「美しく青きドナウ」はウィーン国立歌劇場バレエのKronbergerとGrascherがブルーのドレス&濃紺のタキシード姿で踊っていました。最初見た時に「楽友協会の階段や踊り場で踊るなんて予算がないのかしら?」と心配になったのですが、そうではなく(当然じゃんね)初の試み!で生で、コンサートホールの客席へ登場して踊る、というものでした。最後にはプレートルさんに赤いカーネーションを舞台下から手渡すという素敵な演出。あれはダンサーがプロポーションのいい美男美女じゃないと説得力がないから、人選もよかったと思います(笑)。もっとも、女性の方はウィーン国立歌劇場バレエサイトのプロフィール写真を見ても誰だか判別がつかなくて、検索して探し出したのでした。

そうそう、スペイン乗馬学校での騎馬の演技も、馬のバレエと言ってもいい位に素晴らしかったです。気品もあったしねー。あれは一度生で見てみたいです。そういえば、ラン・ランがビデオメッセージで登場して、北京オリンピックにちなんだ「中国風ギャロップ」を紹介していました。これもちょっと珍しい試みでしょうか。

ということで、演奏も会場も華やかだったし、いい年明けになりました。


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2010.04.10 - Decca URL変更
  • 2009.12.09 - セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
vc vc