balletdvdvideo eyecatch

「眠れる森の美女」マリボール歌劇場バレエ(2004)

  • 更新日:

Trnulcica(Sleeping Beauty) / Slovensko Narodno Gledalisce Maribor

noimage

振付:ディンコ・ボグダニッチ
出演:アレンカ・ラウフェル/アントン・ボゴフ
収録:2004年11月19日 マリボール歌劇場 / 136分

録画

クロアチア・バレエの芸術監督ディンコ・ボグダニッチの振付による「眠れる森の美女」。ボグダニッチはハンブルク・バレエに在籍したこともあるそうで、そのせいか王子がジーンズ姿というノイマイヤー版との共通項も。


クレジット

振付
ディンコ・ボグダニッチ Dinko Bogdanic
音楽
P.I. チャイコフスキー
装置
Dinka Jericevic
衣装
Sasa Olenjuk
指揮
アレクセイ・バクラン Aleksej Baklan
演奏
マリボール歌劇場管弦楽団 Orkester Opere in Baleta SNG Maribor

キャスト

オーロラ姫:アレンカ・ラウフェル Alenka Laufer
デジレ王子:アントン・ボゴフ Anton Bogov
リラの精:クラヴィディーヤ・チェリマギッチ Klavdija Cerimagic
カラボス:ヴァレンティーナ・トゥルク Valentina Turcu

感想

序曲が終わるといきなり間奏曲の曲でジーンズ姿の青年=デジレとワンピース姿の女性(オーロラ役のラウフェル)のパ・ド・ドゥ。その後、嵐が来て彼女とはぐれてしまうと今度はリラの精が出て来て青年を導く...というオープニング。その後の序幕/1幕は、ジーンズ姿のデジレはリラの精(と、あるいはカラボス)にしか見えない傍観者なのですが、それ以外の設定はオーソドックスな「眠り」とほとんど変わりありません。1幕が終わるまでは、これは「冒頭に出会ったオーロラの”幻”の生い立ちをリラの精がデジレに追体験させてあげているのだ」と理解していたのですが、その後の2幕でチュチュ姿のオーロラ姫の幻とジーンズ王子のパ・ド・ドゥがあったので、その解釈は的外れだったようです。デジレがキスでオーロラ姫を目覚めさせ2人は結婚することになり、従者が「これを着て下さい」と王子衣装を持ってくる。そして3幕は何事もなく結婚式をあげてめでたしめでたし。ええっ、冒頭の彼女を忘れて結婚するのかっ?と驚いていたら、エピローグでリラの精が序幕と同じ場所のベンチで眠るワンピ姿の彼女のところへとデジレを誘い、2人が再会を喜ぶところで幕。

・・・うーん、意欲作かもしれないけど、かなり消化不足を感じるプロダクションです。プロローグとエピローグをそのような演出にした意味がよくわからない。恋人を嵐で見失うわ、迷い込んだ世界でなすすべない様子も何だか間が抜けてるし(これはボゴフの演技力の問題か)、幻影の場で別の女性に一目惚れして何のためらいもなく結婚しちゃうし、オーロラを救出しに行けばカラボスと手下に捕まるし、こんな男には誰も感情移入できないでしょう?(笑) なまじノイマイヤー版に共通項があるだけに、あちらの完成度の高さを思うと、もう少しなんとかならなかったのか、と。スロヴェニア語がわかれば、演目のページから何か読み取る事も出来たのでしょうけど。

衣装は豪華に見えるものが多く、やはりノイマイヤー版に何となく似てるものも見受けられます。よく見比べれば全然違うのかもしれないし、私が勝手に関連付けてるだけかもしれませんけれど。ただ、3幕の白い猫と長靴を履いた猫だけはもう少しお金をかけてあげないとかわいそうだよ〜。顔を塗って猫の顔を描いたメイクは気の毒で....白い猫ちゃんの蛇のようなしっぽもね。

