Six Ballets by Hans van Manen

Hans Van Manen: Six Choreographies 75th Anniv

振付:ハンス・ファン・マネン
収録:1995 - 1997 / Disc1 63分+イントロダクション12分, Disc2 38分+イントロダクション22分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

ハンス・ファン・マネンの6つの振付作品を収録した2枚組DVD。収録作品は、「Deja vu?」「Solo」「Kammerballett」「The Old Man And Me」(以上ネザーランド・ダンス・シアター)「Frank Bridge Variations」「Two Pieces for HET」(以上オランダ国立バレエ)。


商品情報

海外|DVD(Arthaus Musik:109282)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2016/09/27

[海外盤] Release: 2016/10/14

海外|Blu-ray(Arthaus Musik:109283)

[国内仕様盤] Release: 2016/09/27

[海外盤] Release: 2016/10/14

海外|DVD(Arthaus Musik:101501)

FORMAT:NTSC / REGION:0

[国内仕様盤] Release: 2010/11/24

[海外盤] Release: 2007/10/30

収録

Deja vu? / Nederlands Dans Theater - 2 (2000)

振付:Hans Van Manen
音楽:Arvo Part "Fratres"
美術:Keso Dekker
照明:Joop Caboort
ヴァイオリン:Tasmin Little
ピアノ:Martin Roscoe

Dancers: Rani Luther / Gustavo Ramirez Sansano


Solo / Nederlands Dans Theater - 2 (2000)

振付:Hans Van Manen
音楽:Joahnn Sebastian Bach "Partita No. 1 for solo violin"
衣装:Keso Dekker
照明:Joop Caboort
ヴァイオリン:Sigiswald Kuijken

Dancers: Mario Zambrano / Amos Ben Tal / Miguel Oliviera


Kammerballett / Nederlands Dans Theater - 1 (2001)

振付:Hans Van Manen
音楽:Kara Karayev "24 preludes for piano Nos. 1,2,3 and 5" (piano: Vladimir Yurigin-Klevke) /
Domenico Scarlatti "Sonata in C major K.159 Allegro" "Sonata in B minor K. 87 Andante" (piano: Ivo Pogorelic) /
John Cage "In a landscape" (piano: Stephen Drury)
衣装:Keso Dekker
照明:Joop Caboort

Dancers: Carolina Armenta / Sol Leon / Fiona Lummis / Elke Schepers / Amos Ben Tal / Jean Emile / Paul Lightfoot / Damien Welch


The Old Man And Me / Nederlands Dans Theater - 3 (2000)

振付:Hans Van Manen
音楽:J.J. Cale "The Old Man and Me" (Performed by J.J. CALE) /
Igor Stravinsky "Circus Polka" (Performed by the CBC Symphony Orchestra and Igor Stravinsky) /
Wolfgang Amadeus Mozart "Adagio from the Piano Concerto No. 23 in A major K. 488" (Performed by the Philharmonia Orchestra and Vladimir Ashkenazy)
衣装:Keso Dekker
照明:Joop Caboort

Dancers: Sabine Kupferberg / Gerard Lemaitre


Frank Bridge Variations / Het Nationale Ballet (2007)

振付:Hans Van Manen
振付補佐:Racheel Beaujean
音楽:Benjamin Britten "Variations on a Theme of Frank Bridge"
衣装:Keso Dekker
照明:Bert Dalhuysen
指揮:Ermanno Florio
演奏:Holland Symfonia

Dancers: Igone de Jongh / Alexander Zhembrovskyy / Ji-Young Kim / Cedric Ygnace / Rosi Soto / Juanjo Arques / Charlotte Chapellier / Mathieu Gremillet / Jaione Zabala / Peter Leung


Two Pieces For Het / Het Nationale Ballet (2007)

振付:Hans Van Manen
音楽:Errki-Sven Tuur / Arvo Part "Psalmon"
衣装:Keso Dekker
照明:Jan Hofstra

Dancers: Sofiane Sylve / Alexander Zhembrovskyy

感想

オランダ人振付家でNDTの元芸術監督でもあるハンス・ファン・マネンが祖国の2つのカンパニー、ネザーランド・ダンス・シアターとオランダ国立バレエに振り付けた作品の6つを、2枚組DVDに収めたもの。全て1995年から1997年の2年間に製作されたもので、後年NPS televisionによって収録されています。75歳の誕生日を記念してリリースされた、1枚目がNDT、2枚目がオランダ国立バレエの作品集。それぞれ、作品の前にファン・マネンの作品に関するインタビューがイントロダクションとして収録されています。英語またはオランダ語で話していますが、英語字幕があるので理解の助けになりますね。

ハンス・ファン・マネンの作品として私が真っ先に思い浮かぶのはこの夏ロパートキナが日本で踊った「3つのグノシェンヌ」なのですが、この中の作品も、少ない楽器編成(HET盤はオケ編成ですが、NDT盤はピアノまたはヴァイオリンまたはその両方)、ほぼレオタードというシンプルな衣装、少ないダンサー構成という点で、「3つの...」に通じるものを感じます(たぶん、収録するにもお金がかからないというメリットもありますね・笑)。

今回初めて彼の作品をまとめて見たのですが、私は割と好きかもしれません。インタビューの中で彼自身がバランシンからの影響について語っていますが、その通り、完璧なアブストラクトではなくそこには男女のドラマがあります。作品によってはかなり退屈なものがあったのも確かですが、私のようなクラシック・バレエ至上主義にも入りやすい。身体の使い方がクラシックの延長線上にあり、美しい音楽を選び、そして根底にユーモアを感じるから、かな。斬新とか新鮮などの形容詞がつくタイプではないと思いますが、他の作品も見てみたいと思いました。

NDT3のSabine KupferbergとGerard Lemaitreに振り付けた「The Old Man and Me」は最高です。若いダンサーにはこの味は出せません。「Kammerballett」には当時NDT1に在籍していたダミエン・ウェルチ(現オーストラリア・バレエ)が、「Two Pieces for Het」にはオランダ国立バレエのゲストプリンシパルでNYCBプリンシパルのソフィアン・シルヴが出演しています。シルヴはこういう作品がよく似合いますね。


Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2016.07.28 - Arthaus Musik 再リリースDVD/Blu-ray追加
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2012.08.30 - Arthaus MusikのYTチャンネルよりトレイラーを追加
  • 2011.11.05 - Arthaus Musik URL変更
  • 2010.11.19 - ナクソス・ジャパン取り扱い開始につき、タイトルを「ハンス・ファン・マーネン振付による6つのバレエ」から「ハンス・ファン・マネン 6つの作品集」へ変更
  • 2010.09.23 - ナクソス・ジャパンURL記載
vc