Spartacus / The Australian Ballet

スパルタクス(全3幕) [DVD]

振付:ラースロー・シェレギ
主演:スティーヴン・ヒースコート/リサ・パヴァーン/グレッグ・ホースマン
収録:1990年3月7日 メルボルン・アーツ・センター(The Arts Centre, Melbourne) / 121分

画像リンク先:amazon.co.jp - 直輸入盤DVD

リージョンフリーの海外版(Opus Arte)が発売になりました。キューブリックの映画「スパルタクス」と近い構成になっています。
(2010.10.16追記)日本コロムビアがOpus Arte海外版の輸入販売を始めました。


商品情報

北米|DVD(Kultur Films:D2112)

FORMAT:NTSC / REGION:1

海外|DVD(Opus Arte:OAF4017D)

FORMAT:NTSC / REGION:0

欧州|DVD(Quantum Leap) Release: 2000/11/06

FORMAT:PAL / REGION:0

クレジット

振付・台本・演出
ラースロー・シェレギ Laszlo Seregi
ハワード・ファストの小説にインスパイアされて
音楽
アラム・ハチャトゥリアン Aram Khachaturian
指導
Colin Peasley
装置
Gabor Forray
衣装
Tivadar Mark
照明
ウィリアム・エイカーズ William Akers
指揮
オームズビー・ウィルキンズ Ormsby Wilkins
演奏
State Orchestra Victoria

キャスト

スパルタクス
スティーヴン・ヒースコート Steven Heathcote
フラヴィア(妻)
リサ・パヴァーン Lisa Pavane
クラッスス
グレッグ・ホースマン Greg Horsman

感想

これもOpus Arte版をHMV ONLINE HMV & BOOKS onlineで買いました。

オーストラリア・バレエの「スパルタクス」はハチャトゥリアンの曲を使ってはいますが、振付はラースロー・シェレギ。ハンガリーの振付家のようです。ハワード・ファストの小説にインスパイアされて、と書いてあるところを見ると、キューブリックの映画「スパルタカス」に近い構成なのでしょうか。この映画は未見なのでよくわからないのですが(その後この映画も見ました。映画をベースにした作品と言えそうです)、少なくともグリゴロ版のスパルタクスとはずいぶん趣きが違っています。見ていて血湧き肉踊るのはやっぱりボリショイ版ですよねー。グリグロ版を凌駕するのは難しいでしょうが、2度3度と見るとオーストラリアのスパルタクスもこれはこれでいいかもと思えてきます。

スパルタクス役のヒースコートは顔立ちがしっかりしたタイプなので、黒い長髪とあごひげがあると角度によっては○の惑星に見えてしまうことが〜。反乱軍の中では彼だけが脛当ても付けずに生脚を出しているので、とても美しい踊りと脚のラインを堪能できます。が、やっぱり反乱軍のリーダーならば下半身にもプロテクターは必要ではないだろうか(笑)。

グレッグ・ホースマンのクラッススはいかにもお金持ちのお坊ちゃんで踊りもノーブル。しかし腕とか脚の筋肉がものすごいので屈強さもあって、かなり興味をひく存在でした。フリーギアならぬフラヴィア役のリサ・パヴァーンも大熱演。他に、けっこう早いうちに殺されちゃうけど、剣奴の訓練官役のMark Brinkleyがいい味出してました。こういうバイプレイヤーがいると話が深まるよね。


この映像を含んだ商品

The Beauty Of Ballet Box Set(2014.09.26記載)

海外|DVD-BOX(Opus Arteナクソス ミュージックストア:OAF4030BD)

Official Trailer


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2015.01.05 - 国内代理店変更によるリンク貼り替え
  • 2014.09.26 - 「The Beauty Of Ballet Box Set」情報追加
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2013.07.27 - Opus Arte URL変更
  • 2012.08.10 - Opus ArteのYTチャンネルよりトレイラーを追加
  • 2010.10.16 - 直輸入盤情報初出
  • 2010.10.05 - コロムビア ミュージックエンタテインメント→日本コロムビアへ変更
  • 2010.08.30 - コロムビア ミュージックエンタテインメントURL追加
  • 2010.05.25 - Opus Arte URL変更
  • 2010.02.08 - Kultur URL変更
  • 2008.04.25 - Kultur 北米盤(2008.6.24発売)の情報記載
vc