サンクトペテルブルクの天使たち~ドゥジンスカヤからロパートキナへ [DVD]

出演:ナタリヤ・ドゥジンスカヤと生徒たち
収録:1992年 / 67分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

ワガノワ・バレエ学校が誇る伝統を紹介しつつ、名教師ナタリア・ドゥジンスカヤの過去からのクラスレッスンや卒業公演の映像も紹介。メインはドゥジンスカヤに「これまでの私の卒業クラスの中でも特に優秀な学年」と言わしめた1991年の卒業クラスのレッスン/卒業試験/卒業公演の映像。そのクラスに在籍していたロパートキナは、学生時代から目を離せなくなるような存在ですね。


商品情報

国内|DVD(新書館:DD07-0304) Release: 2007/03/15

クレジット

監修
コンスタンチン・セルゲイエフ、ワガノワ・バレエ・アカデミー

収録

  • セルゲイエフ振付「メヌエット」
  • ノイマイヤー振付「バヴロワとチェケッティ」ウリヤーナ・ロパートキナ、ヴァレンティン・アノーシカ
  • セルゲイエフ振付「四季」(1974年卒業公演)
  • 「パリの炎」より マルガリータ・クリーク(1981年卒業公演)
  • 「ドン・キホーテ」より アナスタシア・ドゥニェツ(1988年卒業公演)
《ナタリア・ドゥジンスカヤの映像》
  • 「ラ・バヤデール」より チャプキアーニと
  • 「瀕死の白鳥」より
  • 「白鳥の湖」より「黒鳥」のパ・ド・ドゥ セルゲイエフと
  • ヘラルド振付「我が薔薇の花」より
《1991年卒業公演》
  • 「ラ・バヤデール」より ウリヤーナ・ロパートキナ、ジェフ・アニンク
  • 「瀕死の白鳥」より マリア・ヴァフルショワ
  • 「サタネラ」より ヴィクトリア・イヴァンチェンコ、ルーベン・バボーヴニコフ
  • 「ドン・キホーテ」より ヴィクトリア・シンコーワ、フィトン・ミオッツェ
  • 「海賊」よりパ・ド・トロワ ほか

感想

学生時代のロパートキナが「パヴロワとチェケッティ」を踊る映像が収録されています。彼女はまさにこの作品の初演者ですから、産声をあげたばかりの作品を踊っているということになりますよね。ノイマイヤーは彼女に作品を振り付けられて至福を味わったのではないでしょうか。今のロパートキナから比べれば、そりゃあ学生時代のことですからまだ荒削りに見える部分もありますが、それでも他のダンサーとはレベルが違う話。頬をピンクに染めて踊っている様子はとても可愛らしい。

ダンサーとしてのドゥジンスカヤは脚の強い人という印象ですが、スパニッシュダンスの「我が薔薇の花」とく作品はとても素敵でした。それにしてもワガノワ・バレエ学校の卒業生たち。卒業公演から「パキータ」だの「グラン・パ・クラシック」だの「バヤデルカ」だの踊っている訳で、彼らがガラでこれらの作品を多用するのは自分のバックグラウンドを示すものであるのと同時に、昔からみっちりお稽古して身体にしみ込んでいるからでもあるのでしょうね。

映像はビデオなみの画質/音質ですが、DVD化されて価格がぐーっと下がったのでお勧めしたいです。若いロパートキナの「バヤデルカ」と「パヴロワとチェケッティ」、ぜひ〜。

vc vc

この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え