Giselle / The Tokyo Ballet

noimage

振付:レオニード・ラヴロフスキー、ウラジーミル・ワシーリエフ
主演:アリーナ・コジョカル/マニュエル・ルグリ
収録:2006年8月15日 東京文化会館 / 115分

録画

NHKで放映。前年夏のバレエフェス全幕を撮影したもの。生で見た時、ものすごく感動しました。


クレジット

音楽
アドルフ・アダン Adolphe Adam
原振付
ジャン・コラリ Jean Coralli / ジュール・ペロー Jules Perrot / マリウス・プティパ Marius Petipa
振付
レオニード・ラヴロフスキー Leonid Lavrovsky
改訂振付(パ・ド・ユイット)
ウラジーミル・ワシーリエフ Vladimir Vasiliev
美術・衣裳
ニコラ・ベノワ Nicola Benoit
指揮
アレクサンドル・ソトニコフ Alexander Sotnikov
演奏
東京フィルハーモニー交響楽団

キャスト

ジゼル
アリーナ・コジョカル Alina Cojocaru
アルブレヒト
マニュエル・ルグリ Manuel Legris
ヒラリオン
木村和夫
バチルド姫
浜野香織
公爵
後藤晴雄
ウィルフリード
森田雅順
ジゼルの母
橘静子
ペザントの踊り(パ・ド・ユイット)
小出領子 / 高村順子 / 長谷川智佳子 / 佐伯知香 / 古川和則 / 中島周 / 平野玲 / 大嶋正樹
ミルタ
井脇幸江
ドゥ・ウィリ
小出領子 / 長谷川智佳子

感想

この日の公演は生で見ていました。生で見た公演の感動は、どうしても映像になると数割減ってしまいますね。この撮影ではストーリーが判りやすいように要所要所でダンサーのアップが入るのでドラマティックではありましたが、例えばヒラリオンの木村さんはかなりオーバーアクションに見えてしまったかも。舞台で見るとキャラ立ちが絶妙で大好きなのに、この映像だと普通にストーカー(笑)。それでも、自分の目線がいってなかった部分に「そうか!」と再発見できるのがよいところ。いつも前の方のドラマに集中していてぼんやりとしか見られない東バ村人たちの個々の演技もじっくりと見てしまいました。

コジョカルのジゼルは役作りがとても丁寧で好きです。ドラマの隅々にまで気を配るので目が離せず、その小さなドラマの積み重ねが大きな感動を招く、とでも言いましょうか。結果的に思い切りジゼルに感情移入。背が高くないのも東バとのバランスが取れていてよいんですよね。正直言って彼女の踊り自体は好みではないのですが、彼女が作り出すドラマは何度でも見たいと思えます。

ということで1幕はさすがのルグリさまにもなかなか目がいかず。ルグリのアルブレヒトはプレイボーイ系で、例えばルジマトフやマラーホフのように独自の「アルブレヒトのドラマ」を作り上げる人ではないので、この濃い役作りを見慣れていると比較的あっさりめに見えてしまうのかもしれません。でも、2幕はルグリに目を奪われっぱなしでした。若い頃程踊れてはいないのだろうと思いますが、ルグリの踊りはやっぱり特別。美しかったです〜。

ヒラリオン役の木村さんは前述の通り映像だとかなり濃いめですが、今回の映像でのツボは、狂乱の場で他の人が近づけないジゼルの細い腰をがしぃっと掴み「しっかりしろ!ほらお母さんだよっ」とやるところ。無骨だけど愛に溢れていてよいのだわ。この、コジョカルのドラマにおいての木村ヒラリオンは最初から望みのない恋をしているように見えて、切ない。

井脇ミルタをはじめとする2幕のウィリたちも美しく揃って、ひんやりした空気を醸し出しています。井脇さんも生で見た時の方がずっとよかったですが、男どもに踊りを命じる姿は鳥肌ものに素晴らしい。

でもこの「ジゼル」はコジョカルに尽きるんですよね。最後にアルブレヒトをほのかな悲しさと愛に満ちた表情で抱き上げるところ、そっと野の花を手渡すところ。何度も言いますが、私は彼女がつくりだすジゼルのドラマがとても好きです。