ここのカラボスは大柄な女性ダンサーがポワントを履いて演じています。リラの精も同じく大柄な女性で、2人は共に黒と紫色を使った(デザインはかなり違うが)衣装を着ているので、エネルギーのベクトルこそ善/悪と違うものの、双子のようなライバルのような関係のようで、それはとても面白いと思いました。

そう大きくない規模のカンパニーをフル稼働して作り上げている舞台としては、人数の少なさを上手く演出に繋げているようには感じました。ただ、ダンサーたちはプティパものを踊るには力量が不足している人が多いかなぁ。そういう部分がとてもよくわかる作品ですよね、「眠り」って。オケもけっこうバラついていたし、チャイコフスキーの音楽への尊敬が感じにくい編曲もちょっと納まりが悪く、その点は残念でした。珍しい映像なので、見られた事自体はとてもよかったと思っていますが、せっかくお金と時間をかけた新プロダクション、細部まで詰められればよかったのになー、もったいないなーと思ってしまいました。

Comments [2]

No.1

今ちょうど観てます。
めずらしいのですが、ちょっと細部が甘くて、ピケで立っていて、パドブレしてるんだか止まろうとしてるんだか分からないくて「止まれ!!」とか、言ってしまったり、男性ダンサーが決めポーズで手をついてしまったり、突っ込みがいがあります。
ちょっと軸がブレて踏みかえたりしてて、もったいないです。
大人になってからバレエを始めた私にとって、とても勉強になる舞台です。
再来月発表会でポワント履くので、バランスの取り方やら、全員で揃えるところや走り方、ポワントの足使いまですべてが勉強になります。
それにしても気になるのはポワントの音。他の公演ではあまり聞かないのになぁ・・・。
やっぱり群舞は難しいですね。
バリボールのダンサーももうちょっと頑張って欲しいです。

No.2

えるさま、コメントありがとうございます。
そうですね、ダンサーの力量は確かにちょっと厳しい感じがしますね。突っ込む気が失せる程でした(^^;)。ご自身の踊りの参考とされるなら、教育がしっかりしたところの映像の方がよいですよー、きっと。

ポワントの音が大きいのは、設置したマイクの位置が悪かったせいもあるかもしれませんね。普通はオケの音をもっとしっかり拾うようにマイクを設置するでしょうから、例えポワントの音が大きい舞台でも、映像にすると目立たなくなると思うんです。

でも、ほとんど見る機会のない東欧のカンパニーの映像を集中放送してくれたのは面白かったですね。

このページの上部へ

このブログについて

Side B-allet》管理人ゆうが所有するバレエ映像のデータをまとめたカタログブログです。目標は月5本更新。

ダビング/販売/譲渡はしていません。


2016年2月にスマートフォン・タブレットでも見やすいデザインに変更しました。過去記事も順次対応させて参りますが、しばらくの間お見苦しいところが多々あると思います。お許し下さい。

表示上の問題点などお気づきの事や、このブログへのご感想・お問い合わせなどはコメント欄または sideballet[at]gmail.com へお知らせ戴けると嬉しいです。宜しくお願いします。
(このメールアドレスへの特定電子メールの送信を拒否いたします)

このサイトへのリンク及びその解除はご自由にどうぞ。

なお、このサイトから情報等を引用される場合には引用元を明記の上、その記事へのリンクをお願いします。

スパム対策でコメント/トラックバックとも現在受付停止中です。

<管理人より短信>2017.04.24

今年に入って初の更新……長く放置してしまい、気に掛けてくださった方には申し訳なく思っています。実は昨年末にちょっと大きな怪我をして、映像をじっくり何度も見返して感想を書く、という作業ができませんでした。だいぶ普通の生活に近いところまで戻ってきましたので、少しずつ再開していきたいと思っています。当分の間 全幕などは感想抜きのままアップしていくと思いますが、いずれ書き足していく所存。時間は掛かると思いますが、見守ってやっていただけると嬉しいです。

サイト内検索

カテゴリ

for Mobile

qrcode

ガラケー用QRコードです。